takanoひねもすのたりさんの映画レビュー・感想・評価

takanoひねもすのたり

takanoひねもすのたり

ホラー好き。でも興味のおもむくままの節操なし。
2016~観賞記録と備忘録。

5~3.5、円盤買いたい。
3.5以下、良作。
2.8が及第点。
★なし、鑑賞記録のみ(作品の良し悪し関係無し)
F/Rご自由に、挨拶不要。

映画(1109)
ドラマ(42)

ザ・リング/リバース(2016年製作の映画)

3.0

モニターが倒れていたってサマラは持ち上げるよ!力もちだもん!

ということでアメリカ版貞子さんならぬサマラちゃんです。

呪いの映像が少し追加され、サマラの呪いに巻き込まれたジュリア(マチルダ・アンナ
>>続きを読む

ユージュアル・ネイバー/マッド・マザー 生贄の少年(2013年製作の映画)

3.1

ボーイミーツガール+ミステリー

両親を失くし祖父母に引き取られたマリアン。
新生活にいまいち馴染めずにいたが、ひょっここり隣の家(といっても大分離れている)の難病らしい少年と知り合います。

前半は
>>続きを読む

息子のしたこと(2018年製作の映画)

3.1

あの日息子は何をしたのか、されたのか。

息子マルコスがボコボコにボコられ意識不明の重体で運び込まれた。父親のハイメは息子に何があったのかを突き止めようとする。

胃が重い…観終わった後は石でも飲んだ
>>続きを読む

天使が眠りにつくとき(2018年製作の映画)

2.9

居眠り運転はやめましょう。

幼い娘エステラの誕生日、すっかり遅くなった夜道をできるだけ急いでいたヘルマン。しかし仕事で疲れていてちょっと気が緩んだ時、車に衝撃が。恐る恐る確認すると若い女性が血塗れで
>>続きを読む

スノーマン 雪闇の殺人鬼(2017年製作の映画)

2.9

オスロで連続女性失踪事件が発生。事件を担当することになったハリー刑事は新しく相棒になったカトリーネと共に捜査を始めるが…。

原作既読。上下巻を2時間に纏めようというのだから、省略や変更があっても仕方
>>続きを読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

3.5

イギリスの田舎で養蜂をしつつひっそり暮らす93歳のホームズ。自身を引退に追い込んだ最後の事件の回想記を書き始める、思い出せなくなる前に…と。
 
思いっきり老いたホームズで、ちょっぴり切なくなります。
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

全力でアホだなあ、でもそこがいい。

OPからのアクション、カーチェイス、序盤から飛ばしてます。
今や立派なスパイになったエグジー、ぴしっと決まったスーツで気分あがります。
車やアイテムなど面白ガジェ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

"何かを達成したい"

うん、そんな欲求あったなあ。
年を取ってできること/できないことが分かってくると、そこに妥協が入ってくるのだけど、10代なら何にでもなれるやれる万能感あったよね。

母親との諍
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.8

2001年のブッシュ政権の成立により第46代アメリカ合衆国副大統領となったディック・チェイニー(クリスチャン・ベール)を描いた社会派ドラマ。

笑いがブラック過ぎて、ずっと真顔でした。
ブッシュがあま
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

R15です、お子様は見ちゃだめ作品。
「ちょっと大人でエロ可愛いコメディアニメ」
と紹介されていましたが、ちょっとじゃないから!エロ可愛いでもない!
ストレートにエロです!お下品エロ!

