リオ・ブラボーの作品情報・感想・評価・動画配信

『リオ・ブラボー』に投稿された感想・評価

kojikoji

kojikojiの感想・評価

3.8
1959年 アメリカ作品 監督はハワード・ホークス。
「リオ・ブラボー」「エル・ドラド」「リオ・ロボ」3部作の監督だ。

 3部作を観てない人がもしいたら、この「リオ・ブラボー」から観た方がいい。この傑作によって、後の2作品が生まれたことがよくわかる。
 私は逆から観て、失敗した。普通は順番に観ると思うけど💦

 ストーリーは極めてシンプル。
保安官チャンス(ジョン・ウェイン)は、酒場のゴタゴタから人を殺したジョーという男を逮捕した。ジョーの兄ネイサンは手下を集め、釈放を求めてチャンスを脅迫する。

 保安官を助けるのは、女に捨てられてアルコール中毒に身を落としたかつての助手デュード(ディーン・マーチン)足の悪いジーさん(ウォールター・ブレナン)、生意気盛りの若者コロラド(ニッキー・ネルソン)。

 ジョーを人質に取られているので、何十人と子分のいるネルソンもなかなか手出しができない。
 それで色んな手を使いジョーの救出を図るが、ことごとく保安官チャンス達に阻止される。

 保安官、アルチュー、足の悪いジーさん、生意気盛りの若者の4人のコンビがすごくいい。たっぷりアクションを見せるし、その中に恋あり、歌あり、笑いありで盛りだくさんのエンターテイメントに仕上がっている。傑作だ。

 この時代の女性の服装に惹かれる。
 西部劇には必ずと言っていいほど、魅力的な(「いい女」と書きたいところなんだが、ちょっとこれはいい言葉ではないので使わない)女性が登場する。この映画ではフェザーズ(アンジー・デキンソン)。気が強く、なかなかストレートに気持ちを言えない女性。しかしなぜか優しく可愛い。この映画は少し違うけど、しっかりこの映画に華を添えている。

2022.11.27視聴-522

 
遊

遊の感想・評価

-
正統派でストレートに面白い、キャラクターの魅力もテンポの良い展開もばっちりの強い映画
子供ができたらこういう作品でまず「映画」を好きになってもらいたい
最初にデヴィッド・リンチとかを観せてそれをおもしろのスタンダードだと思われたら教育の失敗につながる可能性がある
あぺ

あぺの感想・評価

4.8
ジョンウェインが保安官バッチを投げる運動で泣ける。。

「脱出」の時からホークスは人が人に物を投げる動作に意味を持たせていたが、本作ではモロに物語に絡んでいきラストシーンまで意味を持たせていた。

今までモノクロだったからかカラーでしかできない演出(ビールジョッキの血)を巧みに披露していた。西部劇嫌いの自分が本作にハマったのはフォードと違いホークスは狭い範囲の画角で人物の部屋に注力して映すという点に惹かれたんだと思う。「赤ちゃん教育」等のコメディをやってきたからこそできるラストの会話に涙が止まらなかった。
odyss

odyssの感想・評価

4.0
【人物の描き分けとセリフの見事さ】

有名な西部劇ですが、ようやくBS録画にて鑑賞。

保安官を初めとする正義の側と、ネイサンという男に率いられた悪い奴らの対決のお話。

正義の側の面々に工夫が凝らされていて、そこが面白い。保安官のジョン・ウェインは中年男の貫禄を見せていますが、意地っ張りの老人、女に振られ酒に呑まれた過去を持つ青年、少年と青年の中間くらいの年齢で好奇心の強い若者。それぞれの性格が見事に描き分けられている。

あと、保安官を追う女。いかさま師の過去を持つけれど、今は恋する女となり改心しているという設定。ジョン・ウェインに迫るのだけど、彼はデクノボーのごとく冷たい(こういう筋書きも定番ですけど)。

各人のセリフも気が利いている。言葉のキャッチボールは日本人には向かないのかも知れませんが、最近セリフがお粗末すぎる邦画が多いことを考えると、少し見習って欲しいもの。

最後の撃ち合いでは正義の側には全然弾が当たらなくて、この辺はちょっとご都合主義的で物足りないのですが、全体として見ると、人物の描写がしっかりしていることとセリフの見事さで佳作と言える映画になっています。
【窓から植木鉢】2022年144本目

50年代後半。西部劇は衰退期であった。
その中でも、ハワードホークス監督は自身の西部劇へのこだわりを、ブレることなく突き通す。


主人公の保安官(ジョン・ウェイン)、アルコール依存症の部下、脚が不自由なベテランおじいちゃんの、小さな小さなコミュニティを映し出す。

殺人の現行犯逮捕で捕まえた男。
彼の兄が、その弟を檻から出そうと手段を選ばず殴り込んでくるのを阻止する話です。

ウエスタンの、独特なゆったりとした時間が繰り広げられ、物語的には単調で緊張感なども特にない。

しかし、その中でもふとした人間模様が描かれていて、愛おしい彼らの悩みを感じ取れる。
アルコール依存で手が震え、引退を覚悟している部下を他所目に、若い血気盛んな青年を雇うジョン。
おじいちゃんも見張り役ばっかりで不満なご様子。
それでも最後にはみんな活躍する。


