tokkuさんの映画レビュー・感想・評価

tokku

tokku

ヴァーサス(2016年製作の映画)

3.0

もう格闘シーンとかストーリーはどうでもよくて、前から気になってた「ボーン・スプラマシー」のラストに出てた美人さんオクサナ・アキンシナを堪能しただけでした。

ルーザーズ(2010年製作の映画)

2.6

ありきたりのパターン。謎のオネーちゃん出てきてからつまらなくなった。

シャットダウン(2018年製作の映画)

2.5

チェコの映画。AIハウスの凄さがまず伝わらなかった。ツメのあまい。

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.0

ライアン・レイノルズってこの手の役は似合わない気がする。デンゼル・ワシントン目当てで観た。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

会計士が裏の顔を持ってたって話し。アクションやサスペンス要素もあってバランスが良いストーリー展開で楽しめた。ただ自閉症設定はいらなかった気がする。

囚われた国家(2019年製作の映画)

4.0

これは傑作映画でしょう。
ラストがエモい。
ちなみにエイリアンは殆ど出てこない。

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.0

途中まで面白かったんだよな。
ラストがなぁ...早い段階で教えてれば済んだ話しだろ!

REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇(2011年製作の映画)

3.0

RECってリメイク含めて6作あるとは知らなかった。これはオリジナルの2とは別物のリメイク版の続きらしい?

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.9

猿の惑星シリーズはほぼ間違いないな。
シーザーが一番人間らしいしシブい。

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.2

痛快親父アクション。とにかくテンポが良い。
あと音楽のセンスがよろし。パット・ベネターのハートブレイカーかかった時はテンションあがったわ。

プリースト(2011年製作の映画)

3.0

近未来、ヴァンパイアVSプリーストのアクション映画。コテコテのストーリー展開だが楽しめた。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

4.0

ただの恋愛映画じゃなく重くて辛く泣ける映画でした。昔観た「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」の時に凄い女優だと思ったケイト・ウィンスレット。今作も素晴らしい。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.7

なかなか面白かった。手の込んだ復讐劇。騙されたのは刑務所での面会シーンでエリックとアレックスの立場が逆だと思って観ていた...
ただ疑問なのはエレーヌの自殺やカテリーナが撃たれるのはある程度予想してた
>>続きを読む

たちあがる女(2018年製作の映画)

3.0

最初は生演奏や生歌の演出がなんじゃこりゃ?だったが、そのシュールな感じが後半にはこれはこれでありなんだと思うようになった。
環境問題は難しいな...

アトラクション -侵略-(2020年製作の映画)

2.8

前作同様映像は凝っているのに、登場キャラたちが薄っぺらで感情移入出来ず。そもそもなんでユリアが狙われるんだ?

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.0

リメイク版。これはこれで怖いんだけど、オリジナルが完成されてたのでリメイクする必要性があまりないような...

ザ・クーリエ(2019年製作の映画)

2.9

オルガ・キュリレンコやゲーリー・オールドマンが出てるわりにパッとしないな。格闘シーンに無理があるし、音楽の使い方がウザい。そしてマニングス殺らないと話し終わんだろ...

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

戦車戦がここまで緊迫感あって面白いとは...
エンタメ性に優れた作品に仕上がってる。
ロシア映画頑張ってるな!

TENET テネット(2020年製作の映画)

2.8

難解過ぎて訳わからん!逆行ってなんやねん?
多分、何回観ても理解出来ないだろうな...
そもそもタイムトラベル物は必ず矛盾が生じるから苦手。まっ、憎々しいセイターが殺られて世界も救えたからよしとするか
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

この映画をもう一度観たいかと問われれば観たくないと答える。でもこの映画を観て良かった。

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.5

コメディホラー映画。子供たちが可愛い。ベイダー卿がナイスですねぇ。テイラー・スウィフトのシェイク・イット・オフってあまり好きな曲じゃなかったけど映画で歌ってるのを聴くといい歌に聞こえる不思議...

勇者たちの戦場(2006年製作の映画)

3.8

イラク戦争からの帰還兵たちのPTSDに悩まされる話し。この映画はどんなラストになるのか想像できないしラストが無い映画だと思う。重い。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.6

でっかいサメパニック映画。ステイサム兄貴じゃなくてもいいんじゃない?って感じ。
中華映画にありがちなサムいジョークが勘弁...
なんか緊張感や緊迫感をあまり感じず。

ブラッディ・ホステージ(2015年製作の映画)

2.8

主人公の親父がクズなんだけど憎めないクズ?まっ、クズはクズか...唯一娘に対しては良い親父っぽい。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

昔観た「ジュマンジ」の続編?いい意味でバカバカしい映画だと記憶してるけど引き続きバカバカしさは継承してる。何も考えずに楽しめる映画。

観察者(2021年製作の映画)

3.9

アマプラオリジナル。エロティックサスペンス。面白かった。シドニー・スウィーニーが演じるピッパが墜ちていくさまは結構胸糞だったがラストからの展開がドンデン返し...復讐の仕方もなるほどねな感じ。まっ、騙>>続きを読む

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.0

評価が難しいな...良い映画なんだけど音楽が趣味に合わず。あとあの手紙の行方が描かれていないので気になったまま終わってしまった...結局読まれていないって事なんかなぁ?

リーサル・コネクション(2019年製作の映画)

2.5

初モンゴル映画。ただアクションみせたいだけの映画でした。

美しき暗闇の中で(2017年製作の映画)

1.5

モノクロ、ロシア、電車や背景は昔っぽいのにノートPCとか使ってて設定がよくわからん?まっ、それを差し引いてもつまらなかった...

パリに見出されたピアニスト(2018年製作の映画)

3.7

ベタだしクソみたいな邦題でストーリーやラストもある程度想像出来てしまうが安定した心地よさだった。余計なシーンとかも多々あったけどご愛敬か...

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.5

とにかく海の映像が綺麗。サメ物の映画なのでストーリーは言わずもがなだけど上手くまとめて凝縮させてるのが○
カモメが良い味出してる。

>|