ZAKIさんの映画レビュー・感想・評価

ZAKI

ZAKI

  • 17Marks
  • 26Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ザ・ダイバー(2000年製作の映画)

4.4

今までずっと敵だった相手が味方になるというのは漫画やアニメだけの話だと思っていたけど、これが実話ということに衝撃しかない。

ディバイナー 戦禍に光を求めて(2014年製作の映画)

3.5

ブルーモスクのシーンは最高だった。いつか本当に現地へ行きたい。

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.0

原作読んでましたのでどんな出来栄えなのかと怖いもの見たさのような気持ちで観に行きましたが、思いのほか原作に忠実で戦闘シーンもしっかり作り込まれてましたので、自分は特に不快感なく面白いと思って観れました>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

主人公が犯人の行動を予測して監視カメラの映像を集めていくシーンが1番心に残りました。
1番の大活躍シーンだと思います。

LBJ ケネディの意志を継いだ男(2016年製作の映画)

3.8

ケネディ大統領が暗殺された話はテレビでよく放送されるが、その後の大統領が何をしたのか知る機会が無かった為、映画でいろいろ知ることができた。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.5

彼ら程危険が伴う仕事をしたことは無いが、以前評価業務をやっていた自分からすると中々感慨深いものがある。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

-

最高でした。
こんな素敵な映画をもっと沢山観ていきたいと思います。

トスカーナの休日(2003年製作の映画)

-

住みたい場所とまではいかないが、行きたい場所ではある。

ボーダーライン:ソマリア・ウォー(2017年製作の映画)

-

これが実話を元にした作品ということで、アクション映画とはまた違った緊張感があり、なかなか見応えがあった。1番気に入ったのは現地の通訳者とかたい絆が結ばれたところは最高。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

-

この映画で1番好きなシーンはスカイダイビングで降下する前のエドワードとカーターが口喧嘩するシーン。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

-

会社の同期にオススメされた映画だったが、自分もこの映画は人にオススメしたいレベルの作品。

1916 自由をかけた戦い(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

物語の中盤から主人公の当初の目的が希薄なっていったのが残念なところ。最後はよく分からんけど戦争が終わって独立という流れがどうにも腑に落ちない感じ。粗を探せばいくつも出てくるから酷評はここまでにして、残>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

-

最初から最後まで内容の難しい映画だった。インターステラーを見ても思ったが、相変わらずぶっ飛んだ脚本をよく作れるなと驚かされる。

インターステラー(2014年製作の映画)

-

序盤の伏線を終盤で一気に回収した点に関しては評価に値する。