zitaさんの映画レビュー・感想・評価

zita

zita

2017年より開始。映画館で見たもののみ記録します(2017年10月修正:映画館・飛行機で見たものを記録します)。ホラー、SF、ヒューマンが好き。スコアはわりかし適当です。

2017年鑑賞数:42本

オールタイムベスト5(フリークス、エレファントマン、悪魔のいけにえ、レオン、ガタカ)

映画(89)
ドラマ(0)

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

息子と一緒に鑑賞シリーズ。前作未見。最近どの世界でもヒーロー活動取り締まられてばっかりだなほんと。

家族がみんな別の固有能力持ってて、赤ちゃんはその中でもとんでもなくかつアンコントローラブルてな能力
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.6

AVP2でウルフという最強プレデター出してしまったがゆえに、プレデターズでは若いプレデター達に舞い戻り、かと思ったら今作ではまさかのアルティメットプレデターというついに名称までドラゴンボール化した我ら>>続きを読む

きらきら眼鏡(2018年製作の映画)

4.0

池脇千鶴と安藤政信という、自分の好きな男女演技派が両方出てるということでストーリー等特に知らずにほいほい鑑賞。

点数高いですか一切お勧めできません。とにかく言っちゃ悪いが、出てくるキャラ出てくるキャ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

B級の代名詞のサメ映画のくせにステイサム起用してハリウッドで3D仕立てにしてあまつさえ世界中でヒットさせるとは何事だ!フカヒレにするぞ!と言うことで、色んな意味での地雷臭を存分に感じながらほいほい見に>>続きを読む

HANDIA アルツォの巨人(2017年製作の映画)

3.9

「フリークス」「グレイテスト・ショーマン」そして今回の「HANDIA」。どれも見世物小屋を舞台とした映画だけど、アプローチの仕方はこんなにも違う。(ちなみに「フリークス」は自分のオールタイム・ベスト映>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

原作もアニメもなんとなく好きでなんとなく全部見てて、原作読んでる時にこのヒロイン実写化したら小松菜奈とか合いそうだなーとか思ってたらまさにそれで実写化された、にもかかわらずなんとなく気が向かず見に行っ>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

原作は森見登美彦による2010年度日本SF小説受賞作。原作はあまり惹かれずにスルーしてたのだけど、「オネショタ版インターステラー」というパワーワードすぎるレビューに興味惹かれてアニメ版を鑑賞。結果、中>>続きを読む

希望の樹(1976年製作の映画)

3.7

当時ソ連の構成国であったジョージアのとある村の悲恋を描いた作品。「祈り」3部作の2作目。極彩なオープニングから始まり、彼なりのブラックユーモア(?)な様々な個性的な村人を描き出し、そのまま物語はあるカ>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

4.2

息子と鑑賞。なんかシリアスにいきすぎてる今の原作の100万倍楽しかった。映画だとよりタイバニ感が増し増し。(てかこの敵の能力まんまry)ザ・王道という感じでデクも完全にヒーローの風格だけど少しカッコよ>>続きを読む

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

3.8

精神病棟に強制収容されてしまった主人公と彼女をものっそいアクティブにつけ回すストーカーの話。強制収容の理不尽さだけでも辛いのに追い打ちをかけるようにストーカーがめちゃくちゃ気持ち悪く、思ったより全然楽>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.4

なんとなく展開は予想できる作品というかテーマだけど、子育ての辛いところあるあるなシーン数々が見てて共感性マックス。口だけで何もしない夫の傍ら、手のかかってしまう子供や赤ちゃんとのふとした所での優しい触>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

「ドント・ブリーズ」からまさかの短期間で「音を出したら即死」というテーマごともろかぶりした映画が登場。「ドント・ブリーズ」の局所的な設定が全域に広がったことで、そんななかで生活しなきゃならんということ>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.2

邦題と邦画ジャケットがこれまた原作からえらい改変されている事はいつものことと受け取るとして…

「怪物はささやく」「ルイの9番目の人生」直系の子供の多感な心の揺れ動きをとらえた作品。ヒロインの住む街並
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.0

共感性羞恥の塊のような映画。原作時点ですさまじかったけど、実写になることでさらにアップ。主人公役の南沙良がとんでもない。デビュー時の橋本愛に通じるかわいさを持ちながら、痛烈なまでに体当たりの演技。思わ>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.1

悪い予想が全部水増しされて具現化したかのような作品でした。前作のバケモノの子といいどうしてしまったんだ本当。子持ちでないとそもそも意味がわからないだろうし、子持ちでもそこそこ意味がわからない。物語の本>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

3.3

3ヶ月に1回くらいのペースでくそスプラッターを見ないと落ち着かない体質でして、今回も見てまいりましたオチなしヤマなし意味なしのB級血しぶきフランス産スプラッター。細かい感想ははしょりますが、思った以上>>続きを読む

それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星(2018年製作の映画)

4.0

息子の付き添いで鑑賞。映画30作品目記念作品にふさわしくバイキンマンが徹頭徹尾とにかくカッコいい。かつての懐かしい敵メカたち含め、アンパンマンヴィランズびいきな息子大満足。個人的にも、今まで見たアンパ>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.2

