takanoひねもすのたりさんの映画レビュー・感想・評価

takanoひねもすのたり

takanoひねもすのたり

呪怨 白い老女(2009年製作の映画)

2.3

文哉…ケーキを届けにいっただけなのに。
柏木…今朝乗せた客
あかね…バスケほール持ったババア
磯部…ムロツヨシ
千穂…何故バスケットボール
未来…ロリコンムロツヨシ、庭に俊雄
安川…カセットテープ
>>続きを読む

呪怨 黒い少女(2009年製作の映画)

2.4

徹夜…瀬戸くんの出落ち感
裕子…シーツおばけ
彩乃…?
芙季絵…双子
横田…道端に俊雄
真理子…霊能者敗れる
季和子…親子心中

呪怨2(2000年製作の映画)

3.1

伽椰子…1と内容同じ。
響子…前作からの続き。ちょい鈍い不動産屋のお兄ちゃんの引っ越し先が、佐々木先生の住んでいた元団地。勿論そこには剛雄が妊婦を殺害した怨念が残っており、響子さん、ノブオ君巻き込まれ
>>続きを読む

呪怨(1999年製作の映画)

3.4

無料視聴が終わるそうなので何度目かわすれた再鑑賞。

佐伯家→村上家→事故物件預かりの時系列。

俊雄…小林先生が家庭訪問。
敏雄くんの初にゃおーん
由紀…三輪ひとみさん押入れにのまれる。
瑞穂…栗原
>>続きを読む

良いビジネス(2017年製作の映画)

2.8

もう全てを許した……wwwww

4分くらいのショートムービー。
しかし蟹に触手を足した感じのクリーチャーが意外とかわいい、瞳がつぶら。
もうこれで許したよ……wwww

ストーリー、クリーチャーが顧
>>続きを読む

眼中悪夢 ショート版(2020年製作の映画)

2.6

短編ホラー。

あるYouTuberがヘンテコな人形を拾った(押し付けられた)半年後、彼は人気YouTuberに。
その頃、ネットの噂で『オフ会で人気YouTuberが消える』という話があり。
とはい
>>続きを読む

デス・デイ(2018年製作の映画)

2.4

『25ガロンの血糊を使った』
約95リットルですが、えーと、何処に?
(まあでもリットル計算すると、そんなに驚く量でも無いかも知れない……ファミリー向け冷蔵庫の容量くらいだ)

悪魔+タイムループ物。
>>続きを読む

ウィリー 移動アイスクリーム屋の男(2015年製作の映画)

2.3

サスペンス物。

ベビーシッターのジョー。最近恋人ベンの浮気を告白され傷心。ある日、目を離したすきに預かりの子供エリオットが行方不明に。
直前のアイスクリーム屋の男を怖がっていたことから関連性を疑うジ
>>続きを読む

クライモリ/間違ったターン(2003年製作の映画)

3.1

アマプラのタイトルが『間違ったターン』なんですよ。
で、何となく観ていたら既視感が。





『クライモリ』じゃねーか!!!!!!!!

お話は、森林公園へキャンプへ行こうとして途中でタイ
>>続きを読む

スライ・ストーン(2015年製作の映画)

3.0

One more hit♪

あの人は今、的なドキュメンタリー。

スライ・ストーンの顔と名前を知ったのはいつだったか……誰かの曲のサンプリングで使われていて知ったのだったか、ハウス/ファンクを一時期
>>続きを読む

ザ・コレクター ~監禁地帯~(2015年製作の映画)

2.8

バーベキューの時間だ。

背後を振り返らずにライターを投げ捨てる。
ぼうっと燃え上がる一帯。

おぅ!かっこいい、その捨てセリフ。

アラスカ国立公園のキャンプ小屋で過ごすために一路目的地に向かってい
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.4

