ベルベット・ゴールドマインの作品情報・感想・評価

『ベルベット・ゴールドマイン』に投稿された感想・評価

BATI

BATIの感想・評価

4.8
「ベルベット・ゴールドマイン」は1998年にイギリスで製作された作品で、監督は「アイム・ノット・ゼア」、「キャロル」のトッド・ヘインズ。主演は当時24歳のクリスチャン・ベイル。出演はジョナサン・リース=マイヤーズ、ユアン・マクレガー。70年代を舞台にした本作はバイセクシュアルであるロックスター、ブライアン・スレイドと化粧と煌びやかな衣装を纏っているグラマラスなロック、グラム・ロックというスタイルの隆盛と没落を描いたもので、そしてそのファンカルチャーに刺激された青年アーサー・スチュアートがスレイドおよびグラムロックに継投していき、自分がゲイであるというセクシュアリティへの目覚めていく姿を同時に描いた作品です。

物語は70年代のグラムロック期の「ジギー・スターダスト」および「アラジン・セイン」期のデヴィッド・ボウイ、そしてイギー・ポップとの出逢いをペースにして創作されている。ボウイはコンセプチュアルロック、架空のロックスターを創造してそのロックスターを演じるステージングをしていたのがこの頃だ。(それは「ダイヤモンドの犬」というアルバムまで続く)

冒頭でオスカー・ワイルドの出生時のエピソードから始まることから、この物語はゲイ/バイセクシュアリティの人間を描いた、そしてその当事者たちに捧げられていることは明白です。

ブライアン・スレイドのステージでの射殺事件が起きます。ファンたちは悲嘆にくれますが、その事件は狂言によるものであることが発覚します。スレイドは姿をそのままくらまします。彼がいなくなったことでグラム・ロックというカルチャーは下火になっていきます。

ロックへの愛情、そしてそれ以上に自分が陶酔したスレイド本人はどこにいるのかという疑念をモチベーションとしてアーサーは音楽ジャーナリストになる。スレイドの当時そしてその足跡を辿りながらアーサー自身の青春、ゲイとしてのアイデンティティの成り立ちを描く。アーティストとの出会いも恋愛のごとく始まっては終わる、でもその当人にはとてつもない影響と変化をもたらし、自分だけの人生を歩んでいくのだということを、優しい目線で描いた作品である。

ボウイの曲に「ロックンロール・スーサイド」というものがあるが、それもこのスレイドの狂言自殺のイメージの源泉になっているだろう。実際のボウイはアルバム毎に新しいロックスター、ペルソナを創造して活動する事に疲弊してドラッグ依存が強まり、そのようなスタイルから離れてソウルミュージックを目指した「ヤング・アメリカンズ」、「ステーション・トゥ・ステーション」と全く違う音楽性を指向することとなり、自身の休息とリハビリのためにドイツはベルリンへ渡ることになるのだが、スレイドの狂言自殺というのもこのドイツへ渡った経緯を象徴したものだと思う。

そして年を経てアーサーがジャーナリストとして活躍する頃、トミー・ストーンという人形ポップスターが現れます。実はこのストーンはスレイド本人で正体を隠して活躍しているのですが、この時のストーンは白いスーツで健康的で白い歯をみせて笑うようなアーティストなのですが、これは後にボウイがアメリカに渡り、「レッツ・ダンス」以降メジャー志向の商業主義的な活動へ移行していたことがベースになっています。なおかつその時代はボウイは「私はバイセクシュアルではない。」という発言をしており、単なるポップシンガーとしてのスタンスになったことへの過去からのファンが抱いた当時のボウイへの失望を表しているものと思えます。

これが当のボウイには面白くなかった模様で、本人の音源の使用許可が降りなかったというエピソードがあり、モット・ザ・フープルの音源も使わせてもらえませんでした。なお劇中ではモット・ザ・フープルの「ALL THE YOUNG DUES」をモチーフにしたスコアも流れます。

代わりという訳ではないですが、ロキシー・ミュージックやルー・リードの曲が使われます。なお、劇中のバンドの演奏はソニック・ユースのサーストン・ムーアやトム・ヨーク、バーナード・バトラーらボウイやイギー・ポップの影響を受けた当時の音楽シーンの最前線で活躍していたミュージシャンが務めており、若い才能によって繰り広げられる演奏はグラムロック当時の撒かれた種子が萌芽しているように感じられております。

この作品では冒頭でジャック・スレイドのステージに若い少年少女たちが熱狂して集まる様子が描かれます。そこにはクィアなジェンダー/セクシュアリティであることを伺えるファッションの人々もいます。彼らにとってスレイドはただのスターではなく、自分たちをそしてジェンダー規範から解放してくれる救済者になっています。この冒頭のステージが始まるまでのファンたちの期待に膨らむ笑顔はとても多幸感があり、他でもないアーサーにとっても「本当の自分でいられる瞬間」なのです。実際のボウイもそのような存在であったはずです。ただ、ペルソナとして架空のロックスターを演じる事で人々からの羨望と期待を負わされ続けることになったのは想像に難しくなく、クィアなアイドルとしてその価値を求められたのは重荷だったのでしょう。

