真奈さんの映画レビュー・感想・評価

真奈

真奈

SF全般/洋ホラー/アサイラム/動物パニック/ジュブナイル/モンスターバース/ゴシック

(苦手…事故、戦争、災害、ノンフィクション、政治)

映画(178)
ドラマ(1)

ゴーストライダー2(2011年製作の映画)

2.0

悪魔と契約したニコラスケイジが今回は契約を解くために戦う。
アメリカから世界へとスケールは大きくなり、CGやディテールも格段に質が上がっている、アクションもド派手に。ただそのおかげで前作の「ダサかっこ
>>続きを読む

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)(2010年製作の映画)

3.4

微生物研究所がテロ組織「赤いシャムネコ」に襲撃され、飛沫感染する殺人バクテリアを奪われてしまい大事件になる。
同時期に園子の父が怪盗キッドに、大阪行の飛行船に収められた宝石を盗んでみろという挑戦状を出
>>続きを読む

モーグリ: ジャングルの伝説(2018年製作の映画)

3.0

ディズニー版のジャングルブックに先を越されてしまい、タイトルを変更しネトフリ配信となった作品。
CGがキレイすぎる!動物も超リアルだけど、顔が人のようで動きはアニメ的。途中から動物ではなく外人のオッサ
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

3.0

女友達と見たらドン引き、今回家族で見たら大爆笑。下品なので見る人を選ぶ映画。とにかくテッドがかわいい!葉っぱも吸うし言葉も酷いが、動きは愛らしくよちよち歩きのぬいぐるみ。
パロディやカメオ出演がてんこ
>>続きを読む

アナコンダ2(2004年製作の映画)

3.1

主人公一向は新薬開発に伴い素材を採取するため船でジャングルの奥地へと向かう……のだがトラブル発生。船を失いジャングルの中を通過しなければならない。そこには巨大な蛇が生息していた。
ーーー
動物パニック
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

3.3

30年以上経っても色褪せない作品。
ジブリは見る度に新しい発見があるけど、今回は「ムスカってこんなに禿げてたっけ」という発見でした…。
シータは子供なのに母性が強いしパズーは異常に男前で、今みるとなか
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

2.0

休暇でメキシコを訪れていた姉妹2人。
地元の男2人とシャークケージダイビングをすることになるのだが、姉妹が入った檻のケーブルが切れ、海底に落下。パニックで酸素も消費してしまい、助けを待っていることもで
>>続きを読む

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記(2007年製作の映画)

2.9

前作同様、ニコラス・ケイジが宝探しのためにあちこち飛び回る。前作に比べてのんびりしているが、怒涛の終盤20分は必見。
最後に謎が1つ残り、3作目に続く流れ。……なのだが、製作陣はやる気満々なのにディズ
>>続きを読む

ゴーストライダー(2007年製作の映画)

3.1

アメコミ原作のダサかっこいいアンチヒーローもの。
バイクスタントマンのジョニー(ニコラス・ケイジ)は悪魔と契約したことによりゴーストライダーになる。

ゴーストライダーに変身すると顔が骨になり、炎を吹
>>続きを読む

猛獣大脱走(1983年製作の映画)

2.3

イタリア製アニマルパニックホラー。話もオチもないに等しいけど、猛獣たちが役者(とスタント)とめちゃくちゃ絡むのが凄い。
本物のライオンやトラ、ハイエナ、チーター、シロクマ、ゾウなどが登場し、公共機関や
>>続きを読む

ナショナル・トレジャー(2004年製作の映画)

3.0

冒険家のベン(ニコラス・ケイジ)は、テンプル騎士団の秘宝の秘密を受け継ぐ一族の末裔。祖父に秘宝はフリーメイソンによって封印されたと聞かされて育ったベンは、大人になってからトレジャーハントの中で海泡石の>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

2.4

マット・デイモン主演、第9地区の監督作品。

近未来の地球。大気汚染や人口爆発でスラム化していた。
一方で富裕層はスペースコロニー「エリジウム」で暮らしている。医療は発達し水と緑が豊かなユートピアだ。
>>続きを読む

絵文字の国のジーン(2017年製作の映画)

3.3

主人公はふーん😒の絵文字。彼は感情が豊かで、周りの絵文字と違って😒以外に多様な表情が出来てしまう、絵文字界のマイノリティ。仕事を与えられた際にプレッシャーからパニックになり、めちゃくちゃな絵文字で人間>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

2.9

サイコ映画と誤解して見たのだけど全然違った。どんでん返しというよりか、全く違う系統……例えばアメコミヒーロー風の映画に突然方向転換したのを見せられた気持ち。

その人物は23人の人格を持つ多重人格者ケ
>>続きを読む

イルカと少年2(2014年製作の映画)

4.7

実話ベースの映画。イルカのウィンター(本物が演じている)は仲間を失い孤立してしまう。イルカを孤立させてはいけない農務省の規定で、ウィンターは別の水族館に引き取られることに。そこで少年たちはウィンターの>>続きを読む

イルカと少年(2011年製作の映画)