チューバッカとの出会いも、ランドとのサバック対決も、ミレニアムファルコンの操縦桿を握った瞬間も、そのミレニアムファルコンでの数々の走破劇も(特にケッセルランのあのシーン)そして終盤のあのシーンも、もう>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

この脚本を考えた人は天才だ!中盤ちとだれてて、あーこれ期待値割るかな…とおもったとこからの終盤30分からがほんとに天才的。その後のサプライズなキャスト登壇イベントも含めて、最高に温かい気分になれた。た>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

おそロシアの陰謀に巻き込まれた怪我したバレエダンサーの話。勝手に、完璧超人な女スパイの話かと思っていたけどそうではなく、そうなるまでの成り上がりの話。拷問シーンに超ワクワクした(もっともっとやって欲し>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.3

拉致された息子のため、絶縁した世界一の大富豪から身代金を出してもらえないかと奮闘する母親、そして交渉代理人の話。長尺にわたって母親の苦悩、そして誘拐グループ側の人間関係が描かれるが、事実を元にしてるか>>続きを読む

ゲーム・ナイト(原題)(2018年製作の映画)

3.3

どうみてもマット・デイモンなそっくりさん俳優が多分一番の笑いポイント。アンジャッシュみたいにずっと勘違いで行くのかと思ったら意外とそうでもなかったというか、正直ゲームナイト要素も薄め。個人的には、所々>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.3

大好きなウェス・アンダーソン監督による日本愛満ち溢れるストップモーションアニメ。ストーリー云々の前に、途方もなく緻密で重厚な背景美術、パペットの表現に終始あんぐり。(冒頭の太鼓のイントロの時点で名作確>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

1.9

いちスプラッター映画としてみたら及第点少し割りくらい。悪魔のいけにえの前日譚としてみたら落第点の半分の半分くらい。ナチュラルボーンキラーズの劣化版を延々見せられた気分。元祖「悪魔のいけにえ」の素晴らし>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.6

死力を尽くして戦い続けるヒーローがかっこいい。それらを次々に蹂躙するサノスがかっこいい。要は総じてかっこいい。サノスは想像してたのと違ってびっくりした。コアなファンじゃなくても(自分も違うし)もうただ>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.1

登場人物の「静」の動き、感情双方の描写の繊細さに本当に驚かされる。途中でアニメであることを完全に忘れてた。喪失と再生を描く昨今のアニメの殆どと違い、変態的なまでに登場人物の感情の動きを丁寧に静かに描き>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.8

IMAX3Dで鑑賞。これはずるすぎるなあ…どんだけ詰め込んでこられたらそりゃねえ…これはずるすぎる。映画好きはもう余計な情報入る前にちゃっちゃか見に行くべき。アレとアレとアレとアレとあのセリフからのア>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

実際の「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の中心人物にして破戒女子スケーター、トーニャ・ハーディングの半生を描いた作品。実際の事件の真実は自分はよく分からないので言及しませんが、とにかく、付き合う相手間違え>>続きを読む

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.5

ラドクリフはほんと過酷なサバイバルばかりするようになりましたね。サバイバル前から遭難後みたいな髭になってるけどどうなんだ。ということで、一定期間であるあるな1人の人間を孤独に追い詰めまくる類の映画で、>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

最初ゲイリー・オールドマンだと気づかなかった。特殊メイク半端ない。後半から一気に盛り上がり、瞬間的な激情・劇場感のアップがすごい。中盤の奥さんとのやりとりのシーンがベスト。

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

刑務所の荒くれ者たちと仲良くなって味方してくれる、はありがちだけどそれがやりすぎてもはやどこが更生施設なんだ、みたいなツッコミどころが全編にわたって繰り広げられるお約束ドタバタ作品。家族各々の力で危機>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.4

開始10分で「名作」だと確定。レ・ミゼラブルもそういえばそんな作品だった。ミュージカルのシーンがいちいち完成度高すぎで心を震わせる。ラストシーンは、そうきたか。といった感じ。これは映画館に絶対もう一度>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

パンズ・ラビリンスのデルトロ監督の最新作。パンズ・ラビリンス、めちゃくちゃ好きです。な彼が、自分の最も大好きなアウトサイダー同士の交流の話を描く、と聞いて心待ちにしていた作品。詩的で静かな言葉と描写は>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

2.9

ジュマンジのよさって、太鼓の音が醸し出す次に何が起きるかわからない不気味さと、現実世界がどんどん侵されて行く恐怖を息子が猿になって行くっていうわかりやすいリミットで表現してたところなのだけど、・舞台を>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.0

人口増加による食糧、土地問題を解決するために身長を13cmに縮めて生活しようという取り組みが一般化した社会の物語。前の「ザ・サークル」といいこれといい、仮定がファンタジーすぎてまず共感はできない。加え>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.8

「家族愛」という普遍で王道のテーマをここまでに仕上げるのがディズニーの凄まじさ。マリーゴールドの鮮やかな色と陽気な音楽に心が浄化されて、気づけば少し泣いてしまっていた。花粉に負けずに見に行ってよかった>>続きを読む

>|