呑気に観れそ
>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

4.3

すっごくおしゃれな古典ホラー。
再鑑賞。

19世紀末にトレンチ姉妹という子供喰いが住んでいた曰く付きのアパートに引越してきた俳優ガイとローズマリーの若夫婦。隣人のカスタベット老夫妻はお節介なほどに世
>>続きを読む

嵐の中で(2018年製作の映画)

3.4

世界線が変わる話。SFミステリー。
「インビジブルゲスト」「ロストボディ」のオリオル・パウロ監督。
ミステリーやはり上手いです、小品ですが面白かった。

ちびっ子がギターを手に歌っている。
シンディ・
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.7

友達の誓い"スカウトは永遠"

青春アホアホゾンビ物。

某研究所からゾンビ発生、またまたく間に街を襲っていた頃、たまたま森でキャンプしていたベン(タイ・シェリダン)カーター(ローガン・ミラー)オギー
>>続きを読む

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年製作の映画)

3.8

アイスクリームが食べたくなる映画。
サーティワンに行きたくなるよ!

ピコムンドに住むオッド・トーマス。彼には特別なギフトがあり、幽霊が見えたり予知夢が見えたりする。その力を使って幽霊を助けたりしてい
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.4

思い込みの落とし穴。

コールセンターに一本の通報が。オペレーターのアルガ(ヤコブ・セーダーグレン)は、電話の向こうの緊迫した女性の様子からある事態を想定するが。

コールセンター内のみで終結するワン
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.9

愛国と反戦。

イラク戦争で160人以上の敵兵を射殺し"伝説"とまで言われた狙撃手クリス・カイルの半自伝。

公開当時はアメリカで大ヒット、それと同時に「大量虐殺者を英雄扱いするなんてけしからん」みた
>>続きを読む

奴隷の島、消えた人々(2015年製作の映画)

3.1

新安塩田奴隷労働事件にインスパイアされた作品。社会派ドラマかと思いきや、やっぱり韓国だったよ…エグい。

塩田の島で大量殺人事件が発生。取材カメラマンを含む4人が惨殺、女性記者は重体。果たして島で何が
>>続きを読む

バサジャウンの影(2017年製作の映画)

3.1

バスク地方を舞台にしたミステリー。

森で発見された全裸の少女の遺体。何故か股間にチャンチゴリという伝統菓子が乗せられ、独特のポーズを取らされていた。事件を指揮することになったアマイヤ捜査官は、捜査の
>>続きを読む

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

3.3

ダディだけじゃなくてママもだよ!

その日はいつもと同じ日だった。だけど突然親が我が子に殺意を抱き凶暴化した。
ブレント(ニコラス・ケイジ)とケンダル(セルマ・ブレア)夫婦の場合も例外ではなかった。
>>続きを読む

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

3.8

元は舞台劇だったそう。
そうと聞くとなる程と思える演出。

超常現象懐疑主義者のグッドマン教授は憧れのキャメロン博士から「この3つの謎を説明してみろ」と依頼され、それぞれ超常現象体験者の元へ向かい話を
>>続きを読む

インシディアス 最後の鍵(2018年製作の映画)

3.2

母は強い。ワンパンで解決。

家族愛ホラー「インシディアス」シリーズ4作目は霊能者エリーズが主役。
悪魔にもぐいぐい行くエリーズ、ファッションもどピンクのインナーにごついバックルで気合が入ってます。
>>続きを読む

ヒッチコック/トリュフォー(2015年製作の映画)

3.6

トリュフォーとヒッチコックの対談の様子を写真家フィリップ・ハルスマンの写真を使い再現したものと、彼等をリスペクトする映画監督達のインタビュー構成。

デビッド・フィンチャーとマーティン・スコセッシの部
>>続きを読む

狼の時刻(1966年製作の映画)

4.3

画家で夫のユーハン・ボイル(マックス・フォン・シドー)が突如姿を消した。妻アルマ(リヴ・ウルマン)がユーハンの身を案じるモノローグから話は始まる。

一人称の語り部の場合、本当にそれが事実であるのか疑
>>続きを読む

回転(1961年製作の映画)

