TADさんの映画レビュー・感想・評価

TAD

TAD

ポジティブに、本の帯に書かれているお勧め文の様に、短い言葉で感じた事を。
星は5か0かしかつけません。

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

5.0

彼女にはまだ“色”がないだけだ、それでも踠いて生きる様に応援せざるを得なくなる。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

5.0

オープニングシーンからも伝わってくる異色感と、面白さ!ライアンはトイレする姿も似合うのか!
激しく続編希望!

ダンケルク(2017年製作の映画)

5.0

僕はいったい何を“観た”のだろう?いや、寧ろ何処に“行っていた”のだろう?
クリストファー・ノーラン監督作『ダンケルク』は、僕らを「歴史」の中へ誘い、真の“英雄”と、その姿を教えてくれる。
凄い!

アシュラ(2016年製作の映画)

5.0

ただただ、画面から溢れてくるエネルギーと悪の匂いがたまらない!踠いて、足掻いて、お前の愛を見せてみろ!

パターソン(2016年製作の映画)

5.0

“日常”について。
日常って、時間との闘いで、それでも時間と共生していかなければいけなくて、その事から「日常は時間の呪縛だ」と思っていた。
『パターソン』は、そんな日常に隠れている奇怪さ・楽しさ・優し
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

“逃がし屋”ベイビーから、
“逃げない”勇気を感じる!
「音」が見える!暴れ出す!
文句なしの面白さ!

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

5.0

女性解放運動の旗手から、“女神”へ、“英雄”へ!

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

5.0

僕達は、何故トラウマとなる様な作品を観るのか?それは画面に映る全てが生々しく、エネルギッシュに、人間の弱さ・過ちを教えてくれるからだと思う。『哭声/コクソン』はそれを遥かに凌駕して、信じることの脆さを>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

5.0

最高、最強のラブストーリーであり、引退作品!アメコミはもっと僕らを“強く”する。是非!

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

5.0

冒頭からのモリコーネの音楽が、これからの出来事における不安を見事に掻き立て、知らぬ間に引き込まれていく。タランティーノ監督になら脳天ぶち抜かれても良い!

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

5.0

オープ二ングからの挑発する演出。パズルのピースを埋めるように背景が見えてくる快感。ケビン・ベーコンの怪演の爽快感。堪らない面白さ!是非!

怪物はささやく(2016年製作の映画)

5.0

生も死も、罪も罰も、怒りも優しさも、相反する全てが愛おしく胸を締め付け、温めてくる。誰にでもいるであろう“怪物”は涙する愛を教えてくれる。是非!

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

5.0

愛する人の死から解放され、
前に進もうとする人々への応援賛歌。ショットのひとつひとつがツボ。さすがJJ!

>|