YukaTakayamaさんの映画レビュー・感想・評価

YukaTakayama

YukaTakayama

偏りのある映画の見方をします

映画(141)
ドラマ(0)

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.0

試写会にて。
いやー洋さん演技うまいなぁ、高畑充希と三浦春馬の演技もリアルで流石としか言いようがない
人はできることよりできないことの方が多い、だから出来ないことは助けて貰えばいい。ステキな言葉。強さ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

プーさん、めちゃいいやん。
「なにもしない」って今の世界では案外一番難しいことだなって思う。何かやってないと充実感がないというか。でもそんなんじゃない、もっと根本的なものに気づけたような気がする。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

あー!やっと観れた!!
ハンソロかっこいいなー男らしい。
ファルコン号が今までで1番かっこよくみえた。いつも最高なんだけどね。
ランドーとの出会いが描かれてたのが個人的に嬉しかった。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

ふつうのラブコメかなぁ、でも大泉洋出てるし見たいなぁ、そんな考えが甘かった。
ふつうのラブコメじゃない。
世間の目を気にしたり、自分の「執着心」と闘ったり、ある意味すごくありふれた恋愛を映画にした感じ
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.6

期待以上でも以下でもなく。
でも沖田監督独特の雰囲気はすごくよかった。みんなから愛されるモリは自由でだけどなにかをずっと恐れている、そんな感じがしてひとつひとつの行動が気になった。

怒り(2016年製作の映画)

3.4

みんな演技うまいな!
ひとりの容疑者によって翻弄される3つの物語。最後もっとひとつになるかと思ったけどそうでもなかった。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

ミュージカルはあんまり観ないというかLaLaLandが自分の中でヒットせず、避けてる部分があったが思い切って鑑賞。
いや、めちゃええやん。
家族もの、頑張る姿に弱いこともあって号泣してしまった。誰かの
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.7

これまたやっと観れた名作!
思ったよりもコメディだった!
想像力豊かすぎてどこまで現実なのかわからない感じも楽しくなった。
小細工を重ねて、最後人の力を借りて自分の殻を破る姿が成長というか、人と関わっ
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.2

名作と言われる理由が分かる。
この映画の中でさまざまな感情が湧き出て来た。なのに希望は忘れちゃいけない、そんな薄っぺらい感想しか出てこない。
最後のシーンは全てを正義に変えてしまう、全力で生きる様がと
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

好み!タイプ!
音楽も映像も愛も全てが美しかった。
あんな生活送ってみたい。
男の人のショートパンツ堪らんね

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

戦争の話は苦手なんだけど、すずちゃんのほのぼのした性格のおかげで最後までみれた。でもそんな彼女がどんどんメンタルやられていく様はリアルそのものなんだと思ったし逆にしんどくなった。
まぁ平たく言うと号泣
>>続きを読む

ホノカアボーイ(2008年製作の映画)

4.0

心が浄化されました。
ゆっくり時が流れて、ホワホワしてると思いきやビーさんの思いやレオの恋、死に直面する場面もあって人間臭い映画だった。
「この街で死んだ人は皆風になる」
いい台詞。
丁寧に丁寧につく
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.2

美しい映画。
ナタリーとリリーがすごく綺麗だった。
内容は最後あれ?どゆこと?ってなったけど最後は自分たち次第ってことなのか

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.4

アトラクションはたくさん載ってるのに映画は見たことないなぁと思って思い切って鑑賞してみた。
あの有名な音楽だけで心踊るってすごい。わくわくが止まらなかった。
最後のティラノザウルスの足の下を潜り抜ける
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

4.0

おもろいなぁ。さすがクドカン!
向井さんの音楽提供もさすがのクオリティだった!!
とぅーやんぐとぅううだーーーーい

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.5

SMAPファンは必見。
メッッチャ面白いわけではないけど、素直に見てよかったなと思える映画。
やっぱ歌って踊る姿はかっこいいなぁ。
いろんな場面でSMAPを彷彿させる場面が多く、切ない気持ちになった。
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.6

時代が交錯して、最後に一気に真実が明らかになっていく様が面白かったし、目が離せなかった。
最初理解能力が乏しいせいでどゆこと?ってなったのは秘密

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.3

終始涙が止まらなかった。
それぞれの人間関係が交差して、誰もが悩みを持って、それに立ち向かう勇気を、理由を探しているんだなあと素直に思った。
次々に起こる出来事が予想だにしていないことばかりでいい意味
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.5

最後までようわからんかった。出演者全体の演技が好みじゃなくてずっともやもやしていた。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

EP4に繋がるまでにここまでの壮大なストーリーがあることにも感動した。そしてさらに名もない人たちがフォースのために闘った上でのジェダイたちの活躍がある、、、そんなのかっこよすぎないか!!!

ホーム・アゲイン(2017年製作の映画)

3.5

飛行機の中で。
良くも悪くもなーんにも考えずになんとなく見るくらいが丁度いい映画。
ピコアレクサンダー可愛いな、そんな事を思ってたら映画が終わってた。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.1

飛行機の中で。
一つ一つが文学的で、小説から映画化されることのメリットを初めて感じた。それくらい言葉が美しい。
クライマックスは言うまでもなく号泣。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.1

なにより涙が止まらなかったしこれがノンフィクションなのだと思うと、こんな形で生き別れになってしまう家族がまだこの世に存在している事実がとてもショックだった。
人生の中でこの映画は必ず見るべきだと思う。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

すごい期待と共に映画館に足を運んだが、その期待を裏切られることなく素晴らしかった。緊迫したシーンがいくつかあったがどのシーンも間延びすることなく最後まで駆け抜け、まさしく「フォースと共にあれ」といった>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.8

7は微妙、と言われつつ見たけど、自分の中では4〜6の世界観に近く、レイラやハン・ソロなど懐かしいメンバーも出てきたことによってワクワク感も倍増だった。
この高揚感のまま8も観たい!
とりあえずBB-8
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.0

悲しさでいっぱいだった。愛する人を守るために闇へ足を踏み入れたことによる残酷な結果があの強さを生み出したのかと思うとどうしようもない思いに駆られる。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.6

アナキンがめちゃくちゃかわいい。
スターウォーズの始まり。
まだ始まっていないはずの冒険をエピローグを初めに読んでしまった、そんな思いと期待を抱きながら観る映画がどこにあるだろう?

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

4に引き続き。
Darth VaderがLukeのお父さん!?知っていたような知らなかったような事実!(友達に教えられていた気もする)
普段SFを見ないためすごく体力が必要だな。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.5

今更ながらスターウォーズ鑑賞。
ここまでの長大作を見るのは初めてなので最後まで持つか心配。
それでも初めてのスターウォーズは衝撃だったし、たしかに次も見たくなる。

The Truth About Lies(原題)(2016年製作の映画)

3.6

嘘に嘘を重ねてどうなることかと思ったけど最後はザ・コメディーという感じの結末である意味清々しかった。
途中少し間延びしてたような気がするけどそれ以外はすごく好き。

>|