ゆぅまさんの映画レビュー・感想・評価

ゆぅま

ゆぅま

2019年6月から始め過去に鑑賞したものも含めちまちまと更新しとります。

映画(433)
ドラマ(0)

天使の復讐(1981年製作の映画)

5.0

‪発話障害の女が1日に2度レイプされたことにより男に対して嫌悪と憎悪が芽生え世に蔓延るクソ男共を夜な夜な無差別に殺し回りクソ男共に復讐を果たす!か弱い女が男を殺し死体を解体していくなどの過程を経て少女>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.0

提示したルートを正しく辿り欲しいタイミングで欲しいものをくれ見たい描写を惜しみなく見せる。手堅い演出で正しきジャンル映画を我々に提示しただけでも評価できるがアジャ×ライミの名を冠するが故に少し拍子抜け>>続きを読む

ミュータント・フリークス(1993年製作の映画)

3.5

‪ビルとテッドのA.ウィンターが主演、監督、脚本を務めるカルトホラーコメディという名のクソバカ映画。キモカワイイ奴らが大挙し86分という痔持ちの映画ファンにも優しい尺でとにかくふざけ倒す!ビルとテッド>>続きを読む

地下室のメロディー(1963年製作の映画)

4.0

出所したての老ギャングは人生最後のヤマを目指し刑務所で出会った若者とその義兄と手を組みカジノに眠る大金を狙い一世一代の賭けへと挑む。スタイリッシュな演出とM.マーニュの音楽は見事ながらJ.ギャバン、A>>続きを読む

斬る(1962年製作の映画)

5.0

失うことを宿命づけられた剣豪の悲哀と殺気を纏う剣術とその男の心情に対し曖昧な距離感で接するカメラワークは情感のある独特な雰囲気を醸し出し、それらを一身に背負い体現する市川雷蔵の佇まいや色気たるや。冒頭>>続きを読む

「女の小箱」より 夫が見た(1964年製作の映画)

5.0

‪株を買い占め会社を乗っ取ることを目的に近づき出会った男女。策謀と裏切りのための偽りの愛がいつしか真実の愛へと裏返り本来の目的を捨て真の愛に向け情熱的に突き進む…。愛憎から純愛へ自然に変化するジャンル>>続きを読む

人妻拷問(1980年製作の映画)

5.0

‪3人の男にレイプされその苦しみからこの世を去った妹のため犯人の妻たちをレイプしぶっ殺す哀しき男の復讐劇。最高のタイトルバックで始まり陰毛をガムテープで剥ぎパイパンに麻雀牌を詰め弾丸をぶっ放す!悲哀と>>続きを読む

残酷・女高生(性)私刑(1975年製作の映画)

3.5

古さ染み付く70年代ロマンポルノ。父の再婚、学校の転入、過去の恋愛の失恋などが重なり私生活の慌ただしさから精神的に不安定な淫蕩女子高生。SEXあり強姦ありアクションあり縛りあり集団レイプあり。少女から>>続きを読む

フォーリング・ダウン(1993年製作の映画)

4.0

再鑑賞。

鬱憤が溜まった時はこの一本!
心のパニッシュメントムービー!!

秋津温泉(1962年製作の映画)

3.5

‪死に場所を求め赴いた秋津で出会った男女は生死を超えた強い絆で心通わせながらも最後まで結ばれることはなく奔放な男とそれを待つ女の17年と最期を描くメロドラマ。主演岡田茉莉子の生と死を体現する演技は見事>>続きを読む

(ハル)(1996年製作の映画)

3.5

‪映画愛好家の集うチャットルームから個人的なチャットへと発展しハルキストの女と欲求不満な男が出会って“はじめまして”を言うまでの恋愛映画。ストーリーの6割をチャットの会話文だけで形成する実験的映画であ>>続きを読む

ラウンドヘイの庭の場面(1888年製作の映画)

-

世界最古の映画。であり人類にとって文化にとっての偉大なる一歩。

花の影(1996年製作の映画)

3.3

1920年代の上海と蘇州を舞台にインポ男と処女こじらせ女の陰謀絡む恋愛にブラコンババァとシスコン童貞に上海マフィアも絡み合い破滅へ向けて痴情の縺れという名の愛の泥仕合を繰り広げる。陳凱歌の演出にC.>>続きを読む

13回の新月のある年に(1978年製作の映画)

5.0

どこにも属せぬ疎外感を抱え血の気無く首の皮一枚で現世を漂うエルヴィラの実存を求める過去と内省への旅路を映画的時間操作と演劇的空間操作、鮮烈なるイメージと音の繚乱が観客へ共感と反感の感情を同時に叩きつけ>>続きを読む

スリ(2008年製作の映画)

3.8

コミカルかつスタイリッシュな緩急のある演出とどこか間の抜けたような劇伴。アクションシーンの全てが円滑なため見ていてため息が漏れる。特に終盤の10分に及ぶセリフ無きスリ合戦は見もの!銃を使わなくともスタ>>続きを読む

