あやほさんの映画レビュー・感想・評価

あやほ

あやほ

映画(405)
ドラマ(88)

ライオン・キング(2019年製作の映画)

-

何が言いたいかって、「悩まずに生きろ」って言葉は使い方によって間違った解釈になるって事でしょ…!
救ってくれた言葉のお陰で今度は自分だけが楽するのって誰かを見捨ててることと一緒だよね
難しいことを難し
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

-

異常なことに苦しさを抱いてしまう。犯人の動機もじめじめした感じもこの街も、何もかも救われない
苦しい、後味が濃すぎ

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

-

回転木馬のテントの上に登ったウッディとボーが話してた「おもちゃの部屋だけが全てじゃない。こんなに大きな世界がある」みたいな台詞、ぐっときたなあ!
幼い時にビデオで見たトイストーリーもシアターで観れると
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

-

毎日めげずにアプローチするヘンリー凄いなあ。彼女の記憶を戻すとかよりも今を楽しませようとしてるの、ロマンチックだなあ!
''いつも喜んで話をするし
質問にも答えるよ
君は最高だ''

パーフェクト・センス(2011年製作の映画)

-

失われていった先にある、「すべてが輝いて見える」が人間の求めてた感情で、それを通り越して2人はお互いを求めてたんだ。
こんなの当事者になってみないと分かんないだろ、って思うけど感覚が奪われていくにつれ
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

-

面白すぎる。深くて深くて深すぎてるけど結局は、一回りして全部単純さの堂々巡り。何層にも重なった夢の中で妻へ語りかけた言葉、愛しかない

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年製作の映画)

-

冒頭から歌が良くてずっと見てられた!
オードリーとオードリーⅡの歌声凄いから聴き入ってたし、子供騙しみたいな映画かなとか思ってたけど結構楽しかったな〜!

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

-

物語を読ませるために物語はある。私たちは物語に読まされて、物語は私たちにいつも何かを気づかせてくれる。こんな単純なこと、ぜんっぜん気づかなかった

トラッシュ!-この街が輝く日まで-(2014年製作の映画)

-

ひとつの財布からここまでなるの〜
少年達の勇気が実を結んで、最後がちょっぴりぐっときた

ワーキング・ガール(1988年製作の映画)

-

仕事の時も服決めてメイクして、バリバリ働いてる女性たちかっこいい。
仕事、恋、コーヒー!

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

ピンクフラミンゴの囚人服に、
脱獄の仕方も可愛い

X-メン(2000年製作の映画)

-

最後のシーンの最後のセリフかっこよかった!

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

-

圧倒的今作派。
最後泣けるほどいい話だったじゃん、笑えるシーン沢山あった〜〜!

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

-

サリーが人前でやらかしちゃうと、見てるこっちまでハラハラしちゃう。それでも人の優しさに触れた時、とてつもない感動の波!
お母さんの「何があっても愛してる」って言葉、どこまでも深いよなあ。

ウォルター少年と、夏の休日(2003年製作の映画)

3.9

映画ポスターが全てを物語ってる
終わり方までこんなにしっくりくる映画久しぶり。ひと夏の思い出ってこれ!いっときの時間が永遠に変わる。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.8

MJにどうにかして振り向いてもらおうとしてるピーターが可愛かった〜〜!もはや、ゼンデイヤとトムホランド。
「人は、信じることを求めてる。今の時代、何でも信じる」って台詞重い

スリーメン&ベビー(1987年製作の映画)

-

人の子供をちゃんと育てる優しさ…
あそこまで思い入れ深くなるのわかるかも

ロンゲスト・ライド(2015年製作の映画)

-

並行してく2つのストーリーがどことなく似通ってて物悲しく思えた〜。
「悲しみを背負っても、共に生きる方がはるかにいいと悟った」みたいな言葉凄く良かった

わたしは生きていける(2013年製作の映画)

-

光の映し方凄く良い、生き物の動きに合わせてる感じ
デイジーとエディ、というかシアーシャとジョージマッケイって組み合わせが凄く良い。森の中歩いて家まで帰るシーン、ウェイバック思い出した
ジョージマッケイ
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

-

歯磨きを耳かきにしてたシーン思い出す…
蜂蜜じゃなくてマーマレードなんだね

パターソン(2016年製作の映画)

-

似たような一日だけど全然違う一日の繰り返しに意外と気づかない。大好きな彼女と大好きな犬、毎日寄るバーと朝6:30の起床。その一日がぐるぐると回って来ることがどれだけ大切か。パターソンの愛の詩、
キスに
>>続きを読む

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海(2013年製作の映画)

-

目がない運転手が運転してるタクシー乗りたいな、あの3人組....
ローガンラーマンかっこいい!

ギター弾きの恋(1999年製作の映画)

-

映画ポスターこんなに格好良く月に乗ってギター弾いてるのに、実際はビクビクしてたって可愛い、、、
後悔先に立たずってこのこと。
色んな料理もぐもぐたくさん食べてたハッティずっと見てられる

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

-

ニコラススパークスの展開だ〜〜
see you soon then. が合言葉、カフェで再開するってのがたまらない!最後のあのカットすごく良い。

あん(2015年製作の映画)

-

私たちはこの世を見る為に聞く為に生まれてきた、だとしたら何かになれなくても私たちには生きる意味がある。って台詞、樹木希林さんだから心にくる

錨を上げて(1945年製作の映画)

-

ジーンケリーとトムジェリコラボかわいいな〜〜。フランクシナトラは歌が凄いし
一人ひとりのスペック高かったけど、この映画にやりたいこと詰めた感

ボーン・コレクター(1999年製作の映画)

-

サイコ恐ろしいよ〜
手首切り落とすの戸惑うの当たり前じゃんか

>|