うみちさんの映画レビュー・感想・評価

うみち

うみち

自分の記憶装置として。

映画(1013)
ドラマ(18)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

伊、仏、米、伯合作の青春映画。
映像表現が多彩で綺麗で、映る俳優陣も綺麗で。映えてる。

続編の構想があって、エイズ問題について描くらしい。

何者(2016年製作の映画)

3.0

朝井リョウ原作小説の実写化作品。
原作が素晴らしいんだけど映画のつくりとして話の整合性がいまいち。

佐藤健がフレッドペリーのポロシャツを着てるのには絶対"朝井リョウ=フレッドペリー"ネタが絡ん
>>続きを読む

ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣(2011年製作の映画)

3.0

大宴会映画。
下ネタ薬ネタ、雑なCG、人種差別ギリギリの演出、なんでもあり。

ナタリーポートマンとジェームズ・フランコ、なにしてるの?

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.2

自然な感じの薄口お洒落映画。
『小さいお家(2013)』でもそうだったけど黒木華の役にイライラ。それだけ演技が上手いんだと思う。coccoがこんなに人間っぽい人なんだという驚きも。

岩井俊二、渋
>>続きを読む

ポルカ・キング(2017年製作の映画)

3.3

実話をベースにしたクライム作品。
ポルカとジャックブラックの楽しい雰囲気が危うさと滑稽さを余計に増長させる。

軽いマフィア映画でもある。
ゴッドファーザーのパロディもあったし。

劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード(2000年製作の映画)

4.0

人気テレビアニメの劇場版。
この時代に作られた劇場版テレビアニメ作品の、対象年齢をはみ出した切なさは何なんだろうか。

さくらちゃんの 嫌だもん にやられた。

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.6

"テレビシリーズから4年後"という設定の大人気TVドラマシリーズ劇場版。
理解し易い。特に導入部分、テレビシリーズを観ていなくても楽しめるエピローグとやり過ぎない説明が良かった。

お金稼がない
>>続きを読む

プロジェクト X(2012年製作の映画)

3.7

クライムパーティ映画。
POV形式で観客も1人の登場人物としてみてる("観客の目"である登場人物の1人は鏡とかを通してたまに見える)という斬新なつくりがハラハラ感を煽ってて良かった。

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.7

ホラーアクションの問題作。
謎のモテと強運、これだけで主人公無双モノだとも言える。

最近のホラーアクションやナンセンス暴力ジャンルに属する映画の演出ヒントかなと思うところが沢山ある。俳優陣も豪
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.8

ハリウッド巨大ロボ作品のシリーズ2作目。
日本のロボアニメで言うと前作は平成、今作は昭和の雰囲気を持ってる。
ここまで王道を行くなら必殺技・必殺武器で〆て欲しかったところ。

前作ギレルモデル
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.8

劇場版名探偵コナン21作目。
今回は推理要素は薄めでラブコメ作品になっている。
平次に惚れた。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.8

ナンセンス・シュールな作風のヒューマンドラマ。昭和な雰囲気が漂う画の作りが綺麗だった。
有名どころの俳優が多数出演。

火垂るの墓(1988年製作の映画)

4.3

高畑勲監督の戦争アニメ。
戦争体験で聞くような画がそこにそのままあった。目を背けたくて仕方がなかった。

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS(2016年製作の映画)

2.5

漫画原作TVドラマの一部を映画化。
ドラマと漫画をチラ見して鑑賞。

なるほど松田翔太がカッコいいんだけど映画全体はちょっと臭い。
ほんの少しのスワロウテイル感。

光る眼(1995年製作の映画)

3.2

SFホラー。
制作年こんなに新しくないだろうっていう尋常じゃない古典B級感の応酬。
でも意外と面白い。

破裏拳ポリマー(2017年製作の映画)

3.0

変身ヒーローアクション映画。
意外とアクションがしっかりしてる。
キャラクターの行動やギャグが漫画チックでB級感を出しているような気もしつつ、これはこれで面白い。

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.7

暗めなタイムトリップ作品。
この結末はどうなんだ。

ホームパーティシーンが大好き。

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.5

有名小説の映画化、
ではなく有名小説の内容を絡めたオリジナル作品。

巨大動物討伐映画、
ではなくサバイバル映画。

乳酸菌飲料販売員の女(2017年製作の映画)

2.5

元AV女優の卯水咲流が出演してるちょいエロ映画。
演技やカメラのチープ感はこれはこれでありだけど、笑いどころをもうちょっと振り切って欲しい感も。

仮面ライダーBLACK 恐怖!悪魔峠の怪人館(1988年製作の映画)

3.0

仮面ライダーBLACKの映画作品。
夕張の観光映画らしい。
ユーバロット…

仮面ライダーBLACK(1988年製作の映画)

3.0

仮面ライダーBLACKの映画作品。
ライバル怪人の存在やスーツ、画面の感じが既に平成仮面ライダーのそれ。

石ノ森翔太郎が出演。

サリーム・スレイマンと音楽(2016年製作の映画)

3.0

キザな短編ドキュメンタリー映画。
インド音楽シーンの雰囲気を感じられた。気がする。

仮面ライダーJ(1994年製作の映画)

3.0

『仮面ライダーVSウルトラマン(1993)』からの流れを汲んだ巨大化作品。
設定が練られてて進行も分かり易い良作。

凶気の桜(2002年製作の映画)

3.7

渋谷を舞台にナショナリズムや暴力団、右翼団体を描いた社会派作品。
映像技法、政治思想、サブカルチャー、ヒップホップ、etc...構成する要素に物凄い熱気を感じる。

配給・製作 東映をフル活用し
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.0

アメリカの禁酒時代を扱ったギャング映画。舞台はシカゴ、アルカポネとかその辺の話。

オールスター感の強いキャストが役にハマっていて本当に楽しい。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.9

高機能自閉症を題材にしたクライムアクション作品。
ベンアフレックがとてもキュート。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.4

料理人サクセスストーリー。
容器で平和な家族愛を絡めた話とサルサに癒された。

出演女優が全員魅力的でたまらない。
ちょっとスケールの小さなトニー・スタークも登場。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

2.7

原住民系スリラー。
グロさは構えていたよりも抑えめ。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

2.6

『ウォーターボーイズ(2001)』などなどの名作を世に出した矢口史靖監督のコメディ作品。
SF・ファンタジーなのか、その割にブッ飛んでるのではなく説教じみていて、なんとも言えなかった。
小ネタは
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.6

クリントイーストウッド監督・出演のボクシングを題材にしたヒューマンドラマ。
擬似親子の話。楽しいけど苦しい。

>|