わが母の記の作品情報・感想・評価・動画配信

『わが母の記』に投稿された感想・評価

tatu

tatuの感想・評価

3.6
昭和40年代の裕福な家庭の感じが出ていた。ボケ始めたおばあちゃんを息子、孫の立場から見る。息子は母親にすてられたと思っていたが、母の本当の気持ちを知ることになる。
たか

たかの感想・評価

5.0

心穏やかになって初めて、母の気持ちを知ることができた井上靖を描いています。心の健康を保ってないと、入ってくるべき情報も入って来ないし、気づくべき事も気づけずにいるものですね。親の子に対する愛は深いも…

>>続きを読む
akira

akiraの感想・評価

4.1

BS 再視聴

自分も父や母の老いや死を間近に見て、三国連太郎さんや樹木希林さんのお芝居が素晴らしくて、父の最期や母を思い出し、涙が出る。
そして、横暴な父親、伊上の態度が、亡き我が父にそっくりで、…

>>続きを読む
Newman

Newmanの感想・評価

3.8

家族全員で検印を行っているのを見てびっくりした。ちょっと古い本には検印省略とあり、もっと古い本だと著者の検印があるのは知っていたが、検印って本当に著者のところで印を押しているとは思っていなかったので…

>>続きを読む
tanzi

tanziの感想・評価

3.3

見ながら井上靖みたいな作家だなと思ってたら、まさかの原作で驚いたくらい何も知らずにテレビ放送を見た

一番印象に残ったのは
「恨みがあなたの作品の原動力」というような言葉

作家の家族だとか嫌だねぇ…

>>続きを読む
TOMTOM

TOMTOMの感想・評価

3.5
痴呆の母親を介護する家族
兄妹が助け合って、最期まで、温かく世話をする

息子には、「おばあちゃん」ではなく、「お母さん」と呼んでほしかった
時代背景や家庭環境が自分と異なりすぎて、感情移入できず、途中で断念。

子どもの頃の回想シ−ンは少ないのに、その頃の情景が自然と思い浮かんでくる。役者の演技力に賭けた演出がそうさせるのか。特に樹木希林の演技が素晴らしい。もはや演技と言えないそのままその人がいるよう。行間…

>>続きを読む
Marin

Marinの感想・評価

4.0
ばあばのことを、父母がずっと話してるのが印象的。
自転車で1日帰ってこなかったあの話。

井上靖3部作「しろばんば」「夏草冬濤」「北の海」は主人公洪作が逞しく成長する過程が清々しくてとても好きな作品でした。

だけど主人公が実母に対する屈折した感情をずっと引きずっていたというのは、意外に…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事