やさんの映画レビュー・感想・評価

や

(2017年製作の映画)

-

映画を見る時
ただスクリーンを見ているんじゃなくて
もっと大きな世界に入り込む感覚で作品を楽しんでいるんです

映画ってすごく広い世界を生きているんです

その大きな世界を言葉が小さくしてしまうほど残
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

-

すばらしかった
すばらしすぎた

この作品の空気が、温度が見始めてからずっと見終わってもずっと纏わりついてて

人の肌って美しいな

手話の子のオーディションの時の表情も美しくて

海沿いで2人でタバ
>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

-

これを見てからしばらくブルーハーツしか聞けんかった

私も爆音で聴くeastern youthに救われたことがあったな〜と思ってちょっと泣いた

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

-

夫婦2人が写ってるシーンの光の入り方と空気が優しくて良かった

人間の悪意も卑しさも気持ち悪くてキモくてキモくて嫌になりそうだったけど
あんな風に寄り添い合える人が居ったら
なんとか生きていけるかもし
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

-

タルコフスキーは映像と音を設計しながら音楽を作っている、作曲家のような映画監督だと坂本龍一さんが言っていたので見ました。
音楽が風景として存在する
映画音楽で一番好きな在り方

寝てしまった

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

-

自分の中で大事な作品

久々に田舎に帰った時に感じる老いや
都会に戻る時に何も言われんけど寂しそうな目をしてるところ

>|