うみちさんの映画レビュー・感想・評価

うみち

うみち

良いところを探す。

パッチギ!(2004年製作の映画)

3.3

京都の在日朝鮮人とその周りを描いた青春映画。
俳優陣が豪華でバラエティに富んでる。人間ドラマも感動的。

フォークルの「イムジン河」の存在は知ってるしそのルーツに重なるストーリーではあるけど、こ
>>続きを読む

ベルリン コーリング(原題)(2008年製作の映画)

3.9

薬物映画。
本職のDJを主人公に置きベルリンを舞台にした映像には説得力がある。
ひたすらストイック。

理想の男になる方法(2018年製作の映画)

3.2

過去改変型タイムリープ作品。
俳優のビジュアルやロケーションは綺麗。

何番煎じか分からないストーリーで、その域を出なかった。話が二転三転するので「どの系統かな?」と読みながら観る楽しみはある。

驚異の大日本帝国/汝の敵日本を知れ(1945年製作の映画)

3.5

太平洋戦争中に米国で作られた反日プロパガンダ映画。
差別感情は強く出てるけど、よく研究され大国の余裕まで感じさせる優秀な作品。

日本映画(忠臣蔵や沈黙など)の印象的なシーンを抜き出して「武士道
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

2.4

ゴジラのアニメ化作品。
人間ドラマ、ゴジラ周りのアクション、全体的になんだかこじんまりとしてる。

長々と説明する割に難解で、難解だからと言ってエヴァンゲリオンのような深みもない、中途半端な立ち
>>続きを読む

アポカリプト(2006年製作の映画)

3.8

マヤ文明末期のユカタン半島を舞台にした逃走劇。
全編マヤ語。

パーソナルソング(2014年製作の映画)

3.3

音楽療法を扱ったドキュメンタリー作品。
ちょっと胡散臭く感じてしまったのは受け手の問題か演出の問題か。

SPACE ADVENTURE コブラ(1982年製作の映画)

3.5

SF漫画を原作とする劇場アニメ作品。
絵が物凄く綺麗だし、カットに関してもそこを抜くかっていう挑戦的なものが多い。
気になる松崎しげるの声はこれはこれで意外とハマってる。

この後にTVアニメ
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.2

車の要素をちょっとだけ絡めたクライムサスペンス作品。
ポスターからもう少しネオンな雰囲気を想像してたけど冒頭のみ。とんだバイオレンス映画だった。

小道具の見せ方、ライトの当て方、時間の使い方、
>>続きを読む

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-(2005年製作の映画)

3.1

Zガンダム3部作の1作目。
TVシリーズ放送時(1985年辺り)の映像と新しく描かれた映像を織り交ぜるという手法。正直違和感がある。

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.0

モンスタースリラー映画の超名作。
あの有名な「デーレン、デーレン、」という2音で恐怖を煽るジョン・ウィリアムズの才覚に脱帽。
サメをリアルにみせる工夫が多彩。

海や水に対するトラウマになりか
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.5

タランティーノ監督の、『レザボアドッグス(1992)』と合わせて出世作となるクライム作品。
オムニバス形式に"ズレ"を加えた群像劇で人間のランダム性を描いているよう。このランダムな感じが気持ち悪く
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.1

第2次大戦中のフランスを舞台にした戦争映画。
マカロニウェスタン風な演出が新鮮でハマってる。

この作品の、世界中・映画業界でのユダヤ問題というタブーに触れた功績は大きい。本作の内容を全て受け入
>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

3.9

グラッフィックノベル(アメコミの長くて大人向けの)原作のアクション作品。
全体主義国家になったイギリスを舞台にテロリスト"V"を描いている。

マスクからも分かるが、ガイフォークスをモデルとして
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.5

有名カーアクション映画シリーズ8作目。
ファミリー万歳路線。

驚きの展開もあり、こんなに敵も巨大になり、次の作品どうするんだろうか…。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

認知の問題を扱ったスリラー作品。
人間の内に潜む暴力性をテーマに、戦争によるPTSDの描写もあり暗く重い話になってる。衣装や画面も地味で、ある意味お洒落。

しかしロボトミー手術は恐ろしい。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984年製作の映画)

