しんさんの映画レビュー・感想・評価

しん

しん

2016年以降の劇場観賞のみの記録
2017年劇場観賞241本
2016年劇場観賞120本
コメはご自由に
映画の感想、想い、感じ方は人それぞれ
いろんな人がいて、それぞれ違う考えや見方、意見があっていい。
レビューは小学生の感想文並みww でもネタバレしないよう抽象的にしてます。

映画(497)
ドラマ(0)

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.7

2018141
ウディ・アレン作品

「観覧車から見る景色は美しい、決してその景色の場所にはたどり着けない。ぐるぐる回っているだけで綺麗な景色が見れたかと思うとまた現実に引き戻される」というような内容
>>続きを読む

少女ピカレスク(2018年製作の映画)

3.6

2018140
初日舞台挨拶付
井口テイストがいっぱい詰まった作品
井口昇監督を知らない人が見たらただのB級ホラーサスペンスになっちゃうのかな

ガチ星(2018年製作の映画)

3.8

2018139
ダメ男のダメな人生で起死回生は図れるのか?
という内容をリアルに綴った物語

こういう人本当にいそう。

アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル(2018年製作の映画)

3.5

2018138
初日舞台挨拶付

本編は凄く良かったです
いろいろと制約があっての事なのか、監督自身の意思として付属部分も含めての作品なのか分かりませんが本編以外は残念でした。
DVDの特典映像だった
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.5

2018137
苦手な災害パニック物かと思いきや、森林消防隊の熱い想いがみなぎる良作でした。

スパイナル・タップ(1984年製作の映画)

3.7

2018136
架空のロックバンドを追うドキュメンタリー映画風に作ったフィクション映画
設定を知らなかったら本物だと思うくらい

大いに笑える
けど音楽は手抜いてなくて良い

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.7

2018135
前作からですがもう迷路関係ないやん
1作目はミステリー要素が強かったけど作品が進むにつれエンターテイメント要素が強くなってる。それはそれで楽しい。けど前作からブレンダの髪が一気に伸びて
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.6

2018134
重要な場面の内容とか忘れちゃったけど、戦争で一緒だったおじさんたちのロードムービー。なかなか良かったです

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.7

2018133
いい意味で男くさい映画
登場人物多いし、もっと膨らませられるのに映画の時間で纏めちゃうのがもったいない。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

2018132
嫌な気分になる事が少なくて、清々しく感動できた

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.7

2018131
予習なしで見に行ったら、タイトルから想像してたものと180度違ってた笑

おバカな自分には登場人物が誰だか分からなかったりもしたけど、スリリングな展開でかなり楽しめた

それから(2017年製作の映画)

3.3

2018130
クズな男がイラつく
モノクロ映画で字幕が白い部分に映されるもんだから、目が悪い自分には読みきれないセリフも多かった

かなりの評判ですが、文学的なにおいのする映画は苦手
キム・ミニが見
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

3.7

2018129
笑えて泣ける。
榮倉奈々さんの死んだふり最高。ヤスケンさんアドリブ頑張ってましたね。

ベストオブ死んだふりは落武者

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

3.3

2018128
アメリカの人種差別問題を取り上げたドキュメンタリー映画

自分がこの問題についてあまりにも知らなすぎたというのがこの映画を見て1番分かったこと。
それ故に幾度となく置いてきぼりにされて
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.7

2018126
情緒溢れる素敵な映画
絵画的な描写で画面に見いってしまった

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.9

2018125
光州事件時の実際にあったお話をベースに作り上げた映画

罪もなく、また恨みの対象でもない人に対して、あそこまで暴力的になれるのがショックです

クソだった主人公の心が動く場面は感涙もの

あさがおと加瀬さん。(2017年製作の映画)

3.6

2018124
初日舞台挨拶付
緑化委員で内気な山田と陸上部員で人気者の加瀬さんのピュアなGLストーリー

真っ直ぐな気持ちで見るとすごく新鮮な気持ちになれる作品
現実世界のどこかにありそうで日常的(
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.5

2018123
興味深い内容
けど、いろんな意味でぼやけてた感じがする
(良い面でも悪い面でも)

