ugさんの映画レビュー・感想・評価

ug

ug

映画(28)
ドラマ(0)
  • 28Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.8

見せ方がよかった、みんな止まる演出とか
コメディチックな部分は面白かった

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.0

自己投影して見てしまった
暗い水の底に逆戻りや、それもまた良しや
好きな人と一番怖いものを見に行く
いい

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.6

身勝手な美人、でも好きになったらあんくらい振り回されるのかもなぁ
スパイクがいい、そしてラストシーンに至る流れは友達たちの流れとてもいい

グッモーエビアン!(2012年製作の映画)

3.1

曲はちょっとよかった
ストーリーとかはかなりめちゃくちゃ

丹下左膳餘話 百萬兩の壺(1935年製作の映画)

4.0

普通に面白かったのでびっくり、名作なのね
諒と見た思い出

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.3

レディガガの雰囲気はよかったけど曲がなぁ、たいして面白くなかった

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.3

まあまあ
救出のシーンは手に汗握る、リアリティを求めた部分とファンタジーな部分両方

キャロル(2015年製作の映画)

3.2

ルーニーマーラが美しかった、俺には難しかった、映像はきれいだった

南極料理人(2009年製作の映画)

3.5

なにもおこらない良さを感じる場合とない場合がある。これは後者に近い

ガチ☆ボーイ(2007年製作の映画)

3.5

めちゃくちゃな部分多いけど最後のプロレスシーンはよかった

アカルイミライ(2002年製作の映画)

3.9

ふわふわと漂うユージがよかった
結局社会には馴染めずそれでも進む姿がクラゲとかぶる
行けのサインのまま首を吊る浅野忠信がいい

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.6

湯を沸かすほどの熱い愛 6.5
前半母親めちゃくちゃでそれを正当化してるの気味が悪い感じはあるが、それまでの関係性の存在を考えると物語のなかの彼らは悪くない脚本家演出家監督が悪い後半はいいオダギリジョ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

三度目の殺人
そこそこ面白かった
主人公と容疑者が同一化していく様は恐ろしかったし、器でしかない(人の役に立ちたい、裁きたいというような気持ちだけがある)人間の恐ろしさも感じた、ミステリーよりホラーサ
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

4.5


横道世之介
もっと世之介がとぼけた天然なやつでみんなを振り回す話、そしてその死後みんなが影響されている、っていう話かと思ったらいい意味で裏切られた。高良健吾演じる世之介は普通で、でもあったかくて、い
>>続きを読む