takanoひねもすのたり

takanoひねもすのたり

ホラー好き。でも興味があれば何でもな節操なし。
2016~観賞記録と備忘録。

★は自分の記録用のため他人様へのお薦め度ではありません。
5~3.5、名作、傑作、円盤買いたい。
3.5以下、良作、普通、一回観れば充分。
★なしもあり。評価はたまに見直し。
未成年の方、プロフ未記入の方のFBは遠慮させて下さい(≡人≡;)スィマセン...挨拶不要。

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2(2003年製作の映画)

3.1

「ファイナル・デスティネーション」2作目。再見。
今作はハイウェイ事故の生存者に死神が粘着。
前作の生存者クレアが登場。

死の瞬間(暗転)が多かった前作より損壊描写が増加。首ちょんぱ、ぺっしゃり、ざ
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

2.8

シリーズ3作目はジェットコースター事故。
1作目のジェームズ・ウォン監督作。再見。

思わぬアクシデントの連鎖から、ピタゴラ装置感が増した感。
概ね瞬殺が多い死に様の中で、日サロでコンガリが断トツに厭
>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.0

死神の振るった鎌の下からエスケープした生存者を再び死に追い詰めるホラー。再見。

執拗にあの手この手で死なせてゆく執念はさすが死神。
神の摂理には逆らえないってことですか。

検死が自殺と事故死の判別
>>続きを読む

アメリカン・パイパイ ようこそ美乳天国へ(2008年製作の映画)

2.5

おバカエロコメディ。
懸賞で当たった「パイパイBOX」でパラレルワールドに飛ばされた男2人のドタバタコメディ。

胸の谷間がくっきり美乳な美女のビキニ姿やナースコス、チアコス、透T、ミニスカ、ボンテー
>>続きを読む

アタメ(1989年製作の映画)

3.3

ペドロ・アルモドバル監督の浮き世場離れした変態純情映画(1991)再見。

天涯孤独なリッキー(アントニオ・バンデラス)ある女性に出会ってまともな生活を送ることを決意。彼女はポルノ女優のマリーナ。彼女
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ3(2011年製作の映画)

2.0

前作「2」より更に前日譚。
ケイティ、クリスティ姉妹の幼少時代の怪異を記録した内容。

相変わらず地味な怪異の連続。
今回は「トビー」というイマジナリーフレンド登場及びシーツキャスパー及びキッチンショ
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ2(2010年製作の映画)

2.2

前作の前日譚。
前作の主人公ケイティの妹クリスティの家族が今作の中心。
クリスティが息子ハンター出産して1年経過した頃に怪奇現象が地味に頻発。

勝手に閉まるドア、勝手に燃え上がるコンロ、勝手に落ちる
>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.2

1日しか記憶を保てない障害を持ったクリスティーン(ニコール・キッドマン)と彼女を献身的に支えてきた夫ベン(コリン・ファース)の間の疑心暗鬼を描くスリラー(2014)

序盤はクリスティーンの不安や夫に
>>続きを読む

ダーク・フェアリー(2011年製作の映画)

3.0

両親が離婚し、父と暮らすことになったサリー。引っ越し先の古い屋敷で地下室を見つけた彼女は不思議な声に導かれるまま封印されていた扉を開けてしまうというダークファンタジー。
脚本にギレルモ・デル・トロ。
>>続きを読む

隙間女 劇場版(2014年製作の映画)

1.8

都市伝説「隙間女」を題材にしたホラー。

江戸時代の怪異集「耳袋」で天袋から女が出る怪異、現代版の木原浩勝・中山市朗「新耳袋」の「玄関や襖はキチっとしめろ」の言いつけを守らなかったら怪異に合った話、一
>>続きを読む

スタンリーのお弁当箱(2011年製作の映画)

3.0

食いしん坊教師と生徒スタンリーのお弁当争奪戦的なコメディかと思っていたら予想外の内容だった。
主人公スタンリーの背景が想定以上にシビアでがーんときた。

友情と、周囲の大人達の善意と敵意、厳しい現実の
>>続きを読む

ウィンターストーム 雪山の悪夢(2016年製作の映画)