赤い影(1973年製作の映画)

3.8

‪4K修復版Blu-rayを買い再鑑賞。不安と予感を漂わせる冒頭から始まった映画は美しくどこか退廃的なベニスを舞台にN.ローグの虚実入り乱れる巧妙な仕掛けと雰囲気に酔い踊らされながら予想もし得ぬラスト>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

3.5

‪‪映画を私物化しながらもおもしろさは確変中なホン・サンス。絶賛不倫中の愛しのキム・ミニを起用し中年のおっさんが若い女に浮気して云々などうでもいい話を色を削ぎ巧妙な台詞回しや曖昧にズラす時系列、そして>>続きを読む

殴られる彼奴(あいつ)(1924年製作の映画)

5.0

発明を奪われ妻を奪われた科学者がサーカス団の道化になり自身のこれまでの不遇を笑いに変え迫る仇を前に壮大なる復讐劇を果たす。最後の勇姿と道化であるが故の結末はあまりに無情。名優ロン・チェイニーの変幻自>>続きを読む

灼熱/灼熱の太陽(2015年製作の映画)

3.8

‪異なる3つの時代の2つの民族の歴史を背景に1つの愛を描く。時代を超えた愛の物語を同じキャストを使い描くことにより仄暗い歴史の溝を顕在化させ普通であることの難しさを訴える。直接的に手を下したわけでもな>>続きを読む

フロム・ビヨンド(1986年製作の映画)

4.0

最高のヌメヌメ映画でありバーバラねぇさんの美尻が堪能できる!!!この頃のエンパイアピクチャーズおよびS.ゴードンのキレっぷりは最高にイかれとる!!!

ニア・ダーク/月夜の出来事(1987年製作の映画)

3.8

Blu-rayを買い久しく鑑賞。

人間クセェ家族は最高!型な吸血鬼映画。中盤辺りまでは「そりゃジェニー・ライトになら血吸われて吸血鬼にされて昼を捨てることになるとしても夜に生きるわなぁ〜」程度だった
>>続きを読む

THE CLASH ザ・クラッシュ(2007年製作の映画)

3.3

‪調子こいたバカ女がクスリキメたクラブ帰りにホームレスのおっさんを轢きフロントガラスにおっさん突き刺したまま自宅ガレージに監禁。おっさんは助けを乞うが昇進間近のバカ女は自己保身のため無視。事は次第に助>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

あまりに笑えない“現実”という“喜劇”で必要とされる“正常”という名の“偽りの笑み”を振る舞う心優しき男は次第にその“偽りの笑み”なるものに“真実”を見出し“悲劇”という“現実”を演出するべく“喜劇”>>続きを読む

バンジージャンプする(2001年製作の映画)

3.8

“どーせ甘ったるい恋愛映画やろ?”って思ったらとんでも怪作だった!前情報なしに観てもらいたいのであえてここには何も書きません!

甘い人生(2005年製作の映画)

5.0

キム・ジウンで1番好き!ってかむちゃくそ大好き!

ホフマン物語(1951年製作の映画)

3.8

物語を追おうとするも秒単位でくる映像の暴力にやられ何の話なのかは毎度曖昧だがとにかくセット、衣装、劇伴、踊り、演出と表現主義的映像美に目を離す隙がない!今から約70年前だからこそ作ることができたとも言>>続きを読む

エンジェル ウォーズ(2011年製作の映画)

4.0

‪現実という世界で映画という虚構に魅せられさらにその世界に妄想という広がりを持たせ自身の感情を揺さぶる僕たちがなぜこの映画を嫌いであろうか?偏執狂なまでに空想の世界を現実の虚構へと落とし込むZ.スナイ>>続きを読む

ディセント(2005年製作の映画)

3.5

‪最愛を失った女を元気付ける名目で洞窟探索へと向かった女6人だったが深みへと進むにつれ次第に状況は悪化し女達も映画も混沌へと化す。真面目な閉所系サバイバルホラーものかと思いきや食人地底人なるものが登場>>続きを読む

ドッグ・ソルジャー(2002年製作の映画)

3.8

演習中の陸軍が着ぐるみ丸わかりな人狼なるものに襲われてんやわんや。ニール・マーシャルのふざけた笑いと派手なゴア描写等は観ていて気持ちが良い!はらわた抉られようが肚の中に無理やりねじ込み接着剤で傷を塞げ>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

劇的ではない平凡な人生にも存在する運命への伏線を巧みな時間操作を用い群像劇として描くことにより“瞬間”という時間を顕在化させ、その“瞬間”という平凡な時間が積み重なりやがて“運命”という劇的な瞬間へと>>続きを読む

惡の華(2019年製作の映画)

2.0

大事な物を削ぎ落とした原作の“気持ちの良い部分”のハイライトを垂れ流すだけの岡田麿里の無難という名のクソ脚本に平坦な画と平凡な演出、工夫のない過剰な劇伴ながらも玉城ティナの魅力に注力し魅せきった井口昇>>続きを読む

>|