佐野勇斗さんは今年キテますね

HURRY GO ROUND(2018年製作の映画)

3.7

2018122
hideが亡くなって20年。彼の死や半生に迫ったドキュメンタリー作品
スクリーンで観れて、大音量で聴ける貴重な作品

昔の曲とは思えないほどカッコいい、今の時代でもいける

この映画の
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

2018121
IMAX
安定の面白さ
忽那汐里さん頑張ってたな

こういう映画は日本だと銀魂くらいかな、、

キスできる餃子(2017年製作の映画)

3.4

2018120
完成披露上映会
舞台挨拶とチャラン・ポ・ランタンのミニライブ付

栃木愛と餃子愛に満ちた映画
足立梨花さんの演技は熱く入りすぎるような気もするけど、逆にそれもいいとこかな
餃子はあまり
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.7

2018119
二日目舞台挨拶付
オリジナルは見てません
内容はけっこうなアメリカンで笑えた

馬の骨(2018年製作の映画)

3.4

2018118
初日舞台挨拶付
落ちぶれた元バンドマンとアイドル上がりでミュージシャンを目指す女性との友情とそれぞれの再生の物語

小島さんのギターいいね

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

2018117
家族、友情、進学など多くの悩みを抱える時期の女性の心情を表した青春映画

プロムからの展開がすごく良かった

歌詞はないけど存在感のある音楽で、ある場面では出演者よりも主張してきてたw
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.6

2018116
感動した!
話はまぁあれなんだけど笑 レースシーンとか迫力あったし、エンジン音も心地よかった
ナレーションはイラついたかな

今作ではじめて東出昌大さんをいけてると思えた笑

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

2018115
先行上映にて観賞

万引きも極貧もボロ家も見たことも経験したこともないからリアリティーがあるのか分からない。けど多くの人がリアリティーあるとレビューしているのだからそうなのだろう。
>>続きを読む

みつこと宇宙こぶ(2017年製作の映画)

3.3

2018114-3
竹内里紗監督一挙上映
上映前舞台挨拶、上映後トークショー付

東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻
第11期修了制作作品
第11回田辺・弁慶映画祭 女優賞

ふしぎな映画。もやもや
>>続きを読む

FOLLOW(2016年製作の映画)

-

2018114-2
竹内里紗監督一挙上映
上映前舞台挨拶、上映後トークショー付

東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻
第11期春期短編実習作品
商業映画ではなく実習作品なのでスコアは付けない

スク
>>続きを読む

感光以前(2015年製作の映画)

-

2018114-1
竹内里紗監督一挙上映
上映前舞台挨拶、上映後トークショー付

東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻
第11期夏期16mm実習作品
商業映画ではなく実習作品なのでスコアは付けない
>>続きを読む

トウキョウ・リビング・デッド・アイドル(2017年製作の映画)

3.2

2018113
完成披露上映会(舞台挨拶付)

意外に殺陣やアクションとかしっかりしてたのにびっくり!コルバタ?決めてたし

主演の浅川梨奈さんはトーク力ありますね。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.5

2018112
字幕版
受け取る側の自分のせいなのだろう、評判良いけどどこがそんなにいいのかさっぱり分からなかった、、
唯一ストップモーションなのに寄ったり引いたりとカメラワークは好きだった

にして
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.5

2018111
瑛太はホント気持ち悪く思えた。はまってた。

あくまでも自分の考えだけど、実際の世の中、事故を起こした人は罪の意識に苛まれて、故意に罪を犯した人はのうのうと生きている。すべてではないけ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

2018110
原作全巻持ち、アニメはちょこちょこ

原作の世界観そのまま。ホント原作に忠実でした。小松菜奈さんも「あきら」そのもので彼女の魅力がたっぷり詰まったさわやかストーリーに仕上がってます。
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.2

2018109
気難しい偏屈オヤジと独占欲の強い女性の常人には理解しがたい恋愛話
この人たちの気持ちが全く理解できなかったけど、そもそも見てる方に理解してもらおうと作ってはいないんだろうな

このよう
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.7

2018108
テロには屈しない的な理由だったらまだ分かるけど、本当にこんなにも非情な守銭奴だったのか?

>|