虎の尾を踏む男達の作品情報・感想・評価・動画配信

『虎の尾を踏む男達』に投稿された感想・評価

ヒカル

ヒカルの感想・評価

4.0
満足。メチャクチャ面白かった!
堂々とした佇まいで嘘をつく様は見ていてハラハラしたし、演技スゴいって思えた。
強力のおじさんがコミカルで、永遠見ていられる。
CLEO

CLEOの感想・評価

4.0

能、歌舞伎、演芸、映画が有機的に絡み合って生まれた奇跡の和製ミュージカル映画。『鴛鴦歌合戦』とはまた違う意味でのミュージカル。コーラスによる場面説明、大河内傳次郎の伝統演劇的台詞回し、エノケンの軽快…

>>続きを読む
ひじき

ひじきの感想・評価

4.0

11月2本目。

映画の作りがかなり独特で、今見ても新しい。虎の尾を踏む の意味は「非常に危険なことをする」。

1945年に製作されたことに驚く。あまり予算をかけてないことは見ていて明らかだが、そ…

>>続きを読む

 うおー!!!凄い!これを戦時中に作った黒澤明に感服!

能の『安宅』歌舞伎の『勧進帳』で舞台となった源義経一行の関所くぐり。

 60分の尺、限られたセットのなか、黒澤明の流暢なカメラワークと大河…

>>続きを読む

これ1945年に作られたのか…。
大河内傳次郎の特に勧進帳を読み上げるところが、音としては聞こえるが意味が全くわからなかった。
しかしその堂々とした演技はそんな事関係なく、納得させられてしまった。

>>続きを読む
かとう

かとうの感想・評価

5.0

たまたま授業で紹介された作品。最近読んだ「浅草芸能とゲイの近代史」で出てきた榎本健一さんが出演されていると知り、これは観るしかない!と即鑑賞。
榎本健一さんに関して言うと、これはたしかに日本人に受け…

>>続きを読む

見て損は無し。
終戦の1945年に、何人かの出演者とチープなセットだけで、こんな面白い作品作るんだから 黒澤監督の、長い戦争中 映画を作りたくて作りたくて たまらなかったエネルギーが爆発したの…

>>続きを読む
ハロー

ハローの感想・評価

3.2

人を欺くには周到な準備が必要。だけれどもそんな時間もなければ他にやりようがない。ならばって中央突破するにはとんでもない勇気と動じない精神が必要。まさかの展開になっても決して動じない振る舞いが相手の隙…

>>続きを読む
Sakurako

Sakurakoの感想・評価

4.1

豪華なキャスト陣、能の要素も練り込まれ、60分ほどの短さではあるが凝縮されていた。
1945年、戦争末期という時世でこれだけのものが作られるなんて、信念の強さを感じる。

強力はオリジナルの登場人物…

>>続きを読む
Q太郎

Q太郎の感想・評価

3.5

歌舞伎の勧進帳をミュージカル仕立てにした黒澤明監督作。

60分と短めですが見応えは十分。
重厚さと軽妙さのバランスが素晴らしくとっても楽しい映画となってます。

なんと言ってもエノケンがこの映画の…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事