4.5

禁酒法廃止前後のアメリカを舞台にしたマフィア映画。
イタリアを舞台にした『ゴッドファーザー(1972-)』とは違った俗っぽさが味を出してる。ロマンスもあり、難解で推理モノ的な楽しみもある。

>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー(2009年製作の映画)

2.8

TVシリーズ仮面ライダーディケイドの劇場版作品。
平成仮面ライダー10作目のお祭りと次シーズンの『仮面ライダーW』の紹介という役割は果たしてる。

頑張って連れてきただろうオリジナル俳優の出番が
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

2.0

デスゲーム系スリラー作品。
設定は面白い。
ストーリーの脇が甘すぎていまいち楽しめなかった。

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.5

C・ノーランによるバッドマンの実写化作品。
ヒーロー映画と言うよりヒーローが出て来るサスペンス。それくらいストーリーがしっかりしてて面白い。
故ヒースレジャーの怪演は言わずもがな。

08年撮
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.6

人気コミックを原作としたTVドラマ化作品のリブート型劇場版。

・TVドラマで存在感のあったマキタスポーツと柄本時生の見せ場がエロに押しやられる形でほとんど無い。
・女優さん方のルックスが似ていて(
>>続きを読む

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

3.8

レジェンド極道映画シリーズ2作目。
菅原文太から北王子欣也に主人公を変更し、恋愛も絡んだ悲劇になってる。その性質上1作目の大規模なシーソーゲーム的な話ではなく狭い世界を描いてる。
千葉真一の怪演
>>続きを読む

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

3.6

DJカルチャーを題材にした青春映画。
簡単に説明するならEDM好きな主人公がアンビエント的な要素を組み込んで良曲を作る話。

オリジナリティって何なんだろうと考えさせられた。
イケメン俳優達が
>>続きを読む

ファイブスター物語(ストーリーズ)(1989年製作の映画)

3.6

SFロボットアニメ作品。簡単に言えば壮大で入り組んだ紅の豚。
少女漫画チックな絵と宇宙規模の人間劇がもはや神々しい。

イノセンス(2004年製作の映画)

3.8

劇場版第2作目。
CGアニメーションを駆使した映像だけどなんとなくこの手の作品の中では違和感が少ない不思議。
哲学的テーマと暗めな作品の展開が相まって、前作よりも更に難解になっている。

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.6

レジェンド極道映画。元ネタの元ネタになる実話があるので一応ドキュメント作品。
動きのある画、効果的なテーマ、登場人物の魅力、どれを取っても一級品。

広島弁&音質の問題があるので、動画配信サービ
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2000年製作の映画)

3.3

3人の美女とおじさんのチームが躍動するオールスターアクション映画。
元ネタを知らないけど楽しめた。

CASSHERN(2004年製作の映画)

2.6

TVアニメ「新造人間キャシャーン」を原作にしたアクション作品。

デビルマンと同年に公開したお陰で脚光を浴びていない(悪い意味で)説を提唱したい。

劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇(2013年製作の映画)

3.0

人気テレビドラマシリーズの映画化作品。
一定の評価が出来るけど風呂敷を広げすぎて畳むのに手こずったという感じ。

劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇(2013年製作の映画)

3.0

人気テレビドラマシリーズの映画化作品。
一定の評価が出来るけど風呂敷を広げすぎて畳むのに手こずったという感じ。

SPEC〜零〜(2013年製作の映画)

-

人気TVドラマシリーズの前日譚型スペシャルドラマ。
こちらはTVドラマをもとにした漫画作品からの逆輸入(?)的な作品らしい。
劇場版作品を際立たせる良作。

劇場版 SPEC 天(2012年製作の映画)

3.0

人気TVドラマシリーズの続編型映画化作品。
スペシャルドラマから更に続編を出して行くに当たってどんどん風呂敷が広がっていく。

本作丸ごと漫画化もされてて面白かった記憶があるので好きな方は是非。

SPEC~翔~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2012年製作の映画)

-

人気TVドラマシリーズの続編型映画化作品。
映画化に向けて申し分ない風呂敷の広げ方。

>|