ずーやんさんの映画レビュー・感想・評価

ずーやん

ずーやん

涅槃styleと映画館で見るのがすき。

映画(290)
ドラマ(0)

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

-

シンプルなサスペンスなんだけど単純にすごい寒いので生きようと思わないと即刻セルフネグレクト状態になる環境とネイティブアメリカンという独自文化な題材に興味津々だった。ハードボイルドだなぁ。1列目でみたこ>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

-

リメイクというだけあって脚本が古臭い。ブラッドリー&ガガ様の歌は素晴らしいが、それを撮ってるだけで、映画としてすごくイマイチ。アリーは本当に自分の現在に満足していたのだろうか、例えば髪を染める葛藤もあ>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

-

社会派とサスペンスが交互に行き交う脚本がすごすぎて、まったく目が離せなかった。ダイアン・クルーガーの身体中から湧き出る悲しみがあるからこそ「疑わしきは罰せず」という言葉の持つ無力さが際立って非情だった>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

なにかがすき!って気持ちを突き通している人の話でよかったなぁ。肯定されちゃったなぁ。周りのひとたちも寛大、っていうか本来これが普通であってほしいなぁ。わたしの劣等感とか疎外感とかを優しく包み込んでくれ>>続きを読む

クーリー・ハイ(1975年製作の映画)

-

コメディ映画文化祭にて。
たまらなく好き。一番前の席で観れてよかった。

ヴェノム(2018年製作の映画)

-

アベンジャーズの予告を見てアメコミ見たくなり滑り込み。面白かったけどあまりにもグロ描写がなくて何が起きてるのかわかんないところが結構あった。自分の意思がないところで人殺しちゃうって結構最悪だな〜と思う>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

-

反戦映画。男らしさの崩壊からの自分らしさ。いい映画だと思うけどゴリマッチョすぎてちょっとしんどい

あなたの顔(2018年製作の映画)

-

顔とにらめっこ。饒舌になる人もいれば寝てしまう人も。人世の多様さ。

斬、(2018年製作の映画)

-

時代劇でありつつ、現代劇。蒼井優のストレートに痺れた。人間の肌の下みたいな目の当てられなさ。圧巻。「死ぬんですか」「死にません」

ジョニーは行方不明/台北暮色(2017年製作の映画)

-

何か答えを出すわけじゃなく、ぬるま湯のままだけど最後の高速道路でなんか幸せだな〜って思った。日常のキュンとする瞬間とか、すげーしょうもない喧嘩とか、でも陰があって、いいなあ。ちよっとだけ気持ち動くやつ>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

-

見たあとしんどい、みたいな感想が多かったけど、そうでもない気がする。むしろ救われる部分が多い。寧子は自分のことを鬱(病気)と呼ぶけど、事柄の大小はあれど生きづらさを感じている人には共感の余地はあると思>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

一緒に見に行った友達が最初のロゴが出るとこのギターサウンドで「最高…!」って呟いてて、終わった瞬間また「最高…!」って呟いてたので見に行ってよかったなって思った。あの人生を見せられたあとのボヘミアン・>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

-

たしかにハラハラするんだけど、登場人物結構みんな平等に不幸で、そっちの方でハラハラしてしまった。みんな若い。若いって間違えるし、しんどいな。せめて、恋だったらよかったのに。アナキンよろしく闇落ちしてし>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

最後ちょっと泣いちゃったよね〜!今年流行りの父娘モノ〜!すっごいおもしろ〜い!次パソコン買う時マックにしよって思った!

黒蝶の秘密(2018年製作の映画)

-

いろいろ荒いな!って思ったけどそれも込みでハラハラした!あとふつうに怖い!

タイトルは「ゲット・アウト」の方が合ってる!

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

-

サミュエルが元気で良いよね〜。結局恋バナでした〜ってのも好き

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

-

アメリカンスリープオーバーのキュンを期待して行ったらめちゃくちゃ汚されて笑った。あとピアノのおじさんのシーンも私のピュアをガシガシ踏みにじってきて笑うしかなかった。私もカートのムスタングだ!って思っち>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

-

吉田恵輔はセックス(生)と死の対比めちゃくちゃすきだな!ローカルと移民ってテーマはhiphop的で楽しかった。東南アジアの女の子は本当にかわいいなぁ。飲み屋街でのキスとそこからの終盤までのロストイント>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

-

敬老の日に。ふたりの友達が旅するドキュメンタリー。とびっきりオシャレで愛とアートにあふれてる。ゴダールに会いにいくヴァルダなんか少女のよう。彼女を包み込むJRの優しさ。これくらい身軽でちっぽけな少女の>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

-

やさしい。愛の映画。
ハリー・ディーン・スタントンぜんぜんかわらない。

孤狼の血(2018年製作の映画)

-

平成最後の夏にこんな映画が見れるとは…!見終わった後無性にヤクザ言葉使いたくなる。
なんか松坂桃李くんのホノカアボーイみたいな映画があったら見たくなった。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

-

正直大根監督の作風はあまりすきじゃないし今回もアニメ的演出に若干拒否反応があったものの(頭のミュージカルシーンとか本当いらない)、ラストとかちょっと泣いちゃったな…。板谷由夏さんがあんまり踊れてないの>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

-

函館の夏の澄んだ空気と不誠実なことをしながら誠実さを求めてくるめんどくささのバランスがちょうどよい。大人になってもこんな夜と朝はきっと何度も思い出しちゃうな。街と時間とそこで過ごした人たち、なんかすご>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

-

最初の出会いのシーン、予告にも入っているけどあの流れで見るとめちゃくちゃ引き込まれるなー。多分あんまり喋らないあの主人公は本当の行動と本当のことしか言わない誠実さがいきすぎた出会う男すべて狂わせるガー>>続きを読む

バッド・ラップ(2016年製作の映画)

-

アジア系アメリカンの4人のラッパーのドキュメンタリー。ちなみにオーシャンズ8のAwkwafinaから。
ネタとして人種とかめちゃくちゃイジられるんだけどその内容がすげーぼんやりしててヘイトスピーチもビ
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

-

Burning予習のつもりだったけど日本公開決まってないのか、、変態っぽくて複雑。できるだけ人とか殺したくない

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

-

あんな悲しいカーチェイスいかん。泣いてまうやろ!良いパパ娘映画。全国民見ろ

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

-

ゴーーージャスでタフ&タフ。

兄貴は未練タラタラで女を取り戻すために頑張ってたけど、妹は自分を裏切った男を地獄に突き落とすために頑張るってのも強すぎて笑った。
サンドラ・ブロックがケイト・ブランシェ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

-

最高だった!ジャーナリズムあちー!自由ってこういうことー!地味に元報道マンということもあり、こういうテーマだいすきなのでした。
社会へのメッセージっていう映画の持つ役割のひとつが強く打ち出されている作
>>続きを読む

>|