よつぎドールさんの映画レビュー・感想・評価

よつぎドール

よつぎドール

七つまでは神のうち(2011年製作の映画)

3.0

待ってました!
我らが飛鳥凛!(えっ?)

飛鳥凛さん=園咲若菜姫(仮面ライダーW)
のイメージがありすぎて。
なんかテンションが上がります。

どうでもいい話で文字数を稼いでしまった💦

総評から。
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.0

一言で表せば「温故知新」ですかね。

うん、1960年代に発生していたウルトラマンに関連する事件について、リアリティーを追求するならば、あのようになりますよね🤔

それはわかります。

先に良い面を。
>>続きを読む

劇場版 東京伝説 恐怖の人間地獄(2014年製作の映画)

1.0

やって参りました。
劇場版 東京伝説 恐怖の人間地獄👏
※東京は一切関係ありません。

YSKさんがおすすめ下さった
劇場で見たら後悔間違いなしムービー!

製作陣は生まれ変わったら、
蛆虫になってし
>>続きを読む

完全なる飼育(1999年製作の映画)

3.4

レビューをする前に…。
大前提が必要ですね💦

監禁をして、いつしか相手に気持ちを向けさせるというのは…。
まさに、ストックホルム症候群。
美化することに対しては、称賛したりすることができないというこ
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.1

実行犯、描く人、読者、結局は皆が殺人を楽しんでいるのではないか?

刺激が欲しくてその製作物を享受する側ですらも、実はそんな悲惨な物語を楽しんでいるのではないか?

そんな問題提起があるように思いまし
>>続きを読む

劇場版 東京伝説 歪んだ異形都市(2014年製作の映画)

1.0

基本的に出てくる主人公サイドが
そもそもイカれているドラマです。
なんらか、欠陥がありすぎます。

さらには、内容皆無!
大絶賛しちゃいますよ、はあ。

トリハダあたりの人の怖さをねえ。
もう少し、参
>>続きを読む

ホラーハウス Vol.2(2021年製作の映画)

1.0

パラレルワールドやら色々盛り込んで!
良く頑張って作ったドラマ!!

時間が超無限にある方が期待を一切せず、お菓子を食べながら、スマホ片手に友達とLINEでもしながら、ゆとりのある状態で見たら、温かい
>>続きを読む

N号棟(2021年製作の映画)

1.9

タナトフォビアっていうんですね。
今まで知らなかった、この言葉。

先に良いこと書きましょうかね。
頑張って考察しちゃいます。

1.主人公の人間性について
なかなか賛否のわかれるところのようですね、
>>続きを読む

リカ ~自称28歳の純愛モンスター~(2021年製作の映画)

1.0

純愛鳥人リカ
ならば、☆1.2かな…🤔

いや、ドラマシリーズを見てきた立場からすると、積み上げてきた全てをぶち壊す映画として、ひたすら残念な気分にしかならなかったですね…。

酷評はあまりしたくない
>>続きを読む

きさらぎ駅(2022年製作の映画)

3.7

怖いねぇ笑 人間って🤣
心霊、幽霊なんかよりよほど怖い。

これの秀逸な点は2つ。

①最初の体験は、語り手目線で進む事
つまり、「証言に基づくー」とか、そんな話なので、信憑性を見る側も疑っていいんで
>>続きを読む

映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!(2022年製作の映画)

3.8

キーワードはお子様ランチ

未来を担う子ども達に対して優しく、力強い、メッセージを伝えていました。

本当にメッセージ性の強い、素晴らしい作品でした。

このメッセージを1人でも受け取ってほしいと切に
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ(2003年製作の映画)

1.0

フェイクドキュメンタリーとするなら
ご先祖様、亡くなられたお祖母様の写真で遊ぶのは感心しないな…

おばあちゃんかわいそう😢
すごく失礼だと思う😢

さて、
これはあまりにひどい💧

夜見たら確実に寝
>>続きを読む

子宮に沈める(2013年製作の映画)

2.5

私には子供がいないから、苦労している人たちからすると、何も知らないくせに!と言われかねないけれども、その視点から感想を書きます。

めちゃくちゃへこんだ😓

私は、この母親も大人たちも全てが許せない。
>>続きを読む

かしこい狗は、吠えずに笑う(2013年製作の映画)

3.8

低予算で製作したとは思えない名作👍
ネット上ではあらゆる解釈論が😲

自分を守る嘘はあんたの武器でしょ。
あたしを守るのはあたしだけ。

これについては、台詞と、
映画タイトルによって、
かなり真実に
>>続きを読む

紀子の食卓(2005年製作の映画)

3.0

こちらも改めてレビュー用にもう一度見直しました。

前回の続編という観点では、

???
何このサイコ映画?

みたいな話になりかねないんだろうな、
と思いつつ。

私は好きです。
はっとさせられるよ
>>続きを読む

自殺サークル(2002年製作の映画)

2.0

以前にも見てるのですが、改めて。

一言で言うと

いっせーのいっせーのいっせーのせ!