3.5

久しぶりに息子達と過ごせることになったエリオット(ジョエル・キナマン)。
彼等と出掛けた雪山でトラブルに。
親権を取られた上に愛する息子達と過ごすことがままならない父親の悲哀。加えて彼等への面会が絶た
>>続きを読む

アイム・ソー・エキサイテッド!(2013年製作の映画)

3.2

ぺドロ・アルモドバル監督・脚本の飛行機の機内を舞台にしたコメディ映画(2013)

監督作の中で真っ直ぐにコメディタッチなストーリー。
登場する人達はゲイやバイ、SMなど様々にアクが強いのは毎度。
>>続きを読む

ハロウィン(2007年製作の映画)

3.5

ロブ・ゾンビ監督による「ハロウィン」リメイク版(2007)

監督らしい趣味嗜好の反映、マイヤーズの少年期、病院脱走の詳細追加など加変がけっこうあった。
シーツに眼鏡のお化け姿のシーンは何故かオリジナ
>>続きを読む

ナインスゲート(1999年製作の映画)

3.2

稀覯本発掘家コルソ(ジョニー・デップ)が悪魔の本を巡る謎に巻き込まれるミステリー。
ロマン・ポランスキー監督作(1999)再見。
原作の「呪いのデュマ倶楽部」既読。

映画は原作のデュマの「三銃士」に
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

3.6

死に場所を求めて樹海にきた男・アーサー(マシュー・マコノヒー)が、森をさ迷う男・中村(渡辺謙)と出会って樹海を彷徨する話。

静かないい映画だった。
樹海がとてもきれいで「理想の場所」というのも分かる
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

2.0

同棲中のカップル、ミケとケイティーが、夜毎の怪奇音が気になりハンディカメラを購入し寝室へ設置し撮影したところ、やっぱり心霊現象だったよ!というPOVホラー。

ミケがハンディカメラを購入し撮影を開始し
>>続きを読む

恐怖のメロディ(1971年製作の映画)

3.3

ラジオDJ・デイヴ(クリント・イーストウッド)がストーカーの女に粘着されどえらい目に会うサイコスリラー(1971)

この当時「ストーカー」という言葉がなく、アメリカでは1980年代に入ってから。
>>続きを読む

ポランスキーの 欲望の館(1972年製作の映画)

2.6

観た後で「だから何だっつーの(So what?)」と言いたくなるポランスキー監督の不条理エロコメディ(1972)
原題の「何?(what?)」じゃない。個人的な気持ちは「だから何だー!!」です。

>>続きを読む

高速ばぁば(2012年製作の映画)

2.4

都市伝説「ターボばあちゃん」を題材にしたホラー。
ジャージガールというアイドルグループが番組の取材で訪れた某廃墟で胆試し。そしたらやっぱり呪われる話。
チープ感あれど意外にちゃんとしたJホラーだった。
>>続きを読む

P2(2007年製作の映画)

3.2

クリスマスの夜、ぼっち拗らせストーカーが残業していたOLを地下駐車場に監禁する話。

夜中の地下駐車場でこんな目に会いたくないと、思ってること全部出てきた。

ヒロインの胸の谷間に目が釘付けになった。
>>続きを読む

ポゼッション(1981年製作の映画)

4.0

ズラウスキー監督作の善悪と情欲どろどろな世界観でカオスなスリラー作品(1981)
訳が分からないけど折々に見返す。

イザベル・アジャーニがタコ?イカ?の怪物と交わるシーンは、初見はぎょっとしたし、
>>続きを読む

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ(2005年製作の映画)

3.0

イマジナリーフレンド「チャーリー」が次々殺人を犯していくサスペンススリラー(2005)

エミリー(ダコダ・ファニング)が主役らしく彼女の病みっぷりと怯えっぷりが引き立つように基本抑え目演技なロバート
>>続きを読む

ガール・ライク・ハー(2015年製作の映画)

3.2

アメリカのハイスクールのいじめ問題を扱ったフェイクドキュメンタリー。
いじめる側の心の闇も描いていたところは均等な目線であり好感。

でもこの作品のエイブリー(いじめの首謀者)のように過ちを認めるケー
>>続きを読む

スケルトン・キー(2005年製作の映画)