イギリス人で現在は引退したムエタイボクサー、ビリー・ムーアの自伝を元にした映画。

麻薬と窃盗がらみで逮捕されたボクサーのビリー(ジョー・コール)はタイ、バンコクにあるクロンプレム刑務所に送られること
>>続きを読む

ザ・クロス エクソシストの闇(2009年製作の映画)

2.8

原題、paslm21(旧約聖書の詩篇21の意)

ストックホルムの若い神父ヘンリック(ジョナス・マルムスホ)は教区で尊敬される存在だが、妻子とは破綻一歩一歩手前。
そんなある日、彼の元に実父が亡くなっ
>>続きを読む

レベル16 服従の少女たち(2018年製作の映画)

2.8

貧困から親に売られた子供や孤児を引き取り、薬で思考を鈍らせ(余計なことに頭が回らないように)すくすくと教育し、少女達のレベルが16になったら外界の支援者に引き取られるというシステムの学校……もとい収容>>続きを読む

Tantrum 2: Phantom of the Demon(原題)(2017年製作の映画)

3.7

2作目も登録されてたとは気が付かなかった。

インディゴアホラー。
1作目もありますが、これ単体でも問題は無いと思われます。
1作目→男目線のゴア。
2作目→女目線のゴア。
どっちも病み幻覚系です。
>>続きを読む

Tantrum(原題)(2015年製作の映画)

3.7

インディホラー。

物語はあるようで無いようで。
監督が体を張ってち○こ切断したり、ア○スにぶっとい十字架で頑張ってます。

1+2作目合わせた長め感想はこっちにぶん投げ済。
https://note
>>続きを読む

シライサン(2020年製作の映画)

3.0

シライサン。
何だかしらんけどずっと『シライシサン』だと思ってた。 

語ってはいけない系の都市伝説物。
『その人の名前を出すと、聞いた人にも呪いがかかるんです……』

弟が不審な心不全した春男(稲葉
>>続きを読む

夜明け前のうた(2020年製作の映画)

2.9

1960年代の沖縄、精神障害者が隔離された離れ小屋『私宅監置』というかつてあった制度。

日本の本土では1950年に禁止された制度ですが、当時アメリカ軍占領時代であり尚且精神病院が無かったため、琉球政
>>続きを読む

ヘカテ デジタルリマスター版(1982年製作の映画)

3.4

『愛はそれ自体、ひとつの錯誤である』
ダニエル・シュミット監督。

この映画を一言で表すなら、監督のこの言葉そのまま。

大使館主催の豪華絢爛なパーティーで、ふと物思いにふける外交官のジュリアン(ベル
>>続きを読む

水を抱く女(2020年製作の映画)

3.5

個人的には好きなタイプの恋愛物でした。

長くなったので感想は、以下にぶん投げました。
https://note.com/trumpetvine0713/n/n4c7a6ec54eab

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.8

ち○こを巡る冒険(ちょっと違う)

グロテスクでキュートでち○こなストップモーションアニメ。

生殖能力を失った人類の未来のため、地上の人間は地下で繁殖する生命体『マリガン』の生体調査を開始する。調査
>>続きを読む

愛のコリーダ 修復版(1976年製作の映画)

4.2

定吉二人キリ

昭和の猟奇殺人事件として有名な『阿部定事件』

料理屋吉田屋の主人・石田吉三と不倫関係にあった女中の阿部定、2人が都内の旅館に滞在しつつ愛慾の限りをつくした日々とその結末。

全編エロ
>>続きを読む

ゾンビ・インフェクション(2011年製作の映画)

3.7

Zombie infection→ゾンビ感染
タイトル通りのストレートなストーリー。

ロシア発のインディゴアホラー。

OPで、人々をゾンビ化させるウィルス『ゾンビスリー』を開発したらしき科学者が「
>>続きを読む

マーラ(2018年製作の映画)

2.8

寝たらマーラ(悪霊)に殺されるぞー。
という金縛りもとい脳眠麻痺ホラー。

犯罪心理学者のケイト。
睡眠中に殺害された(ように見える凄い寝相)男の容疑者として逮捕された妻の精神鑑定を行うが、妻の証言に
>>続きを読む

ハイヒールを履いた女(2012年製作の映画)

