あずまさんの映画レビュー・感想・評価

あずま

あずま

ジャンル問わずワクワクするものが好きです!!

いろんな人のレビューを見るのがすきなので気軽にフォローしますすみません!!!笑
#あずまの~お気に入り

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.6

フィルムのあたたかさがしみる!

そして再確認した、妻夫木くんの映画俳優としてのポテンシャルの高さ!!

画面映えはいいし、なんだろう、彼の演技ってほんとにいい。まるで偽物じゃないみたいな微笑み、優し
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.5

これはなかなかのぶっとび!!

音楽系の青春映画だと思ったら
まさかのSFでまさかのカルトでまさかのファンタジー???

カテゴライズが難しい、、、

いやしかし!!
すっごくよかった!!!

結構好
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

4.0

これは、哲学的。
鬱映画、とはまた違うけど、作品全体から滲み出る無機質な虚無感、この作品イメージはたぶんずっと忘れられない。


個人的にテッドみたいなくまさんのロボットがすごい有能だしかわいい。欲し
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.8

うーーーん、これは何回もみることで感じることが増えそうな作品!
というのも、ナレーションやセリフでのシーンに対する説明はほとんどなく、また、場面や時間軸が変わりましたよ〜っていうのをあからさまに示唆す
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.8

最高でした、、、、、。
いつものマーベル映画とは結構テイストが違う感じ。

前半はトムホかっこいい、、、って純粋に思ってたけど
後半にいくにつれトムホかわいすぎる、、、、って謎の母性が目覚め始める。笑
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.7

好き!!!
音楽×カーチェイスのバランス!

音ハメしてくる感じが最高に気持ちいい!!

天才的な運転技術と音楽の融合で
女の子がなんでそんなに彼に魅了されたのかとか、にしてもなんでもない一般人の車パ
>>続きを読む

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

3.8

なかなか、アメリカを筆頭に先進国の食品業界市場は一筋縄ではいかない問題が山積みだなぁ、、と思った作品。


私も小さい頃、たまにマックを買ってきて、ハッピーセットのおもちゃで遊んだり、バーガーやポテト
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

すごい。
なにがどうすごいのか、咀嚼しきれないけれど、とても普遍的で、おだやかな映画。

戦争の残酷さを悲壮感をこめて描いたわけでもなく、ドラマチックにストーリー仕立てられてもいない。
あるのは日常そ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.4

半端ない、、、
まじ無理まじ死ぬ、、、、
次から次へと災難が、、
まじこわい、としか言えない!!!笑

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.2

リサ・ヤンの存在感が素晴らしい!!
今の日本の若い子にもっとこういうタイプの美しさがあるってこと知ってほしいなーーって思った!

映画は長い!!!!余計に盛り上げるシーンや演出がないためミュージカル映
>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

4.6

これ!!とても好きな作品になった!!

なんか、なんだろう、おしつけがましくない!
感動系のヒューマンドラマもので、泣かせにいくぜ感がないとこがすごいいい!

ありきたりな切ない系とは違う。
映画って
>>続きを読む

DRAGON ドラゴン(2015年製作の映画)

-

途中までしかみれなかった、
ブラックファンタジー系の、ワクワク感がない展開の単調さと独特の落ちついた感じ、画面の暗さがもともとあまり得意じゃないのでこれもあんまり響かなかった、、
映像は美しいんだけど
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.0

や〜素晴らしき。

チョイチョイ楽しくつっこみたくなる場面多数で面白い。まじでマッドマックスだしライフ・オブ・パイのような、海の美しくも厳しい描き方、すてき。


いやーーーこれみてほんと思ったけどデ
>>続きを読む

コスメティックウォーズ(2017年製作の映画)

2.6



題名からしてドラマ、ファーストクラスのような女の陰湿な闘いを描いた作品かと思いきや、進研ゼミの勧誘のパンフレットみたいのに入ってるマンガみたいな世界観だった。
大政絢さんがとにかく明るくスパイっぽ
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.8

難解で繊細。いや、むしろちっとも難しくはないんだけど、ただ感じ取ればいいだけなんだろうけど。理解を深めようと真剣にみると傷ついてしまうような気がして、まっすぐにみれなかった。