物語の終盤にはみんなで合唱するシーンもあって、ここがなんともいえない哀愁でたまらない。
皆殺しの歌

ジョン・ウェインの西部劇💥
これ時間が長いんやけど、キャラ設定やストーリー展開が西部劇の王道過ぎて堪らんぐらい面白いです。

町で殺人を犯した男を捕まえたチャンス保安官(ジョン・ウェイン)。
しかし男の兄が弟を取り戻そうと殺し屋たちを雇う。💥

迎え撃つのはチャンス保安官の他、
☆助手のデュード(ディーン・マーティン)、かつて銃の腕はピカイチだったが今はアルコール依存症で自信を無くす。

☆新しい助手コロラド(リッキー・ネルソン)ダイナマイト運搬の護衛をしていたが雇い主を殺害されチャンス保安官の味方になる。銃の腕はピカイチ。

☆スタンピー爺さん(ウォルター・ブレナン)足が不自由だが詰め所から常に保安官を援護するため銃を構えている。

この3人とチャンス保安官が殺し屋軍団を迎え撃つ展開💥
籠城ものとしては、『エル・ドラド』の方が上だけど、ジョン・ウェインのカッコよさは今作品が上です。

ヒロインは100万ドルの脚線美ことアンジー・ディキンソン👧❤️
ふらりと町にやって来たがチャンス保安官に惚れたため町に居残る。
ヒロインのキャラとしては、イマイチだけどセリフのほとんどがジョン・ウェインを口説くようなセリフばっかりで…(笑)男にとっては嬉しいね❤️

女とゆうのは男が服を脱がす時にどんな素性の女か分かる…☝️とゆう表現が面白かった。
心配するヒロインに「オレは死なんよ」とサラッと言うジョン・ウェイン!渋過ぎるやろ。✨

僕もアンジー・ディキンソンみたいな恋人が出来たら、この映画のテーマ曲「皆殺しの歌」を聞きながらリオ・ブラボー気分に浸りたい!
そう思わせる作品でした。

なんか訳分からん事書いてる?(笑)


とにかく今作品、色々と内容が濃い西部劇の傑作なのですよ。


END.
濱口竜介監督がオールタイムベスト1に「ハズバンズ」(1970)と共に挙げている作品

Wikipedia引用
本作はフレッド・ジンネマンの『真昼の決闘』に描かれた保安官の姿に不満を持ったハワード・ホークスとジョン・ウェインが『真昼の決闘』へのアンチ・テーゼとして制作したといわれている。 力強い保安官と彼を助ける仲間たちを描いた、歌あり、恋ありの痛快西部劇である。

西部劇を多くは見ていないので比較はできないが、王道で明るめの西部劇に思えた。足の悪い爺さんのキャラクターが良い味を出していて、実は本作の肝の存在となっていた。

普通に楽しめたが、ベストに上げるような特筆する何かを見つけることはできなかった。
Yuhi

Yuhiの感想・評価

-
西部劇の大監督、ハワード・ホークス。

テキサスの保安官とその仲間たちの活躍を描く西部劇。『真昼の決闘』での西部劇のつくり方に反感を覚えたハワード・ホークスとジョン・ウェインによるカウンター作品。

旧き良きアメリカを標榜するハワード流、純西部劇。突出した娯楽性で今なお語り継がれる名作。シンプルなストーリーと素晴らしいサントラ。最後までゆるくてたのしい。

タランティーノが無人島に持っていく映画3本のうちの一つ。彼にとってものすごく特別な作品らしい。
500

500の感想・評価

3.2
『真昼の決闘』へのアンチテーゼとして作られた、ハワード・ホークス監督の痛快娯楽西部劇。

町の実力者の弟を殺人犯として勾留したことから、多勢の敵に狙われる保安官事務所…という設定は後にジョン・カーペンターが『要塞警察』で翻案したが、緊迫した状況にも関わらず、意外とのほほんとしているのが本作。命を狙われているのに、事務所とホテルをちょいちょい行き来し、女の子とイチャイチャ。上映時間も二時間越えなので、ちょっと間延び感も…

それでも安心して見られるジョン・ウェインの安定感。ディーン・マーティンとリッキー・ネルソンによる『ライフルと愛馬』のデュエット。『荒野の決闘』では極悪なオールドマン・クラントン役だったウォルター・ブレナンの陽気な笑い声。悲壮感がほとんどないので、「あ〜、面白かった!」と純粋に思える優良西部劇でした。
歩

歩の感想・評価

3.7
西部劇の普遍的なテーマを普遍的に描いてて、まとまってはいるが秀でた部分は見つけられなかった ただディノとリッキー・ネルソンのデュエットはさいこ〜 
>|

あなたにおすすめの記事