YukaTakayamaさんの映画レビュー・感想・評価

YukaTakayama

YukaTakayama

留学中につき邦画封印中

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.1

なにより涙が止まらなかったしこれがノンフィクションなのだと思うと、こんな形で生き別れになってしまう家族がまだこの世に存在している事実がとてもショックだった。
人生の中でこの映画は必ず見るべきだと思う。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

すごい期待と共に映画館に足を運んだが、その期待を裏切られることなく素晴らしかった。緊迫したシーンがいくつかあったがどのシーンも間延びすることなく最後まで駆け抜け、まさしく「フォースと共にあれ」といった>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.8

7は微妙、と言われつつ見たけど、自分の中では4〜6の世界観に近く、レイラやハン・ソロなど懐かしいメンバーも出てきたことによってワクワク感も倍増だった。
この高揚感のまま8も観たい!
とりあえずBB-8
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.0

悲しさでいっぱいだった。愛する人を守るために闇へ足を踏み入れたことによる残酷な結果があの強さを生み出したのかと思うとどうしようもない思いに駆られる。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.6

アナキンがめちゃくちゃかわいい。
スターウォーズの始まり。
まだ始まっていないはずの冒険をエピローグを初めに読んでしまった、そんな思いと期待を抱きながら観る映画がどこにあるだろう?

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

4に引き続き。
Darth VaderがLukeのお父さん!?知っていたような知らなかったような事実!(友達に教えられていた気もする)
普段SFを見ないためすごく体力が必要だな。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.5

今更ながらスターウォーズ鑑賞。
ここまでの長大作を見るのは初めてなので最後まで持つか心配。
それでも初めてのスターウォーズは衝撃だったし、たしかに次も見たくなる。

The Truth About Lies(原題)(2016年製作の映画)

3.6

嘘に嘘を重ねてどうなることかと思ったけど最後はザ・コメディーという感じの結末である意味清々しかった。
途中少し間延びしてたような気がするけどそれ以外はすごく好き。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

1を観ていない私でも話はストーリーは割とすんなり入ってきた。
アクションを全く見ない私にとってキングスマンはかなり過激だったけど、そんなことどうでもなるくらい構成がしっかりしていて、尚且つ興奮した。
>>続きを読む

バンド・エイド(2017年製作の映画)

3.8

音楽で夫婦間のストレスを発散する、なんとも斬新な映画だった。
リアリティが強くて現代の実情をさりげなく取り入れているのもよかった。
結局愛っていいなって思える映画。

サブマリン(2010年製作の映画)

3.3

シェアメイトに勧められて鑑賞。
なんともノスタルジックというか、暗ーい映画だった。主人公の格好悪さは普通の映画みたいになんでも上手くいく結末を嫌っているような仕様だった。
赤いコートにボブヘア、たまん
>>続きを読む

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

3.3

ムーンライズキングダムに引き続き二作品目の鑑賞。

やっぱり色使いが独特のおしゃれさ。
どこか切なくて、だけど最後までしっかり見ちゃうこの感じ、なんなんだろう。本当は大事なのに映画の中だとそうでもない
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.3

いい映画!ほっこりするね。何回もお腹空いたなあっておもった。
息子と父親の男の絆というか、かっこいいな〜って素直に思った!
現代のリアルをしっかり汲み取ってるあたりもすき。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.5

何でみんなこぞってこの映画見るのか不思議に思って観てみたけど(今更)理由が1ミリくらいしか分かんなかった。単に好みじゃなかっただけなのかも。

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.7

もしかしてこれモヤモヤして終わるやつかなーだて思ったりもしたけど結果すっきり終わってくれた。
音楽のセンスがめちゃ良かった。人の死は生きてるうちはリアリティがないし、死んだ後のことなんて専ら考えられな
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.1

いやー、予想以上によかった。涙止まらんもん。
WillとLouiseがお互い笑いあってるところとか含めて、どんどん惹かれていく様子がたまらなかった。
恋って素敵だなぁ。
死とはなにか、どのように人生を
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.7

20 century womanがドツボだったのでこちらも鑑賞。
なにもかもツボだなあ、雰囲気もすごい好きだし人間味のある描写もいい。

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

何故か1度、映画を止めてしまった。
どうしようもなく心が締め付けられたし、ありがちなストーリーなのにも関わらずストーリーにのめり込み、ブルックリンにお願いだから戻って欲しいと思った。「どつせ彼が恋しく
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

なんだこの邦画のような作りは!
なーんにも起きなくて、でもそのブレなさが心地よくて、最後まで観てしまった。
起きる時間でも最後狂うのかなかって思ったりしたけどそれすらもなかった。
すごい繊細な映画だっ
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.2

子供のかわいい駆け落ち。いつでも映像がおしゃれでついつい見入ってしまった!

ウソはホントの恋のはじまり(2013年製作の映画)

2.7

ザ・現代ラブコメディー。
好きな人と共通の部分を持ってそこから関係つくりたいっていう気持ち凄い分かる。この映画の主人公ほどじゃないけど(笑)
好き嫌いどっちとも言えないけどふつうに面白かった。

フォー・ウェディング(1994年製作の映画)

3.0

学校の先生に勧められて観てみた。
結局のところ赤い糸って存在するんだよね!っていう話なのかしら、、
いろんな人がいて、いろんな出会いがあって、それでも自分の信じた人を貫くっていうのは素晴らしいことだし
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

はじまりのうたに続き最高な映画だった!
観終わった後も興奮冷めやまず。音楽センスピカイチだと思う。
主人公のまだ垢抜けない感じもすごいよかった。またバンドやりたいなー!って心から思える。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

それぞれの人間の中にある葛藤がぶつかり合って、それでもまたそれぞれ乗り越えていく。単純なようでどこまでも深く考えることができる映画だった。
後味が好き。邦画好きな人にはもってこいだと思う。なによりおし
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.0

泣けた。最近大切な人を亡くしたこともあって、今を生きるとはどういうことか考えさせられた映画だった。
ただ、話が四方八方に行きすぎだったような気も、、とにかく見て損はないと思う。

邦題みてびっくりした
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.0

ハーレークイーンかっこよかったけど、思ったりよもハマらなかったなあ。
自分に英語力があればもうちょっと面白かったに違いないんだけれど。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

こじらせ具合が心地よい。
なにをやってもうまく行かないのは自分の被害妄想が酷いから、そして妄想のレベルが高すぎるから。大人になった今客観的に見ればわかることにのに17歳の頃はわからなかったなあ。
人が
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.5

ありえない展開だけど、なぜかすんなに受け入れて観れてしまったのはどうしてだろう。
歳をとることは美しいと気づかせてくれる映画って少ない気がする。
みんな一緒に歳を取っていくから人生は成り立つ、こんな当
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

こんなにハッピーエンドを願った映画は初めてかもしれない。
それくらい人間臭くて、切なくて、応援したくなる。
主人公の過去はかなり衝撃的で一気に見方が変わったのが面白かった。
ケイシー・アフレックの演技
>>続きを読む

スリーピング ビューティー 禁断の悦び(2011年製作の映画)

2.5

世界観はすごく好きだけどはっきり言ってなにが言いたいのか分からなかった。
謎が多く残りすぎて「????」状態。
でもきらいじゃない。

エミリー・ブラウニングの体がとても綺麗でヨーロッパの絵画を見てる
>>続きを読む

>|