いまを生きるの作品情報・感想・評価・動画配信

いまを生きる1989年製作の映画)

Dead Poets Society

上映日:1990年03月24日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

4.0

あらすじ

『いまを生きる』に投稿された感想・評価

Nobu

Nobuの感想・評価

3.7
自由に生きるのは簡単なことではない。
納得するまで説明は必要だね。
SEI

SEIの感想・評価

4.5
学生時代に学校で見て、当時はあのノリが気恥ずかしくてあまり響かなかったんですけど今となっては忘れられない映画の1本です
yuri

yuriの感想・評価

4.5
こういう作品に出会うたびに、
「映画」というものが自分の人生にあって良かったなあと実感する
Mk

Mkの感想・評価

4.0
『作者の意図より自分の考えを大事にする』
この作品を見る前から映画はもちろん、音楽、芸術作品、自分の好きなものに触れるときは自分の直感や感じたものを大事にすることをモットーとしていたけどこの作品を見て改めてそう思うことを大事にしようと思った。
教え子の価値感や思いを認めるキーティングがいたからこそ何かしらの定め、決め事に押し潰されるしかない者を別視点で物を見れる者にしたんだと思う。セリフが少なくともイーサン・ホークのあの表情や演技はとっても印象的。
SiraSachi

SiraSachiの感想・評価

5.0
オーキャプテン マイキャプテン
ロビンウィリアムスとイーサンホークの生涯ベスト級のハマり役🥲✨
学園物のド定番のストーリーで
展開も分かりきってるんだけど
ピーター・ウィアーの気を衒わない正直な演出と
ロビン・ウィリアムズと生徒達の見事な演技に気にならなかった

キーティングは破天荒に思いきや真っ当な事を言ってるんだよね
だからこそニールの親父とか校長に腹が立って仕方なかった

ロバート・ショーン・レナードが残らないとは・・・
メチャクチャ良い芝居してるんだけどね
何がいけなかったんだろう?
北

北の感想・評価

5.0
表現の自由について考える講義にて受講。
今年1の映画に出会ったかもしれない…!!
ネオリベとか資本主義とか考えてる今の自分にとって居心地が良い、ということは前提にしてグレる青年も、大人の苦悩も、可愛らしく描かれててほっこりしながらも考えられる。良い映画だ…。
Ria

Riaの感想・評価

4.0
「いまを生きる」、ずっと気になってた本作をやっと観たけど、これは……これは……。私大体映画観るとき、その映画の有名な画像やポスターだけ見て、「これは何の場面だろう?」と謎のまま本編を観てそこでやっと真相を知ることが多くて今回もそうしたけど、本当に正解だった。観る前後で全然印象が違う。とにかく、この映画をただの教師と生徒のハートフルストーリー💖だと想定してたら後ろから刺されます。

勿論爽やかで愛おしい学園ものの風味も持ちつつ、同時に重くて生々しく虚しい人間味を煮詰めたような何かも確実に存在している映画。生きること、自分の気持ちに向き合うこととはどういうことなのか。その答えにちょっとでも近づけそうで近づけない、曖昧でやさしい境界線で揺らめくような最後だった。
人生

人生の感想・評価

5.0
友達のおすすめで見たけど、いい映画だった。
節々で見たい映画。

机投げるシーンが好き。高校生っぽいし、青春。
あと第九が流れているシーン。胸がブワァーとなった。
私の親は真反対みたいな親だけど,自分が親になる時に気をつけよう。
いまを生きるって難しいよな〜。

ロビン・ウィリアムズの目が優しくて悲しい目してて、そこが好きだなって思って見てた。あの目は忘れない。
ニールのキラキラした目も忘れない。
キラキラした目ってこの目のことだ!って見ながら思った。
amon

amonの感想・評価

3.0
あの人は明日死んでも後悔のない生き方をすると言った。
僕は死んだら後悔するほど幸せになりたかった。
>|

あなたにおすすめの記事