ユアン・マクレガー演じるカート・ワイルドは実際にボウイとの友好関係にあったイギー・ポップそのものです。実際のイギーは現在も痩せ細るもボクサーのようにソリッドな肉体の持ち主でしたが、ユアンはそこまでの肉体の作り込みはしていません。ただ、スレイドとワイルドの関係性を描くにあたって「トレインスポッティング」でもジャンキーを演じたユアンはとてもハマっており、ステージ上で全裸になるシーンはストゥージズをやっていたイギーそのままです。

このカート・ワイルドとアーサーが出会い、肉体関係を結ぶシーンがあるのですが、建物の屋上で二人が出逢うシーンは近年の「ハスラーズ」でのJ.Loとコンスタンス・ウーが出会うシーンと酷似しています。かつて憧れたロックスターであり、憧れた人間の恋人であるワイルドを観てアーサーはそれが恋愛感情なのか分からないけれども制御できない感情に駆られます。それは伝説というより自分の青春どころか人生を大きく変えて形成したイデアと一つなりたいというような欲望です。ワイルドもまたアーサーにかつてのスレイドの面影感じます。そこにいない男の面影をお互いの中に感じながらその郷愁を噛み締めるがごとく。愛おしく想い、彼らは身体を交わします。このシーンは幻想的かつ、多幸感に溢れています。

最後にトミー・ストーン(スレイド)のライブの後にアーサーは立ち寄ったパブでひっそりとパイントを飲むカート・ワイルドに出逢います。この時二人はお互いに昔愛し合った同士であることに気づかないフリをしながらジャーナリストとロックスターという関係のままでインタビューをします。その中でかつてスレイドから貰ったエメラルドのブリーチを「彼がつけていものだ。オスカー・ワイルドが持っていだのらしいけど。」と渡されます。アーサーは「受け取れない」と拒否しますが、去り際にワイルドはアーサーのビールのボトルを忍ばせていました。それが本物かどうかは分からない。それでも人から人へ受け継がれていくものと価値があることの象徴であり、かつて愛を交わし合った男へのたむけ。

もう終わってしまった栄華の時代。それがフィクショナルなものであったとしても人々に見せた夢と輝き、人間の可能性は決して幻ではなく、それが人の胸に灯した光は消えることはないことを描いていたと思うのです。
tottsun

tottsunの感想・評価

3.6
私が最近見た映画670
「ベルベット・ゴールドマイン」
1984年、ニューヨーク。新聞記者のアーサーは、編集長にある事件の真相を探るよう依頼される。それは70年代初頭のロンドンで人気を誇り、その後失踪したロック・ミュージシャン、ブライアン・スレイドの追跡調査だった。
なぜ自分がこれを見たいと思ってFilmarksのリストに入れてたのかすっかり忘れてたけど、図書館で見つけたためレンタルしてみました。
主演がユアン・マクレガーってだけ聞いて、他の出演者は何も知らなかったんだけど…
これ、どっちかっていうとクリスチャン・ベイルが主演のような気がしたし、まさか出てるとは思わなかったからびっくりした。
あと、ブライアン・スレイドの妻役のマンディもトニ・コレットと気づいてこちらもびっくりした。
自分自身があまりロックやこの時代に詳しくないため、明言はされてないけどデヴィッド・ボウイについて描かれてるっていうようなことを他のレビュー読んで知ったくらいだから「そーなんだ」って感じのリアクションにしかならなかったんだけど…
当時を生きていたり詳しい人はもっと前のめりに見られる作品なのかな。
ブライアン・スレイドを演じてた俳優のジョナサン・リース=マイヤーズは初めましてだけど、中世的な雰囲気がとっても綺麗で素敵だった。
私的には☆☆☆.6かな。
baby

babyの感想・評価

3.6
ジャーナリストの少年の目線で
描かれるのは好きです。
彼らにいい意味で触発され自らを
見出してきた過去と、その過去が
フラッシュバックする感じも
好きだった。こうやってきっかけって
できていって、その蓄積が彼をつくったと
思うと最高だった。

でもあまりにも現実のキャラクターと
重なっちゃって映画を観ればいいのか
なんだかわかんなくなっちゃったのが
少し残念だった、、、。
インスピレーション以上
ドキュメンタリー以下という難しい
立ち位置に自分で感じて鑑賞したのが
混乱の原因でした、、、。

でも、やっぱり私はこういう混雑とした
世界が好きなのは変わらないし永遠に
影響されていくんだろうなと再認識した。
ユアン、好きです。
ゴンズ

ゴンズの感想・評価

4.1
高校一年の時に観て、人生が決まってしまった 映画館で3回観た
めな

めなの感想・評価

3.6
何も調べないで観たから知ってるキャストが結構いて驚いた
この年代の音楽全然詳しくないんだけど、知ってたらもっと楽しめたのかな、そうでもないかな
ユアンマクレガーやっぱり好き

