マイ・マザーの作品情報・感想・評価

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

みんなの反応
  • 親子の繋がりは深く強い
  • 映像と音楽の使い方が絶妙で美しい
  • 親子の喧嘩や衝突がリアルに描かれている
  • 愛と憎しみは表裏一体である
  • 監督の若さと才能が素晴らしい
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『マイ・マザー』に投稿された感想・評価

mia

miaの感想・評価

3.8


やけにリアルな言葉を交わす親子喧嘩がとにかく凄かった。序盤から売り言葉に買い言葉で止める人もいない😢

でも母のことは確かに愛してるから関係を修復させたい。ただ、思うようにはいかなくて悪化する……

>>続きを読む
xxxxn

xxxxnの感想・評価

4.0

グザヴィエドランの最初に観た作品であり、たちまちファンにもなった作品。

些細なことでもイラっとするし、消えてほしいと思うくらいウザいけど、それでも親はかけがえのない存在。

思春期に観たあの頃と、…

>>続きを読む
りつ

りつの感想・評価

4.2

母親って不思議な存在……
こんなに憎んでも切っても切れない関係だし、嫌いだけど他の人が母親を傷つけようとしたらその人を殺すだろう。


映像のセンスはもちろん芸術的ですごくタイプ…
特に恋人とペンキ…

>>続きを読む
純化

純化の感想・評価

-
だれよりも愛したい対象であることを

まだあきらめられてはいない
Arlecchino

Arlecchinoの感想・評価

4.3

思春期の破壊衝動。それは時に親子の関係に向かうわけですね。
不機嫌な映画ではありますが、コミカルな会話も面白いし母親のイケてない服装など、脚本は結構楽しめます。センスですね。
映画の語法はすでに確か…

>>続きを読む
白波

白波の感想・評価

3.8

DVD鑑賞
グザヴィエドランの自伝的な物語で、それを自ら主演・監督・脚本・制作した作品。
それが当時19歳なのだからとんでもない。
シングルマザー・LGBT・思春期が、絡まったような話です。
過干渉…

>>続きを読む

愛せないし、愛さないこともできない

19歳のうちに観ておきたかったので20歳になる5日前に鑑賞
母親との物語で偉そうな説教になっていない例をみたことがなかったので迷ったけど観てよかった

ドラン氏…

>>続きを読む

破壊の衝動と、元に戻す行動。

グザヴィエ・ドランが17歳の時に書き上げた半自伝的な物語で、19歳の時に監督・主演を務めたデビュー作っていうから驚き。雑誌をパラパラと捲るようなモンタージュ、モノクロ…

>>続きを読む
BABY

BABYの感想・評価

-

やっぱりグザヴィエドラン好きすぎる
ストーリーは本当に心グサグサで
母と息子の距離感や言葉や激しく動き回る
どれだけ嫌いだと思ってもどれだけ傷つけても
愛がそこにあるようにも思える
親子って不思議だ…

>>続きを読む
マ帆

マ帆の感想・評価

3.7

原題『僕は母を殺した』

冒頭の咀嚼音のくだりから共感させられ続けた先のあのセリフはズルい( ; ; )
色や景色、詩の使い方、全てにセンスが溢れていて、これが当時19歳のドランの監督デビュー作で…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事