WataruNishizonoさんの映画レビュー・感想・評価

WataruNishizono

WataruNishizono

映画(222)
ドラマ(7)

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.5

十何年かぶりにみた

ドロボーとの本格的なバトルはラスト30分ぐらいで、母さんが帰るために苦戦したり、ひとりで色々できるようになったり、人助けしたり意外と色々あったんだなー

イタズラしたくなってく
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.3

お調子ものおデブいい

場面転換ババっとやったり移動はしょったり短いカットつなげたり多用するのがスピード感あって特徴的

ゾンビ襲ってきてる中レコード流暢に選んでるギャップ面白い

最初くだらない屁の
>>続きを読む

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ふざけすぎな日本人通訳笑った

うまくいくシミュレーションでフリ作って実際全然できないパターン好き

何億とかする絵に監視カメラつけてないんかい

「全て計算通りだった」ってどんでん返しするには伏線な
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

-

色と音楽と動きとカメラワークとどんどんえぐみを増していくのに身体が逆らえずしんどくなくっていって拷問かと思った。

97分がとてつもなく長く感じて終わった後も気だるさが抜けきらないはじめての感覚

>>続きを読む

赤ちゃん泥棒(1987年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

単なる脱獄も泥沼からモンスターみたいに這い上がらせたり印象的なシーン作るのがうまい

銀行強盗で動くなっていいながら伏せさせようとするギクシャクした間抜けな感じいい

賞金稼ぎのキャラも強烈でここだけ
>>続きを読む

ミラーズ・クロッシング(1990年製作の映画)

3.9

マフィアじいさんの身軽さと無敵さに笑った

子供がカツラ持ってっちゃうの趣旨と関係ないけどみんな勘ぐってて面白い

つい頭良くて完全無欠な主人公であって欲しいと思ってみちゃうけど、セリフと裏腹に人間的
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.3

事件解決だけじゃなくて主人公の問題も並行して語られて最後につながっていく展開が良かった

ラスト考えると納得だけどむやみに犯人刺激しすぎだったりもっとクレバーでいてほしいとこあった

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

おもしろーー!!

儀式みたいな気持ち悪い音楽好きだなー

「ホラーといえばこれでしょ」みたいなそれっぽいイメージをそのまま繋げたような感じじゃなくてつなぎのワンシーンとかにもアイデアこらしてていい
>>続きを読む

アルカトラズからの脱出(1979年製作の映画)

4.0

ジャケットからカッコいい

王道な展開だけどBGMとか効果音もひかえめで、変に派手にしようとしてないのが良かった

ただ柵をのぼったりおりたりするとこも普通ならここでバレるでしょってぐらい長く間を使っ
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

1.5

ひたすらみんなから責められるベンスティラーが不憫すぎてイライラしてしまった

フォー・ルームス(1995年製作の映画)

4.5

ティムロスのなんも考えてなさそうで喜怒哀楽はっきりしたズルバカっぽい感じすごい好き

監督が大まかな設定を共有して各自でストーリー作ってつなげていくの面白い。

前の監督のが後のに影響してる部分もあっ
>>続きを読む

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

3.6

刺激的なことは起こらないけどソフトな心地よさが続く

テレビ一緒にみたからちょっと打ち解けたり、また理由もなく冷たく当たったり

因果関係とか動機のはっきりしなさがリアル

もらったドレス気に入らない
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

3.7

みんな思ってるけど言わない、みたいなストレートで本質的な疑問を投げかけてくるけど、子供みたいに純粋でコミカルなpkが代弁するから重くなりすぎないでちょうどいい

クリーム口の周りに付け直すとこいい
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.8

ジョーペシがキレないクールな男

アルパチーノプライド高そうな頑固オヤジうますぎ

日本語ドアップ字幕ハックされたかと思った

登場した瞬間に何年に死にましたみたいな字幕面白い。

ドアちょい開けかぶ
>>続きを読む

バーバー(2001年製作の映画)

