ざきさんの映画レビュー・感想・評価

ざき

ざき

(2017年製作の映画)

3.5

久々のショートフィルム。時が経ってしまった男女の再会はこんなにピュアでもどかしい雰囲気なんだろうか。そして下品すぎないエロス... けれども、エンディングでyonigeがかかった時は自分の持っていたテ>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.5

俳優陣が全員いい。キャスティングがドンピシャ。その中でもMVPは太賀。人の感情を揺さぶる演技が上手すぎるよ。脚本の強度がやばそうなので、もう一度見たい。一つ一つのシーン・発言に意図がありそうな印象。>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.5

大瀧詠一さんの音楽が流れると多幸感に満たされていく。登場人物もインテリアも衣装もチャーミングでずっと鑑賞していられそう。

新聞記者(2019年製作の映画)

4.5

内調情報操作室の暗い照明と東都新聞に射す日光の映像演出のコントラストが美しかった。実際の政治事件を彷彿とさせる出来事だらけなのに、よく映画にできたな。最後で溜息。形だけの民主主義...

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.0

肩書とか所属する組織で自分を定義するのは空虚で、どれだけ物事にパッションを持っているかがその人間の魅力と充実度を定義しているっていうのをメッセージの一つとして受け取った。それを高校生のスクールカースト>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.5

福山雅治と石田ゆり子の配役が絶妙でそれ以外考えられない。
マネージャーみたいな、狙った男を手に入れる為なら手段を問わずに実行し、平気で過ごしていられるような女の人、僕が知らないだけで世の中に沢山いるん
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

伏線を随所に散りばめてるけど自分は回収できず。5羽の鳥、ピーナツクリーム、十字架、重森の娘からの2度目の電話。
福山雅治、役所広司、広瀬すず。どの役者も演技がよかった。
広瀬すずは青春映画での役よりも
>>続きを読む

アイヌモシリ(2020年製作の映画)

4.0

アイヌの伝統と継承と誇りを中学生の主人公の葛藤と成長を通じて表現した映画。

ドキュメンタリーではなく、映画として現代のアイヌを描いているのは文化的な資産にもなりそう。しかもキャストはほとんど現地のア
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

-

赤青の色使いが綺麗。2人の喧嘩の長いカットに耐えれず、途中で挫折。。。僕にはまだ難解だった

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

痛みや法律違反のリスクを乗り越えて仲間として認められることだったり、様々な家庭環境や人種が繋がる場所としてのストリートの存在だったり、は経験してないけど、思春期の最低と最高が詰まってて共感してしまった>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

極東のビジネスマンを演じる永瀬正敏が登場する最後のシーンがパンチ効いてて、引き締まっててよかった。ずっと薄いコーヒーを飲んでて最後に酸味のあるコーヒーを飲んだような気分。神の遣いのような登場と去り方だ>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.0

観たことないのでやっと観た。最先端の仮想空間の世界やマーベルによくある悪のモンスターを倒すのを地方の大一家と絡めて描いてるのがいいなぁ。アカウントのっとりや世界危機とは違うけど、ネット空間で様々な人が>>続きを読む

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

3.5

銭湯入って、クラブ行ったも実らず、始発まで缶ビールを片手に街をふらつき、夜明け前の屋上で漠然とした未来を感じ合うこの関係性いいよなぁ。
最後10分の映像が綺麗すぎてずるい。
映像の彩度の低さと光の柔ら
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.0

特に起伏のあるストーリー展開ではないけど、フィルム調の映像が綺麗でずっと見てられる。ラストのラジオ演出が好きだった。海街diaryが好きな人は楽しめそう。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.5

教養が足りない。あとルネサンスから1890年代までの芸術家はなぜこの映画では扱われなかったんだろう。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

同じ格差社会を描くにしても、万引き家族は終始シリアスなリアルさを持っていた一方で、本作はコメディの要素を中心に貧富の差を徹底的なコントラストで描いてた。リアルを描いていたのかな。そういう意味で全然スタ>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

岩井俊二映画を初めて映画館で観たー。どうしてもラブレターと比較してしまうと、ストーリーには納得感はなかった。また、今作は豪華俳優陣が多くて彼ら彼女らの持つキャラに映画が多少呑み込まれてしまった印象、特>>続きを読む

ひかりの歌(2017年製作の映画)

4.0

鑑賞直後はあまりいい作品とは思わなかったが、観終わってからじわじわと気持ち悪くなったり、暖かくなったりした。

光にまつわる詩を元にした4部構成。
懐中電灯、自販機、始発の電車、ビニール傘越しの看板。
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

5.0

とにかく多くの人に観て欲しい。
愛と正義についての物語。


○ 何でルディはあんなに愛情を配ることができるのか?
ルディはゲイバーで働く同性愛者、マルコは薬物依存の母親の元のダウン症の子供。
理不尽
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.5

ヒューグラントのユーモアある役好きだなぁ。同居人はかなりバカだけど要所で肝心な言動をするの好き。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これは自己愛についての映画なんだな。
「他人」のことが好きでたまらないように見えて、実は「他人のことを好きでいる自分」のことが好きでたまらないのではないだろうか。仲原くん、心に染みたなぁ。

・てるち
>>続きを読む

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

-

特にストーリーはないが、ずっと観てられる癒し映像。橋本愛主演の無印良品とか北欧、暮らしの道具店のプロモーションビデオを観ているよう。

シャイニング(1980年製作の映画)

-

怖すぎ 幽霊より人間の方が怖い エスター思い出した

天気の子(2019年製作の映画)

-

さすがに川村元気に今回ばかりは負けたわ もう1回観たい

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

5.0

めちゃよかった。言語化はあとで。とりあえず主題歌のtofubeatsの曲はもともと知ってたが、この映画にピッタリすぎた。歌詞が染みわたってエンドロールを眺めたのは初めてかな。こういう人間くさい映画大好>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.0

妻夫木聡は大学生の役がしっくりくる。
カットが長くて気になったけど、最後くるりが流れて納得した。
ラストに人間っぽさが表れて好きだった。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

きのこ帝国がまさか主題歌だったとわ。いじめに立ち向かっていくシーンと手話が役に立つからのシーンが好きだった。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ボクシングに夢中になり始めてから面白かった。

登場曲で「100円100円100円〜♪」は流石に吹いた。

>|