4.0

うさぎ形のゼリーがぷるんぷるん。
ぺしっと叩いてぷるぷるさせたい。

古典ゴシックホラー。モノクロ。
原作は既読、原作にほぼ忠実だと思います。

お金持ちのお屋敷に家庭教師として雇われたギデンス。マイ
>>続きを読む

ザ・ウーマン 飼育された女(2011年製作の映画)

3.3

ケッチャム原作、食人3部作「オフシーズン」⇒「襲撃者の夜」の続編で最後。

パパと長男がクズ。
お前ら全員もげろ!!!!という怨嗟が喉元までみっちり込み上げましたよ。

クリス⇒パパ。ハンティングで野
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.7

これは面白かった!!
ミステリー好きなら観て損はないかも。
オチがすかっとしますし、小さな伏線が細かく回収されてパチっと嵌まる気持ちよさが有り。
何も知らないで観たほうが良い系の作品。
 
新鋭の実業
>>続きを読む

ヴィジット 消された過去(2015年製作の映画)

3.0

彼等は本当に自分の家族なの?
というミステリー&スリラー。

バイク事故で記憶喪失&車椅子でリハビリ中のジャニュアリー(エイミー・マンソン)は恋人カラム(サイモン・クォーターメイン)とイギリスの田舎に
>>続きを読む

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

3.3

セクシャリティ+恋愛+主人公の成長物。
監督自身がゲイで、この映画は半自伝作品。

幼い頃に両親が離婚、父子家庭のオスカーは子供の頃にゲイへの暴行を目撃し以来それがトラウマに。高校生になり、特殊メイク
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.3

格式高いグランド・ブダペスト・ホテル。
そこの伝説の初代コンシェルジュ・グスタフとベルボーイ・ゼロとの奇妙な師弟愛と友情と冒険譚。

画面のすみずみまで気が抜けない、独特の色使いや構成に目が離せません
>>続きを読む

カーゴ(2013年製作の映画)

3.5

台詞なし。
アイデアの良さ。
父性に泣ける。

カーゴ(2017年製作の映画)

3.7

旦那のひげ剃りを探しに行ったばっかりに😭

台詞なしの7分の短編を長編映画化。
同じ監督で撮っています。
謎の感染症で人類ゾンビ?化、荒廃しきってるオーストラリア。
軍事施設を目指し河を遡上していたア
>>続きを読む

チルドレン・オブ・ザ・コーン(1984年製作の映画)

2.9

スティーブン・キング原作の映像化作品。
再鑑賞です。
初見はつまらなかった覚え…けど改めて観たらそんなに貶すほどでは無いかなと思い直しました 笑

アクシデントでガトリンという田舎町に来てしまったバー
>>続きを読む

スラッグス(1987年製作の映画)

3.2

デカい真っ黒のアメリカンなナメクジが凶暴化、大挙して人間を襲うパニックホラー。
大好きスプラッター「ブラッドピーセス」の監督作だったとは。
血糊たっぷりなのはなるほど納得。
あとやっぱり結構雑 笑
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.4

ぬこぉーーーーーーーーー!😿😿😿😭😭😭

観損ねていたヨルゴス監督作品。
これ観たあとだと「ロブスター」「鹿殺し」はまだ分かりやすいんだなと思った。
そして性描写の情緒の無さよ…全然エロく感じなかった
>>続きを読む

ジェラルドのゲーム(2017年製作の映画)

3.1

キング原作と知り観てみようと。
マイク・フラナガン監督でしたか、うん、なるほど。次回作もキング原作だそうです。

場所を変えて、雰囲気つくって、夫はバイアグラ飲んで、手錠を妻に嵌めて、さて…と言う所で
>>続きを読む

共喰山(2010年製作の映画)

2.8

友を喰う!恋人を喰う!カンガルーも喰う!
オーストラリア産ホラー。

密林に古代の壁画を調べにきた若者6人。リーダーのデイスと恋人クリス、三枚目なウォーレン、眼鏡のチャドと恋人メル、閉所恐怖症のアーニ
>>続きを読む

>|