それでいてフランスの国
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.6

ヴィン・ディーゼルが
スキンヘッドで腕太くてタトゥー人間で声低くてどちゃクソいかついのに
笑うと八重歯みたいなんが見えてあれ?なんかプーさんみたいにみえてきたぞ?ってキュンとする一面もある時点でもう完
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.8

ドナルドオコナーの歌うシーンの身体能力が高すぎて音楽に取り憑かれし者みたいになってたww

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.8

すげぇ良かった。

チャゼル監督はたぶんミュージカル映画めっちゃみてるしめっちゃ好きなんだろうなっていうのがジワジワ伝わってくる。

まず驚かされたのは、映像技術うんぬんはもちろん今っぽいんだろうけど
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.4

はーー!!
もうね!こういった類いのSFってほんと好きでね!!ありがてぇありがてぇって感じですよ!!!

ハリウッド系の未来系SFものって、脚本がほんと優れてると再認識!
ストーリー性がっていうんじゃ
>>続きを読む

ホットロード(2014年製作の映画)

3.0

暴走族ってちょっと古くね、とも思わなくもないけど、相変わらずのんちゃんの顔面の透明感は凄まじいし、
ヤンキーまでいかなくても登坂さん系の三代目風の人って割とそこらじゅうにいるし、ハルヤマの良き理解者み
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.1

確かに、好きにならずにいられないんだけど、それ以上に、鬱にならずにいられない、この感じ、、、たまらなく辛い。笑

最初こそ、うわぁーって彼にちょっと引いたりするけど、徐々に惹かれていくふしぎ。
たぶん
>>続きを読む

暗殺教室 卒業編(2016年製作の映画)

2.8

殺人自体は日常とかけ離れているけれど、殺すぞ、といったジョーク的フレーズは割と日常に浸透していると思う。
もちろん、誰も本気でやるつもりもないで言っているわけだけど。
殺し、暗殺といったシリアスなテー
>>続きを読む

シチズンフォー スノーデンの暴露(2014年製作の映画)

3.3

ゼロの状態でみはじめると
なかなか難しかった。これに関する他作品をみてからのほうがもっと状況をのみこめるかもしれない。

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション(2015年製作の映画)

4.8

やっぱり傑作!!!!!

立川シネマシティの爆音上映で観賞。
なにかとマッドマックスをひいきしている?笑、この映画館でみれてよかった!


唸るようなエンジンの爆音はもちろん、自宅でみていたら気づかな
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.3

うーん、なにかと無理があるような、、でもまぁエンタメ性を意識したらこんなもんなのかなぁ??

アメリカっぽいショー番組は規模がでかくて四人の進行もうまくてみていて気持ちが良かった。

あと高そうな車か
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

5.0

や〜〜〜〜めっっっちゃいい!!!!
なにこれ大好き!!!好き!!この映画好き!!!!笑

またみなおして、ちゃんと深みにはまってからもう一度レビューしようとは思うんだけど。音楽も詳しくないし、この時代
>>続きを読む

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

2.4

生田斗真さんはここ数年シリアスでちょっとサイコ風な映画に出演される事が多いような気がするけど、
やっぱり私の中では「脳男」が断トツで、これは全く響かなかった、、、


とにかくすべての主要俳優陣のキャ
>>続きを読む

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.8

子どもがいたらぜひともみせたい。こんなに良質な映像とものがたりを提供されている現代の子供たち、うらやましすぎる。。。


まずなんといってもストーリー!

ディズニー大好きだけど、ジャングルブックって
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.1


おぉ、、、SFもここまできたんか、、、ここまで具体的にAIを表現するなんて、、、

整いすぎた閉鎖的な豪邸にあきらかに人知を超えてるヤバめなネイサン社長と二人っきり、、、必要最低限なバックサウンドと
>>続きを読む

裸足の季節(2015年製作の映画)

4.0

新年1作目は
ずっとみたかったこの作品がレンタルされたので!!
今年も皆様の素敵なレビュー楽しみにしてます!笑


さて、最近ではカメラ女子やサブカル系の間ではフィルムカメラが流行っているようで、写ル
>>続きを読む

>|