グレムリンの作品情報・感想・評価・動画配信

グレムリン1984年製作の映画)

Gremlins

上映日:1984年12月08日

製作国:

上映時間:107分

3.6

あらすじ

『グレムリン』に投稿された感想・評価

てっきりグレムリンが出てきて可愛いお話なのかと思ってみたら大間違い!笑笑

ギズモの可愛さと、禁止事項を破ったおかげででてきたグレムリンが平和な街で大暴れ!

後半は子供にはきっと怖いシーンばかり、、
でも面白かったです
chiho

chihoの感想・評価

3.5
子どもの頃に観たのでほぼ覚えておらず、一体どんな内容だったんだろうと思って観る。
題名のグレムリンって、キズモから増えたやつらのことだったのね。
守らなければならないことを簡単にやぶる人間の愚かさたるや神話だなあと思った。
原型のギズモだけがグレムリンにならずギズモから派生したものが欲を満たすごとに邪悪になっていくのってなんか神と人間の関係を表してるのかなとか思った。
人殺しもするやばいグレムリンなんだけど、殺してお尻に注射さしとくみたいな、なんか笑ったら人間性バレるみたいなブラックなシーンが多くて良かった。
すごく子どもらしい感性の映画。
スピルバーグってきっとそうだったんだなあと思った。
ギズモがやたらかわいくて、当時ぬいぐるみとかすごい人気だったのがわかる。
最後にパパが迎えに来て、やっぱり人間にはまだ早いみたいな事言ってギズモ回収されるのだが、パパ=神か?みたいなかんじも良かった。

このレビューはネタバレを含みます

ママが果敢に戦うところ良かった
パパ作の変なマシンでぐるんぐるん回ってる
モグワイ笑った。結構アホなん?
変な生き物勝手に買って来られても怒らない
ママの懐の深さよ
わたしならめっちゃ怒るね

ギズモかわいい〜
なんとなく言葉喋るの1〜2歳児みたいで
かわいい〜(笑)
みんなも言ってるけど、
クリスマスのお話なのも初めて知った。
アメリカのクリスマスの雰囲気大好き!
街並みのセットのハリボテ感もレトロで良い。
ていうか、バックトゥザ・フューチャーと
同じセット使ってるのね!!!
(個人的にめちゃくちゃときめく情報)

怖いだけなんかと思ったら
歌詞カード持ってクリスマスキャロルとか
歌ってんのおもしろすぎる(笑)
いろんな性格のモグワイおるのも良い
白雪姫でアガってるモグワイたちおもろ(笑)

最後のモノローグ(笑)

おもしろかった!!!
chirol

chirolの感想・評価

3.7
クリスマスが大嫌い
という人がいるのも当然よね。
その人には必ずそう感じるバックグランドがあるから、変わってると思うのもまた間違っているし。
煙突から落ちて即死はトラウマだけど実際にありそうよね〜。

ワクワクしながら見てたら先生が食べられるシーンで子供向けのホラーじゃないと察した笑

バックトゥーザフィーチャーと同じセットはテンションあがるっ!

ギズモを持って帰ってきた父にどれくらいの罪と賠償金かかるんだろ〜と考えちゃう

人死んでるのに
上手くモノローグでまとめて、
最後に流れるエンドロールのポップさ
身勝手すぎて無慈悲でかなり好き。
Kyorome

Kyoromeの感想・評価

3.5
ギズモかわいい…

クリスマスムードの街は惨劇に…
忘れてはいけない、グレムリンはホラー映画だということを
sekika

sekikaの感想・評価

4.0
クリスマスといえばグレムリン!

レンチンシーン、煙突から死体エピソードとかトラウマシーン連発

発明家お父さんがナイスキャラクター
ポタ

ポタの感想・評価

-
グレムリンといえば色は緑、スタッツは攻守1300/1400のイメージ
YUPI

YUPIの感想・評価

-
かわい〜〜🎄

①光を当てない
②水をあげない
③夜中に食べ物あげない✍️覚えておきます。
Uえい

Uえいの感想・評価

2.5
なんか引っかかるところが多いけど、間違いなく誰でも楽しめる映画だった!
クリスマスにみんなで見るのも楽しいかも

あらすじは、クリスマス直前から始まる。銀行で働くビリーが、発明家の父親からチャイナタウンで買ってきた謎の生き物モグワイをクリスマスプレゼントにもらう。買うためには、3つのルールを守らなくてはいけないが。。

まずギズモが可愛すぎた。さらにケイト役のフィービー・ケイツも可愛すぎた!激重のトラウマを抱えてているのも面白い。
なぜか耳に残るBGMが多かったのも印象的だった。

劇中に見てた白黒の映画は何て題名なんだろう。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
ギズモかわいい。
ダーツの的にされているギズモが一番可愛かった。
>|

あなたにおすすめの記事