ドカベンさんの映画レビュー・感想・評価

ドカベン

ドカベン

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.7

大根仁が脚本だから、モテキが思い浮かんでハードルを上げすぎてしまった。

ただ、水原希子がヒロイン役として、かなりマッチしてたのはよかった。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.9

いい意味でマーベルっぽくなかった。

ベタな展開だけど、それが面白かった!

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.3

今回もひたすらキアヌの機械化されたようなヘッドショットヘッドショットの連続。

ストーリーは前作より仕上がってる分、少し中だるみする部分はあると感じた。

次作の方がもしかしたら、面白い??

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.5

単純に面白かった。

内容が第二次世界大戦の沖縄戦だから、洋画とは言え内容が入ってきやすい。

ノンフィクションとは思えぬ、主人公の勇猛果敢な行動に対して心打たれる。


沈黙といい、アンドリューガー
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.7

周りの子どもが楽しそうに観てた。
老若男女問わず楽しめるんだろう。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.6

エマ・ワトソンがキレイだったし、ミュージカル映画としても素晴らしかった。

ただ、恋愛ものだし、男女間で感想のギャップはあるなぁと感じた。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.2

前編は盛り上がりに欠ける形で終わったけど、後編はそれをチャラにできるほどストーリーがしっかりしていた。

神木隆之介がカッコよかった。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.4

人気のあるマンガの実写化だったけど、これは成功の部類には入らないと思う。
そして、たけしのアウトレイジ感が凄かった!

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

CGや演出にとてもお金をかけていて、迫力があった。

ストーリーもよかった。。。

この迫力はぜひとも映画館で感じて欲しい。


ただ、エンドロール後の一幕はちょっとやぶ蛇に感じてしまった。。。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.5

将棋盤のスポ根に近い映画であった。個人的に佐々木蔵之介の迫真の演技が素晴らしかった。
まだ後編を観ていないから、評価しづらいですが、とりあえず後編も観たいとは思いました。

あと、有村架純が好きなら観
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.6

だいたい落ちは読めたけど、緊迫感とか伏線の回収とか考えるととてもよくできた映画だと思う。

セル(2015年製作の映画)

1.0

スティーブン・キングだからということで観賞した。けど多分2017年で一番最低な映画の一つだと思う。

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.0

解説を読んでようやく理解した。
俺が主人公なら最後の選択はできない。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.6

男らしい映画。
出演者みんながみんなかっこいい。ただ、結構ありきたりな映画なのかなとは思った。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いわゆる、どんでん返し系の映画。
沈黙もみたけどこの監督はハラハラさせるのが得意なのかな。。
他の作品ももう少し観たいと思う。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.8

素直に面白かった。迷った挙げ句映画館に観に行かなかった自分に後悔した。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.8

話題のノンフィクションを観ました。
言われてみれば、「こういうことも昔の日本ではあったのだろうな。」
と感じた。`宗教の話は他人に話すな´の起源はここからなのかもしれない。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

アクションも多いが頭を使うミステリー部分が多い。
最後にしっかりと伏線回収がされて、前評判よりも良かったと思う。

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.5

最初1時間はダラダラと話が進む。
最後30分で話が急展開になる。
ヴァイオレンスな映画。

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

伏線回収した。
4,5作目いる必要ない。