そんな映画…違うか(笑)

なんだかつかみどころのない話ではあります。続編でいろいろ回収してくれているので😅
>>続きを読む

牛首村(2022年製作の映画)

2.3

映画館で見たかったんですがね😅
久々に記載しますかね〜。

その前に前提を。

犬鳴村→ホラーとしてはただの騒がしい駄作。人間の罪深さ、業を感じさせる内面を抉った作品としては良作。

樹海村→ただのう
>>続きを読む

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

3.9

野球選手縛り好きですね。

ギャグアニメを最大限に活かしたその上で心残りというテーマをうまく表現した良作だと感じました。

誰の心残りだったのか
果たして六つ子の心残りだったのか?
はたまた…。

>>続きを読む

ゴメンナサイ(2011年製作の映画)

3.0

久々に書くレビュー。

ゴメンナサイ

な内容。

いや、期待値が1.0-1.5くらいだったから
ごめんなさい🙇‍♂️

なかなかよかった。
某シライさんを彷彿な、息苦しくなれる映画ですね。

しかし
>>続きを読む

放送禁止 劇場版 〜密着68日 復讐執行人(2008年製作の映画)

2.5

まあ、シリーズのイメージで楽しみにしてしまうけれど…。

説明が多すぎて、シリーズを見てきた人ほど消化不良になるのではないかと思う。

細かいところの出来は悪くないけれども
これだけ、気付け気付けとく
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

4.0

Oh my god!!
なんという展開、続きが気になるやないかい!

医者のおっさんと、若めの奴が汚い風呂場に閉じ込められて、ミッションコンプリートしないと死ぬよ、ってお話。

犯人は、「ジグソウ」。
>>続きを読む

デスブログ 劇場版(2014年製作の映画)

1.1

[保護者の方へ]本作の主人公は、過度の酩酊状態、過呼吸など、神経毒による脳への障害の可能性があります。早急に医療機関を受診させてください。

………
うん、何を見せられたのだろう🤔
これはファンも辛い
>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

3.5

すごく良い出来でした!
エンディングまで怖い感じで。

で、わかりました。
自分がなぜ、今まで洋画ホラーを見なかったのか。

外国人の顔がみんな同じに見えてしまい、なかなか判別をつけるのが難しいから!
>>続きを読む

続・終物語(2018年製作の映画)

4.5

阿良々木暦、ついに高校卒業!
大学に入る前の何者でもない、肩書きのない暦が、引き起こした事件です。

実は今までの補完になる本作!
しかし一見は、はちゃめちゃに見える事でしょう。

実際、無茶苦茶です
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.8

ゾンビ映画ってクオリティ高いのね😅

SIRENはストーリーでなかなか面白いと思っていたけど、ゾンビレベルがちょっと残念だった。

ゾンビレベルはこちらの方が高いかも。

まあ色々あり、色々ヘタレで、
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

4.0

終わりゆく様かぁ…

消えゆくもの、なくなるもの。
湖に山々の風景。
そこに在るすべて。
コントラスト。

非常に叙情的な作品だと感じます。

人もいつかは死ぬ。
形あるものはいつか消えてなくなる。
>>続きを読む

コープスパーティー Book of Shadows(2016年製作の映画)

1.4

妹ちゃんは今回もアホだった😓

本作品ですか?
タイムスリップして、1の世界に戻る
B級スプラッターホラーです。
ストーリーは1でほぼ完結。
よって冗長は当たり前かな。

一応続編なんで1作目を見る方
>>続きを読む

コープスパーティー(2015年製作の映画)

2.1

さちこ…😓

色々人間模様もあり、諸々大変だったようで。

とりあえず妹よ。
トイレにこんな時に行きたがるなんてそれは…フラグ立つぞ。

グロについてはよく頑張りましたな。
スタッフさん。

グロ要素
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME(2020年製作の映画)

4.4

監督、プロデューサーによる
トークショーも行きました😁
改めてTTFCで鑑賞✌️

これ、深くて好きな作品の一つです😭

まず、砂川修哉くんがかっこいい!
監督曰く、修哉に対するご褒美の見せ場だそうで
>>続きを読む

LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て(2018年製作の映画)

4.0

最後まできちんと見ましょう😏

色々ありすぎ!
はちゃめちゃストーリーで面白いです。
これはネタバレしちゃダメなやつです。
入れ替わり立ち替わりで展開がどんどん変わります。

どちらかと言うと舞台みた
>>続きを読む

メリーさんの電話(2011年製作の映画)

1.0

遭難したら元来た道を戻ろう。
焦るな慌てるな。以上。

えっとですね。
ホラー映画というより、ただの驚かし映画です。

演者については、何度か現実に引き戻される棒読みとか…
まあ若いし、仕方ないんでし
>>続きを読む

スリー・キラーズ(2016年製作の映画)

1.1

チー…😓

なにこれ。。。
コメディにすらなってない。
普段ならなんだかんだ言葉が出てくるのに何を書いたらいいかすらわからない。

文字通り、絶句。
一言、で?

ヤンさんが仰る通り、伝説にすらなれな
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.5

…ケルナグール😓
※ゲームタイトルではありません。

あれは見ているこちらがしんどくなる描写だなあ…。

相変わらず闇深い作品、なんですが、同じ闇でもこの闇には共感出来ないんよなあと感じつつ。

自身
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.0

面白かった!
素直にそう言います笑

音楽を巧みに使う。これはいい感じ。
色々宿泊者とホテルマンのやりとりを描きつつ…。

皆、仮面を被った状態でお客様として、来館して、ホテルマンはそれには触れずに自
>>続きを読む

突入せよ!「あさま山荘」事件(2002年製作の映画)

3.0

まあ、こんなもんなんだろうね😓
グダグダ。。

警察内部の抗争をコメディに、確かにそうだね…
警察って本当に終わってんなあ、と感じる映画でしかないから😓

まあ、どんな組織でも肩書きとメンツは好きだか
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

3.7

あんな宮澤りえさんのヒモになりたい!

っていう映画!
ではありません😂

まあ、ある意味、救いようない話です。
見る側は宮澤りえさんの視点で見ますよね。

バレるんじゃないかー。
ってみると思います
>>続きを読む

>|