4.7

怪我で尾ヒレを失ったイルカに人工ヒレをつける実話に基づいた映画。驚くのはその尾ヒレのないイルカ「ウィンター」を実在のウィンターが演じている。(一部はCG)

実話では人工ヒレの装着に成功した話らしいの
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

2.7

ペットと言ってもワニやピラニアなど、一般人が飼えるのかどうか怪しい様々な動物が出てきて面白い。
中でも悪役のウサギ、スノーボールがめちゃくちゃかわいかった。

トイストーリーやズートピアを想起したけど
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.0

夫婦の子育ての苦悩や幼年期の子供の心情など、現代日本の家族の生活が淡々と綴られている。
時折、家の庭の木を通じて主人公である少年が絵本の中のような世界を体験する。
多忙から母親が少年の気持ちにより添え
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.0

銀河系刑務所からボグロダイト星人の凶悪犯ボリスが脱獄し、地球へ向かう。逮捕される原因となったエージェントKを過去に遡って殺害するため、タイムマシンを持つ電気店経営の男と接触を図る。

エージェントJ(
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

3.0

17歳のアンディは大学進学で寮へ引っ越すのに際して、お気に入りだったウッディだけを持っていき、他のおもちゃは屋根裏部屋にしまうことを決めた。
ところが屋根裏部屋行きのおもちゃが母の手違いでゴミに出され
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

2.0

トニー・スタークと政府が設立した損害統制局によって職を奪われてしまうトゥームス。行き詰まったトゥームスは政府に未提出のチタウリの残骸を再利用してハイテク兵器を作り、密売することに。
一方、高校生のピー
>>続きを読む

ロード・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.0

アサイラム祭りにて鑑賞
----
主人公一行は行方不明になった採掘機の調査のため海底に向かうのだが、火山活動で覚醒したヒトデ?のような形の巨大怪獣に乗り上げてしまう。幸い逃げられるが、その怪獣の覚醒は
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.4

放送コードに引っかかるためテレビ放映されないと噂の、意外と怖いキッズアドベンチャー映画。
---
喘息持ちのマイキー・悪ぶっているマウス・ホラ吹きでふとっちょのチャンク・発明家のデータ…「グーニーズ」
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

2.9

まま母役ケイト・ブランシェットの、性格悪そ〜〜な絶妙な顔芸がめちゃくちゃ良かった。
シンデレラってこんなスカッとジャパンみたいな話だったっけか。

セカンド・アクト(2018年製作の映画)

1.9

主人公は40歳のディスカウントショップの副店長。優秀だが高卒であることから店長への昇進を逃してしまうものの、ひょんなことから経歴詐称で一流企業に入ることになる。
ーーー
学歴社会へのアンチテーゼ作品か
>>続きを読む

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!(2015年製作の映画)

3.0

唐突に実写で始まる「パイレーツ・オブ・カリビアン」のような世界観。「あれ?今からスポンジボブ見ようとしてるんだよね?」と何度も確認してしまったが…。見進めるといつものアニメのスポンジボブが。しかしそこ>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.0

キラキラゴテゴテのロココ家具たちが踊り狂い、それを背景に美女エマ・ワトソンも踊る。美の暴力で殴ってくるような映像でした。

パラダイス・アーミー(1981年製作の映画)

2.5

おっぱいが見られる映画。

自堕落な生活を送る怠け者の主人公。職と家を失い、友人を誘って衣食住の保証された軍隊に入隊する。が、厳しい訓練に耐えきれず夜遊びや逃亡を試みたりもする。
焦って一夜漬けで行進
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

1.0

銀魂紅桜編の実写版。
実写ならではのメタ的ギャグが面白い!そして本物の大食いタレントを使った大食い選手権のシーンはめちゃくちゃ笑った。

反してバトルシーンは死ぬほどつまらない。アクションやCGは海外
>>続きを読む

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

1.0

デスノートの設定を借りた「ティーン向け」ホラー。
グロ描写は過激だがストーリーはあっさり。

序盤から驚いたのだけど…デスノートを拾ったライトは女友達にノートを見せびらかし、その場で殺人して見せ気を引
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.8

当時リアルタイムでゴジラを見た世代の父と見た。
「オリジナルをリスペクトしている」「よく作ってくれた」と感動していました。「糸を吐いて鱗粉をまくだけだったモスラが暴力的になっててショック」には私も同感
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.1

主人公トゥルーマンは、生まれたときから人生の全てを24時間撮影され、番組「トゥルーマン・ショー」として世界に放送されていた。トゥルーマンの住む島「シーヘヴン」は、巨大なドーム内に作られた巨大なセット。>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

-

淡々とした陰気な空気に心が折れかけて途中で視聴諦めました…。超長回しに見える編集はすごい。

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.4

建築家のぽっちゃり系ヒロインは、隣人には冷たい態度を取られ、会社では雑用係と間違われ、本人も「自分が冴えないからこうなるんだ」と卑屈に受け入れている。ある日強盗と揉み合った末 頭を強打。目覚めると王道>>続きを読む