4.5

一番無口な主人公がずっとナレーションしてるのいい

宇宙船の話する奥さん目が完全にイッてて超怖い

髪についての不思議な雑学混じえてストーリーのメタファーにしてるの面白い

全身真っ黒とか半顔真っ黒と
>>続きを読む

ホテル・シュヴァリエ(2007年製作の映画)

3.5

横長な画面が印象的

黄色が映える

歯ブラシの時間が短い

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.2

演技みんなよかった

刑事役の人スリービルボードの時と全く雰囲気違って凄い

情報提供する人とか脇役もちょっとずれた感じのキャラでいい

実話じゃないんかい

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード(2003年製作の映画)

3.0

メキシカンな赤茶けた映像の雰囲気好き

将軍とか敵ボスの殺し方かなりシンプルでもうちょっと爽快感ある仕掛け欲しかった

ジョニデ後半から急にいいやつっぽくなったけど感情移入しづらめ

エース・ベンチュラ(1994年製作の映画)

3.5

指輪探すための作戦面白い

犬の可愛さで絵が持つ

壮大な音楽でしょーもないことやるの好き

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

4.4

1あっての2だけどより好き

悲惨な結果わかってる上での長い会話緊張感ある

ベストキッドみまくってた身として地味な修行の成果出るの気持ちいい

トイレ流して水攻め避けるとこ面白い

vsエルとかビル
>>続きを読む

デッドマン(1995年製作の映画)

3.6

間が長くて5回ぐらい寝たけどよかった

場面転換の暗転と即興演奏のギターがあってる

説明は少なく疑問を抱かせたままストーリーが進んでいくからずっとミステリアスな雰囲気

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

3.7

超クソ野郎のドクターだしたり、親指に話しかけるとこ良い

アクション面白いとこあるけど大勢相手にずっと刀で無双してると少し飽きてくる

コットンなんたらのスゴ腕感もうちょいラストバトルで欲しかった
>>続きを読む

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

3.5

マチェーテづたいの電気ショックとか殺し方相変わらず面白い

アイデアのレパートリー減って普通に戦って勝つだけのとこ増えて若干退屈

エル・マリアッチ(1992年製作の映画)

4.5

メイキングと副音声解説が良すぎてDVD買ってしまった。

主演と敵ボスのほかは素人ノーギャラで現地住民らしいおどろき

ストーリー超面白いわけでもないけど撮影の工夫に溢れててすごい

マチェーテ(2010年製作の映画)

3.9

腸ロープウケる

ゲーム対戦みたいに画面半分ずつのカットいい

ジャンピングマシンガンのCG雑さ笑った

デスペラードにつづきラスボスの殺し方雑なのが好きなのかな

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.7

数十年誘拐されてた子✖️ハマってたテレビ番組

っていう普通じゃない設定にギャップある要素組み合わせてるのが面白い

映画の中で映画作ってる人達みるのいい

デスペラード(1995年製作の映画)

4.2

冒頭のバーシーンの入り緊張感とミステリアスさと只者じゃない感あって好き

タランティーノの小便のムダ話面白い

ちょっととんち聞いたくだらないジョークいい

吸い殻を死人の口に落としたり二丁の銃彼女の
>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

4.4

高カロリージャンクムービー

いつキレるかわからないやついると緊張感あっていい

細切れに一瞬だけバイオレンスなカット混じらせるのカッコいい

タランティーノの性犯罪者感すごい

ちんこ銃とか十字架
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.3

登場人物の無垢さというか、純粋で少し間の抜けた雰囲気が好き

黄色っぽい色みも音楽とストーリーのテンポもいい

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

4.1

カメラワークスピーディだったり、役者中心にグルグル回ったり、鳥視点だったり、面白い。

ちょっとだけ早送りになる編集とかもいい。

ストーリーも区切りついてて見やすい

>|