星を追う子どもの作品情報・感想・評価・動画配信

『星を追う子ども』に投稿された感想・評価

starlord

starlordの感想・評価

3.5
感情は押さえすぎると行き場を見失って、感情そのものがなくなってくる

なんか、ジブリっぽかったす
武藤

武藤の感想・評価

3.8
新海誠作品。
世界観とかはいいが、物語の広がりとか
初期の作品というのもあるが、最近の作品と比べると弱い
死者を蘇らせる地底の帝国への旅という発想は好き
ゆきの

ゆきのの感想・評価

3.7
すずめの戸締まりに似てるという噂を聞いたので観た。ジブリぽい。巨大生物がエモい。
どうしてもこの手のファンタジーをアニメーション作品化すると「ジブリの香り」がしてしまうのは避けられないのか...。新海誠監督作品には個人的に共感して作品世界に没入する事が多いのですが、本作も僕は肉親を立て続けに亡くした経験があり「死者の国 アガルタ」があるのなら、昔の自分ならどうなっても良いからアガルタへ行こうとしただろうなぁと思えたので最後まで飽きずに観る事が出来ました。ただ、壮大な物語の割にはクライマックスは小さくまとまっていて、そして短過ぎる気もしました。感動の押し売りよりは断然良いのですが、もう少し自然の摂理に逆らう事への葛藤や断罪など描いて欲しかったです。爽やかな青春映画の様なクライマックスでは、そこまでの物語とはミスマッチさを感じました。でも、僕は観て良かったと思えます。
ひかる

ひかるの感想・評価

3.5
時間が出来ると新海誠監督の作品を観ることが楽しみになっているこの頃。今作で6作目となる。こちらの作品、あまり評価は芳しくなく、皆様のレビューには苦いお言葉ばかり。どんな作品になるのかと、少しこわごわ、鑑賞。

作品を観ていくうちに、納得。
全体を通して、漂うジブリの香り。
そして、見せるシーンでは、エヴァンゲリオンを思わせて。
日本アニメにおいて詳しいとは言えない
私でも、その名前をしる、2大クリエーター。
宮崎駿、スタジオジブリ。
庵野秀明、作品「エヴァンゲリオン」。

だが、新海誠監督の年齢と、監督としてのこの作品の頃を考えたとき、必然的に影響を受け、今作が出来上がったのではないだろうか、そう思う。

けれど、宮崎駿の作品では、庵野秀明の作品では、主人公があのように直接的に神の体内に入れられるというシーンは描かれたことがないのだ。

今作品、物語は別にしても、映像、キャラクターなどに、新海誠作品独特のものは感じられにくかった。
けれど。この作品から月日がたった今。次の作品へと、また興味が引かれて仕方ない。

次に観る作品が楽しみです。
面白かったです。
私には良い作品でした。

Primevideoにて。 2022/11/12/。
鈴木

鈴木の感想・評価

2.4
友達とわちゃわちゃ見たから楽しかった 映画館で見たら気絶してたと思う
gemagema

gemagemaの感想・評価

3.5
再鑑賞。
どこかジブリ作品を連想する作品でした。
ラストはチョット雑に感じてしまいましたね。
ただ、映像綺麗だし良いお話しだと思うので面白く感じました。
とにかくミミが可愛い。
ミミのシーンが1番泣きそうになった。
yasu

yasuの感想・評価

4.0
確かにジブリ寄りだが。メッセージは違うようだ。呪いと言われても困るけど。
kio

kioの感想・評価

3.0
色々な名作の影響を感じざるを得ないけど、思いっ切りファンタジーなアニメは久しぶりで楽しめた。 
 
おそらく見た人のほとんどが

ジブリ意識しすぎじゃね?

と思うであろう
ハウルみたいな少年と会ったり飛行石みたいな石が出てきたり猫はテト、ムスカ味のある先生と異世界に旅に出て猩々みたいなモンスターに襲われたり、巨人兵見たいの出てきたり、ハイジのおじいさんに助けられたり
で、ところどころエヴァンゲリオン風味もあったり

設定に無理があったり、世界観に哲学がなかったり、ストーリーが弱かったりでトータルでイマイチだった

しかしながらこんだけ他のクリエイターの作品を感じさせるものを作ってどうしようと思ってたんだろう?

少なくとも現状見た新海作品の中では異質であり、イマイチ意図が見えない
>|

あなたにおすすめの記事