3.1

事前情報何もなく観た。
監督はイアン・ソフトリー。

老夫婦の住む古い大きな屋敷で住込み看護人の仕事についたキャロライン。屋敷には開かずの扉があり謎めいた雰囲気。ある日全身麻痺のベンが脱走を図り、彼女
>>続きを読む

聖なる狂気(1995年製作の映画)

2.8

フィリップ・リドリー監督の1995年のサイコサスペンス映画。

口のきけない大工のクレイとキャリーが住んでいる森の奥の一軒家。そこに森の中で倒れていた青年ダークリーが発見され運ばれてくる。その日から3
>>続きを読む

パーフェクト・ホスト 悪夢の晩餐会(2010年製作の映画)

2.9

今夜のパーティの準備で忙しいウォーイック宅。そこに招かざる客、銀行強盗で手配中のジョンが現れる。パーティに誘われた彼がドン引きする状況に置かれるスリラー。

ウォーイックは一見普通に社会生活を営んでい
>>続きを読む

カポーティ(2005年製作の映画)

3.3

作家トルーマン・カポーティが「冷血」を書き上げるまでを描いた伝記映画。
監督ベネット・ミラー。劇場映画初監督作。
「冷血」は既読。

カポーティが殺人犯ペリー・スミスと境遇が似ていたことから同類的な友
>>続きを読む

FEAR X フィアー・エックス(2003年製作の映画)

3.5

防犯カメラの録画ビデオを借りながら妻を殺害した犯人探しをしている男のスリラー物。
レフン監督、2003年の作品。

取っつき難さは「ヴァルハラライジング」と同じくらい。個人的には大分好みなストーリー。
>>続きを読む

毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレート(2006年製作の映画)

3.4

写真家ダイアン・アーバスを題材にしたオリジナルストーリー。
過剰異所発毛症(獅子面病)、小人、シャム双生児、性的倒錯者など異端や奇形のモノクロのポートレイトを撮っていた女性写真家。

タイトルに「エロ
>>続きを読む

デビルズ・バックボーン(2001年製作の映画)

3.8

ギレルモ・デル・トロ監督によるスペイン内戦下の少年孤児院を舞台にしたホラー&ミステリー(2001)

「クリムゾンピーク」の系譜になるような作品でゴシックホラーの趣。また幽霊が恐ろしげな外見の割りに寧
>>続きを読む

貞子3D2(2013年製作の映画)

1.3

続編があった…ということで鑑賞。
前作から5年後の設定。
孝則と茜の間に娘・凪。茜は亡くなっており最近凪の周囲で怪異が起きるようになるというもの。

・前作で死んだと思ってた刑事が生きてた。
・前作で
>>続きを読む

モーテル2(2009年製作の映画)

2.5

「モーテル」の前日譚。
盗撮モーテルが殺人モーテルになった切っ掛けを描いたもの。

結末は分かってるので、そこまでどう面白く見せるかというのが肝だと思うけど、加害者も被害者も双方何か抜けてる。

前作
>>続きを読む

Seventh Code(2013年製作の映画)

2.5

前田敦子さん4thシングル「セブンスコード」のMVとして制作された黒沢清監督の中編映画。

ロシアマフィア、善意の人、男を追ってロシアまできた無謀なストーカーの秋子(前田敦子)実は…という内容。
ラス
>>続きを読む

ブッチャー・ボーイ(1998年製作の映画)

3.8

ニール・ジョーダン監督によるアイルランドの田舎町に住む10代の少年フランシーの家庭崩壊と凶行に走る過程を描くコメディタッチの青春残酷物語。

少年フランシーのクソ悪ガキな面構え〇。
前半は彼と親友ジョ
>>続きを読む

メガ・ピラニア(2010年製作の映画)

1.0

オノリコ川で遺伝子操作されたピラニアが繁殖し巨大化。
そのピラニア討伐ストーリー。

人間だけではなくボートや砲艦までガブガブ襲うハイパワー振り…入り江からジャンプして人様の家や道路に飛び出すわヘリを
>>続きを読む

>|