えッティさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • えッティさんの鑑賞したドラマ
えッティ

えッティ

踊り場にて(2021年製作のドラマ)

3.8


サロガシーには劣るものの、60分間を丁寧に作り上げるという才能。

0

未来への10カウント(2022年製作のドラマ)

3.4


後半にいくにつれてボクシングが物語のお荷物になっていて、気持ち程度に練習シーンや試合シーンを入れている感プンプン。

山田杏奈が出てなかったら見始めなかったし、山田杏奈が出てなかったら見続けなかった
>>続きを読む

0

MIU404(2020年製作のドラマ)

3.3


そんなにハマれず。
毎話毎話、なんか微妙。
逃げ恥が面白かっただけで、僕はそこまで野木亜紀子が好きではないのかもしれない。

第3話は割と好き。何故かって?
あの子が可愛いからさ。

0

セトウツミ~オリジナルドラマ~(2017年製作のドラマ)

4.1


第1話の会話リズムの噛み合ってなさが異常で、脚本のページが背景に見え見え。かと思えば、話数を重ねるごとに2人が本物のセトとウツミになっていくさまが見れる。まさに、ハヤマタカスギの成長記。
そう考える
>>続きを読む

0

荒ぶる季節の男どもよ。(2020年製作のドラマ)

3.4

典元泉編の方が良かった。
なぜかって? 山田杏奈が可愛かったからさ。

0

咲-Saki-(2016年製作のドラマ)

2.5


僕の1番好きな役は大三元です。理由は唯一あがったことのある役満だからです。なぜかは分かりませんが財布が潤いました。

0

新米姉妹のふたりごはん(2019年製作のドラマ)

4.9


困難や敵なんて必要ない。
山田杏奈の、料理を堪能している幸せそうな表情さえあれば。

幸福に満ちた暖かいドラマでした。
最終話、涙がポロリです。

0

荒ぶる季節の乙女どもよ。(2020年製作のドラマ)

4.1


ひらいてを観て以降、山田杏奈に首ったけな今日この頃です。

オープニングのダンスだけで100点上げたくなっちゃったところをグッと抑えて。

電車が通り去る瞬間を挿入の比喩として用いるなんて天才すぎる
>>続きを読む

0

GOLD(2010年製作のドラマ)

4.3


全編を通して偏った教育論、価値観、倫理観を押し付けてくるけど、そこまで説教臭い訳ではなく。なんなら反面教師にでもすれば?ってぐらい突き抜けていてくれたから、しがらみなく物語の方を楽しめた。


いや
>>続きを読む

0

高校入試(2012年製作のドラマ)

4.6


物語へののめり込ませ方。
テレビドラマということを抜群に活かしている。

めちゃくちゃ面白かった。

0

プロポーズ大作戦(2007年製作のドラマ)

5.0


コンフィデンスマンJPを一気見したことで生じた、空前の長澤まさみブーム。
なんでも良いから長澤まさみが見たい。そんな安易な考えで実行に移したプロポーズ大作戦一気見大作戦(仕事終わり睡眠時間を削り2日
>>続きを読む

0

コンフィデンスマンMC(2020年製作のドラマ)

4.0


目に見えるものが真実とは限らない。
何が本当で、何が嘘か。
コンフィデンスマンの世界へようこそ。

0

桜坂近辺物語(2016年製作のドラマ)

4.8


渋滞にハマった車内。
何か起こるに決まってる。

0

コンフィデンスマンJP(2018年製作のドラマ)

4.6


1話1話の満足感が凄まじい。

第1話、撮影に3カ月間かけてるらしいです。

0

イカゲーム(2021年製作のドラマ)

4.1


デスゲーム系の物語は、楽しさを感じるためだけのアトラクションだと思ってたけど、
韓国が手を加えりゃ、感情揺さぶりまくりの人間ドラマに大変身しちゃうんだもの。
こちとら、バンザイするしかないよ。

0

ROOKIES(2008年製作のドラマ)

4.5


若菜が、森田まさのりの絵をそのまま実写にしたような完成度。
見た目はもちろん、表情までも完璧。

0

ドラゴン桜(2021年製作のドラマ)

3.9



髙橋海人
平手友梨奈
南沙良
志田彩良

始まる前、僕のためのキャスティングかと思った。
始まった後、僕のためのキャスティングだったと確信した。


サイドストーリーがメインに躍り出ており、メイン
>>続きを読む

0

大豆田とわ子と三人の元夫(2021年製作のドラマ)

3.9



坂元裕二のオナニー度合いが爆発しすぎてて所々鼻についていたが、
おもろいところはちゃんとおもろいってのもまた鼻についた。


ドラマが始まった時の今週こんなことがあったってダイジェストやるやつ、ま
>>続きを読む

0

コントが始まる(2021年製作のドラマ)

4.4


第1話が完璧だった。
あれを超える第1話は今後現れないと思う。

0

ネメシス(2021年製作のドラマ)

2.9


視聴者のことを低脳だと思っているようにしか取れない演出、脚本。
ゲノムとかの勉強に力かける前に、物語の面白さに本腰入れた方が良いのでは?



ジャックアンドベティに櫻井翔と広瀬すずがいたのだけは感
>>続きを読む

0

スイッチ(2020年製作のドラマ)

4.0


設定がおもろい。
セリフがおもろい。


でも、なんだろう。この違和感。
なんかうざったい、、。
なんだろう。
いつもどおりオモロイ坂元裕二脚本なのに、
いつもとは違うウザさが滲み出ている。
なんだ
>>続きを読む

0

Nのために(2014年製作のドラマ)

4.8

このレビューはネタバレを含みます


嘘。罪の共有。愛。
人は、人のために何かをする。その原動力として愛を使う。皮肉にも、達成の先にあるものも愛なのだ。

最後に希美が安藤を選ばなかったことこそ究極の愛であり、人を頼ることにした希美の、
>>続きを読む

0

テセウスの船(2020年製作のドラマ)

2.8

このレビューはネタバレを含みます



1話を見始めた10時間前の僕へ。
クソしょーもねぇドラマだ。
今すぐ辞めろ。



竹内涼真も、鈴木亮平も、ずーっと犯人の手のひらで踊らされてるだけ。
踊らされてはへこんで、悩んで、でも、ながーー
>>続きを読む

0

わにとかげきす(2017年製作のドラマ)

4.7


史上最強に本田翼が可愛かった。

話を重ねるごとに、有田哲平が富岡になっていく様が見れた。

0

サロガシー(2021年製作のドラマ)

4.0


お手本のような構成。
これをちゃんと書きあげられる丁寧さが羨ましい。


最近、とりあえず堀田真由がいりゃなんとかなると思っている。
すでに母性溢れ出すあの包容力はなんなんだろう。

0

このサイテーな世界の終わり シーズン2(2018年製作のドラマ)

5.0


シーズン1を見事に踏み台にし、超絶最高傑作に。


登場人物が可愛くて仕方がない。

0

このサイテーな世界の終わり シーズン1(2017年製作のドラマ)

4.4


罪を犯した2人の、サイテーな世界からの逃避行。
逃げるために罪を犯し、その罪が足枷になっていく。


最初はブラックコメディとして受け取っていたが、事が大きくなるにつれ八方塞がりになり、行き場を失っ
>>続きを読む

0

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(2021年製作のドラマ)

4.5


なんだろう。
面白かったし、レギュラーの時みたくホッコリはしたんだけど、
脚本家の思想なのか、原作者の思想なのか、要所要所で製作陣の脳が浮き彫りになってて少し嫌だった。




ガッキーと結婚できる
>>続きを読む

0
>|