zunda星さんの映画レビュー・感想・評価

zunda星

zunda星

映画(83)
ドラマ(0)

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

3.7

全くラストを予想できなかった。
スリラーかと思いきや完全なサスペンス物。
これは驚愕のラストすぎた…凄い…

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

映像の隅々まで登場人物の気品で満ちているような、澄み渡る心地好さを感じられる素敵な作品。
人物の立ち居振舞い、人間模様、会話、衣装、音楽等あらゆる面において上品かつどこか素朴で優雅な香りが漂う。
二人
>>続きを読む

ウェア 破滅(2013年製作の映画)

3.5

狼男が暴れて殺戮を繰り返す映画。
思ったより殺人描写や狼男がリアル(CGぽくない)で迫力もあって楽しめました。

デッド・フレンド・リクエスト(2016年製作の映画)

3.6

あまり期待せずに観たが予想外に楽しめた。けっこう怖かった。
SNSの蔓延る現在社会に即したオカルト・ホラー映画

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.5

公開時、あらすじを見てからずっと気になっていた。思春期における少女の葛藤や苦悩が大胆にも可憐に、時に官能的に美しく表現されている作品。映画では、少女が大抵の人間とは異なる思春期の変化に葛藤する様子が描>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

4.5

終始クライマックス!飽きる瞬間なし!
アクションが半端なかった!予想以上!
シュワちゃんが出てきたときはどうなることかと大丈夫かと笑ってしまったけど、期待(予想)を良く裏切ってくれた!サラも!
グレー
>>続きを読む

ククイ 伝説のブギーマン(2018年製作の映画)

2.8

中盤まではホラー要素やサスペンス要素に、何だ何だ?と夢中になったが、それ以降はB級な展開と設定で飽きてしまった。一応最後まで観たが

ロスト・メモリー(2012年製作の映画)

3.0

ホラーかなと思いながら観ていたがどちらかというとサスペンス寄りだった。
予想と違った展開とラストが良かった。

探偵クレア 白蘭の女(2017年製作の映画)

3.5

淡々としているようで着実に事件を解決していくストーリーに夢中になった。さらに、探偵クレアという女性の容姿の変化も物語に華を添えており美しさに惹き込まれた。女性としての楽しみやそれを堪能する彼女らに魅了>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.5

沢尻エリカ美しい
映像美、見ていて楽しい。美しい。芸術作品

悪魔の毒々パーティ(2008年製作の映画)

3.3

面白かった!
ギャグだった。
海外の学生って学校でパティーやらヤクやらぶっとんでて楽しそう、

そして誰もいなくなった(1945年製作の映画)

3.0

昔の映画だからか殺人描写はないですね。これがあの有名なやつかぁと染々観ていましたがラストが予想外で…f(^_^; タイトル通りではなかったので拍子抜け

ナイトウォッチメン(2017年製作の映画)

3.3

まさかのゾンビ系?(※ゾンビではない多分)だったけど面白かったです。

シュールというか途中途中笑わせてくるのはなんなんでしょうw
お陰で苦手なゾンビ系(ゾンビではない多分)でも楽しめました。

ジーパーズ・クリーパーズ(2001年製作の映画)

2.5

殺人鬼系ホラーかと思いきや途中の展開でB級+αという感じですw

びくびくする怖さはありましたが中盤から後半はなんじゃこりゃ
ある意味目新しかったです

ポルターガイスト(2015年製作の映画)

2.7

昔のポルターガイストは未視聴

インシディアスと似ていたが、こちらの方がストーリー構成が弱い気もする。
それでも楽しめました。後半はちょっとわらけてきたけど

エミリー 悪夢のベビーシッター(2015年製作の映画)

2.6

終始不気味な感じ
若干のサイコスリラー感

ストーリーは単純だがそれなりに楽しめた

ロスト・アイズ(2010年製作の映画)

3.6

サスペンススリラーという感じでしょうか
予想よりもストーリーがしっかりしていて、展開も楽しめました。

インシディアス 序章(2015年製作の映画)

4.0

第一作、第二作が面白かったので第三作もみた。
相変わらず面白さが衰えていない。
怖かった。
今回は一話完結だが見応えはあった。

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

4.0

第一作の続きであり、立て続けに観た。
とても面白かった。
オカルト映画初心者だが夢中になれた。

インシディアス(2010年製作の映画)

3.7

オカルト映画はほとんど見たことなかったので初めは少し卑下して観ていた。
しかし徐々にストーリーに夢中になってしまった。
結果、第二作、第三作と連続で観た。

ボディ・ハント(2012年製作の映画)

3.3

予想より面白かった。
何処か影のある孤独な青年に母性本能くすぐられた...
そんな中であんな落ちなので同情というか憎みきれないところがあった

"何処か影のある孤独な青年の抱える秘密"
精神的病

>>続きを読む

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

2.8

ファイナルデスティネーション(飛行機)の方を以前見たことがあったので、こちらはストーリー展開に新鮮味は感じませんでした。

やはり初めて見たファイナルデスティネーションの方が恐ろしく面白かったように思
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.5

他人の理解する粋を超えた個人の精神や心理を抽象的かつどこか具体的に描いたような作品

わたしは好きでした。

ディセント(2005年製作の映画)

3.3

予想より怖かった。
化け物と戦う勇ましさがかっこよかったけど救いのない終わり…

KEY(キー)/死体の中の遺留品(2012年製作の映画)

1.8

よくわからない。
解決もなにも問題すら何かよくわからないまま未回収で終わった。

コピーキャット(1995年製作の映画)

3.5

夢中で見ました。
犯罪心理学者が犯人と対峙するこのての話は大好きです。

コード60 老女連続殺人事件(2011年製作の映画)

3.5

現在進行形の連続殺人事件を追っていくサスペンス。
おもしろかった。
淡々としたストーリー展開。
犯人の犯行に及ぶ様子が激しさはなくも恐ろしさを感じさせる演技だったように思う。

グロ,ホラー要素はない
>>続きを読む

>|