ShihoTakahashiさんの映画レビュー・感想・評価

ShihoTakahashi

ShihoTakahashi

映画は情熱の暇つぶし。

評価2.5が好きか嫌いかの基準。4はかなり面白い。

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.2

楽し過ぎて泣けてくる。

"私の美しさも、あなたの優しさも悪意を引き寄せるの。"

この映画の全てを突き動かすセリフ。
どんちゃん騒ぎの憂いを、音楽が掻き立たせる。感覚に直に訴えかける音。感覚的に好き
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.3

今の気持ちはあったかい。
ジム・ジャームッシュのパターソン観て、すごく楽しいのに心がぎゅってなって、1人になってなぜか泣けてしまうしまうことあるよなって感覚思い出した。
幸せすぎると、いつかの終わりを
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.1

映画館で観れてよかった〜。
まさにミュージックビデオだね!
内容もライトでキュート!
後半のハチャメチャさ超B級、、、。
こりゃわいわい観たい映画だな!
easyはやっぱ良い曲だなあ。
私はウェイスノ
>>続きを読む

君はひとりじゃない(2015年製作の映画)

3.6

こういう感覚を持った人がこういう題材を映画にしてくれたっていうことがなんだか嬉しく感じた。
なんだか、あの霊媒師が時折松居一代を思わせるぶっ飛び感かつ、熱いハートを持った奴でかなり好きなキャラ。
すご
>>続きを読む

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

4.5

言葉と笑顔が沁みた。

最近母性本能が沸いてこうゆうのすぐ泣く。やばい。

台北ストーリー(1985年製作の映画)

4.2

エドワードヤンの映画が好きだ。
何気ないセリフや、登場人物の機微。
鮮やかなネオンをバックに二人の黒い影、街を走るバイクのシーンの疾走感、パーフェクトな海のシーン…とか、明らかに映画的な喜びが詰まって
>>続きを読む

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男(2014年製作の映画)

4.1

かなり楽しかった。
何回も見たい。
気持ちがみなぎります。
ボビーがかなり素敵な優しい眼をしていてぐっときた。

ローマ法王になる日まで(2015年製作の映画)

3.5

予告編で、すごくロドリゴデラセレナの顔がいいなあっと思って期待を胸に鑑賞。
やっぱ良かった。

葛藤と言う言葉が顔に張り付いていた。
現法皇フランシスコさんが必ずしも「きれい」に描かれてはいない。
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.5

良かったなあー!
登場人物それぞれの 尺度 が際立っていて、ここの人物の絡みを俯瞰して感じれる映画の醍醐味を味わえた。

中盤、タクシー乗る前の、

あんたと俺とじゃ全然違うんだよ!!!
ってのが響い
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

ポスターやチラシの『泣ける』感じの内容ではなかった。
観ている最中私はかなり辛い気持ちになった。

まず、観おわったあと、絶対してはいけない、不幸をよぶ犯罪をしてしまった2人の美談に感じてしまったもや
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

4.0

とにかくみずみずしいね!
『光りをくれた人』みたあともやもやっとしてたからみて少し救われた。

本当に素朴なストーリーなんだけど、散りばめられるマレーシアという他民族国家ならではのこの感じ。宗教の違い
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.2

私このシリーズ大好きなんだな。
この回ではネズミ顔のジュリーデルピーが、ネズミのモノマネするとこが一番好き。
会話劇に時々ちらっとイラつきつつ、最後がいつも素敵。
ずっと余韻に浸りたいようなこの感じ。
>>続きを読む

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.6

パクチャヌクにハマってる。
漫画的な激しい感情が全編貫かれていて超面白い。
クソ役が本当にクソで。クソ役うまい役者に恵まれていて、これはパクチャヌクの人徳のおかげなのでしょうね。
もともと韓国の映画
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.6

最近やっとみたブロークバックマウンテン然り、ナイトクローラー然りジェイクがクセになりつつある…。というかかなり好みの俳優だ!
ジェイクが出てる映画はまさに表情に釘付けになる。
ダスティンホフマン、デニ
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.4

とってもいい作品だった!ケンローチ最後の作品かもしれないね!
本当にいい映画。
これは心のある人には勧めたい映画だな。
ダニエルが不器用で、愛があって、頑固で、優しくて、正直過ぎで、アナーキーで。
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.3

どかんと来る作品ではなかったんだけど、なんだか黒人のマッチョなイメージを繊細に覆すような作品だった。
質感はハーモニーコリンを彷彿とさせる感じ。
主人公の少年期と、青年期と、中年期手前?をそれぞれ違う
>>続きを読む

神聖なる一族24人の娘たち(2012年製作の映画)

3.7

札幌シアターキノで一夜限りの一回上映だったのだけど、まさかのアンコール上映していただけたので鑑賞!
勝手に内容を…とある民族のささやかな生活の中に渦巻く生のタブー…(ポスターがキッチュでチャーミングだ
>>続きを読む

>|