3.1

エルザ・ルーウィンによる同名小説『I,Anna』を元にしたミステリー作品。
原作未読。

監督は主演のシャーロット・ランブリングの息子バーナビー・サウスコム。

独身パーティに足を運んだアンナ(シャー
>>続きを読む

サタニック・ビースト 禁断の黒魔術(2018年製作の映画)

3.1

召喚された悪魔もドアからスタコラサッサと退出するんだなwww
と終盤で笑ってたら、その後の結末にひっくり返ることにwww

ブラジルの森深ある村に住むクララは、瀕死のハゲのおっさんと出会ったことで、麻
>>続きを読む

ロッコ:ポルノスター引退宣言(2016年製作の映画)

3.0

イタリアの種馬(マジ巨根なので)と呼ばれる第一線で活躍してきた伊のポ○ノ男優ロッコ・シフレディの2015年か2016年の引退宣言直前の密着ドキュメンタリー。

彼は何回か宣言して引退したものの、俳優だ
>>続きを読む

血を吸う粘土~派生(2019年製作の映画)

2.9

カカメちゃんヘアチェンジした?
前回おかっぱ→今回つるっパゲだったような。
グロ可愛いから○

前回カカメちゃんに殺された伏見(ツダケン)の骨からカカメちゃんが蘇り、案の定の血祭りやっほいに。

女の
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリー+リアリティーショー。

『12歳の少女・ティンカ』という偽垢を作り、18歳以上の女優3名が少女ティンカに成りすます、垢開設と同時に男性からのフレンド申請がくるわくるわ。
Skypeで
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

2.9

『あなたがホムンクルスを見ている時、ホムンクルスもあなたを見ているんですよ』

漫画原作の映像化。
ちなみに原作は全15巻あり、これを2時間弱にするのはハードル高かったなーという印象です。
原作は昔読
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.5

あなた、誰なの?

再鑑賞、今敏監督作のサイコスリラー。

虚と現の境目が歪んで、観ているこちらもグラグラ。

ヒロインの霧越未麻がアイドルグループから脱退し女優へ転身したことを契機に、もろもろの事件
>>続きを読む

The People Who Own The Dark(原題)(1976年製作の映画)

3.6

乱交パーティをする予定だったのに……。

郊外の古城で密かに予定されていたパーティ。
医師やビジネスマン(お金持ち)軍の将校などの男性数名と集められた美女達。
ローブに着替え、マスクをし、地下の会場へ
>>続きを読む

Una libélula para cada muerto(原題)(1975年製作の映画)

3.4

英題の『Dragonfly for Every Death』を訳すなら『全ての死はトンボのために』とかかなあ?
(己の語彙力の惨敗)
レオン・クリモフスキー監督による1974年作のジャッロ。

ミラノ
>>続きを読む

La orgía nocturna de los vampiros(原題)(1973年製作の映画)

3.4

吸血鬼物だけど、演出がゾンビっぽくもある1973年作のホラー。
先日の鑑賞に続いて、レオン・クリモフスキー監督作。

バスの運転手が心臓発作を起こし、急遽、ドライバーを交代したものの目的地まではまだ遠
>>続きを読む

ゾンビの怒り(1973年製作の映画)

3.6

テケテケテッテー♪
コーラス(ウーアーウーアー)♪
な、ファンクでディスコなスコアが流れる、ご機嫌?な1973年作のゾンビ映画。

ブードゥー教の呪術で、ある特定の家系の女性をゾンビ化して使役して復讐
>>続きを読む

劇場版 幼女戦記(2019年製作の映画)

3.8

TV版からの続編。

ヒロインの思惑通りに第一線から退き後方にて悠々自適な部署についたものの、ある日1本の電話にて、再び戦場へ駆り出されることに。

何故だ!!!と激怒するヒロイン。
そして存在XはT
>>続きを読む

>|