お引越しの作品情報・感想・評価・動画配信

『お引越し』に投稿された感想・評価

フランスの小さな映画館で、映画祭のディレクターを招いて批評つき上映でした。

映画の始まるシーンがとっても美しい。

様々なことが交錯して、複数のシーンで涙がポタポタとこぼれます。。
サワラ

サワラの感想・評価

4.6

・うわーすごく好きな作品だ

・切ない大人と子供の話だけど終盤に一気に抽象世界に踏み込むからびっくりした、そしてちょっと怖くもある

・初めから終わりまでずっと「炎」が付きまとう

・原作読んだ時と…

>>続きを読む
chan

chanの感想・評価

4.3

なんだこのワンカット!が多い 立て籠もり前のお母さんとの喧嘩とか、川辺でのお父さんとの宿題の答え合わせとか あみこの時も思ったけど、子供って大人が思うより全然冷静でおとなで、すぐ大きくなってしまうわ…

>>続きを読む
茂山逸平じゃねえかよ!勝負は冒頭の変な三角テーブルなめからの引きですべて決まったようなものだね。桜田淳子もすんごくいい。

「おめでとうございます!」
相米慎二監督作品。

離婚に向けて別居を開始した両親との間で葛藤する少女の成長物語。

少女を演じる田畑智子の演技は、つたない印象も残しつつ、子供の純真さと危うさがうまく…

>>続きを読む

2023 12/18 フランス アヴィニョンの映画館で観た。タイトルは知ってたけど観たことはなかったので観た。長回しのシーンが多い相米慎二監督作品だが結構長回しのシーンが多い。教師役の鶴瓶師匠は違和…

>>続きを読む
まめ

まめの感想・評価

4.7
めっちゃ面白かったー
三角机の冒頭シーンでは、ワンカットで親子3人の心情を明確に表していて、脱帽❕
立て篭もりのシーンびっくりした。
冷水ぶっかけられたような気持ちに...。

身が引きちぎられるようで、心が重たくなった。

後半死が近づいてる恐怖があった。

凄く心に残りました。
K

Kの感想・評価

3.5

三角テーブル。親の離婚危機。子どもとしてそれをどう解釈しどう受け入れれば良いのか。葛藤、怒り、悲しみ。対処できない感情。子役時代の田畑智子さんはアニメの世界から飛び出してきたようなビジュアル。契約書…

>>続きを読む

父、母役である若かりしき、中井貴一、桜田淳子はじめちょっと出てくる先生役の笑福亭鶴瓶などの存在感!ユニーク且つ演技力も抜群で良かった!

懐かしい90年代の日本の空気、京都の夏の空気の中で複雑な子供…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事