70年代のグラムロック・ブームに生きた若者たちを描く。

1984年、ニューヨーク。新聞記者のアーサーは、編集長にある事件の真相を探るよう依頼される。それは70年代初頭のロンドンで人気を誇り、その後失踪したロック・ミュージシャン、ブライアン・スレイドの追跡調査だった。

妖しく魅惑的なコスチューム、グラム・ロック。デビットボウイへの愛憎。
mumu

mumuの感想・評価

4.0
作品の制作背景は置いといて。
純粋に自由に理想とする在り方を追求した、グラムロックのスターたちがいる。
そんな彼らを自らの代弁者として、心の拠り所とするファンたちがいる。
愛と自由を追求することがさもイージーに振る舞いつつ、いつも苦しみと闘う彼らの姿は切ない。
けれど、そんな生き方も素敵で好きな作品だった。

ユアンマクレガーとクリスチャンベイルの好きな俳優2人が出てて眼福。
ユアンのロン毛ストレートってあんまり好きじゃないけど、これはいいね。
ベイルって本当、無邪気な笑顔するよね。
adeam

adeamの感想・評価

1.5
グラムロックが興隆した70年代初めへのノスタルジーと、性別を超越した存在であったデヴィッド・ボウイへの愛憎入り混じった監督の感情が表現された音楽ドラマ。
10年前にロンドンを熱狂させながらステージ上で射殺された伝説的アーティストの真実にかつては追っかけだったジャーナリストが迫っていく物語です。
カラフルなオープニングクレジットでロンドンの街を疾走する若きクリスチャン・ベールが登場した時には、ポップでほろ苦い青春ストーリーが見られるのかと思いましたが、その後はシリアスかつネガティブな回顧録が展開されます。
フィクションという立て付けですが、どう見てもボウイとイギー・ポップですし、二人の公私に渡る蜜月関係まで描いた上に、ストゥージズの楽曲を使用しています。
しかし、ボウイから使用許可が出なかったという事情があるにせよ、その楽曲が流れないのは作劇として歪さが否めませんでした。
何よりその地球の者とは思えないオーラを携えた存在感には程遠く、それっぽい衣装でそれっぽい曲を歌うので、モノマネショーのように見えてしまうのが致命的でした。
XXXXX

XXXXXの感想・評価

4.0
ジョナサン=リース・マイヤーズ、ユアン・マクレガーの音楽伝記ドラマ!

実はイギー・ポップとデヴィッド・ボウイとの、禁断の恋愛を描いたのではないか、と言われてる作品。設定は全て架空の人物に変えています。

ブライアン・スライドはグラムロックの人気スターだったが、狂言暗殺により人気は地に堕ちていた。新聞記者のアーサーは、彼と愛憎関係にあった、カートとの日々を回想していく。

ユアン・マクレガーのボカシありの、激しいストリップシーンがあったり、ジョナサン=リース・マイヤーズも激しいSEXシーンでは、ボカシがあったりとかなり激情的な作品です。
新聞記者のアーサーは、クリスチャン・ベイルが演じています。

元々、モッズファッションで着飾っていた、ブライアンは時代の変遷で、グラムロックへの頂点へ登り詰めます。
男子中学生とハッテ○したり、夜な夜な男女入り乱れた乱交パーティをやったりと。何と乱交パーティを実家でやってて、お父さんが怒って怒鳴り込みに来るエピソードも!!爆笑

ブライアンは、かなり性に奔放で、「僕はバイ」とこの時代にもあろうことか、大胆なカミングアウトをしていました。女性と結婚したりとかなり自らのセクシャリティに素直な生き方をしてます。

監督は、個性派のトッド・ヘインズで、この作品でも、ダイナミックかつ妖艶な歌唱シーンや、前衛的かつ実験的なミュージカルシーンなど、かなりこだわりを見せた作品です。
物語が入り組んでいて、若干分かりづらいところはあるにせよ、とても見応えある作品でしたね。

90年代からゼロ年代中盤までは、渋谷にあったシネマライズで上映する作品は、ハズレなし!と言うくらいの作品群が印象的でした。
そのうちシネマライズ上映回顧として、上映作品マラソンやろうか企ててます。笑
Minted

Mintedの感想・評価

3.2
金髪ロン毛のユアン・マクレガーのカリスマ性、この作品で初めて知ったジョナサン・リース・マイヤーズはお化粧も似合ってかっこよかったし、まだ若くてウブな青年を演じてたクリスチャン・ベイルもかわいかったけど。

そんなメイン3人よりも何よりも!‘20th Century Boy’を歌ってるPlaceboのブライアン・モルコが超超超超かっこよかった!!!!
ここだけ何っ回でも観てられる。最高。

〝彼は言った イメージは自分で描け それが自由だ〟
>|

あなたにおすすめの記事