下妻物語の作品情報・感想・評価・動画配信

下妻物語2004年製作の映画)

上映日:2004年05月29日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『下妻物語』に投稿された感想・評価

エリー

エリーの感想・評価

3.8
映画館で、エンディングの曲聴いてる時爆泣きして隣の友人にドン引かれた。こんな友情いいなぁって羨ましくて。愛おしい。

このレビューはネタバレを含みます

相反的な二人が少しずつ近づいていく
感じが良かった。
最後の映画の終わり方に好き嫌いが
分かれるかもしれないけど、
最後の最後まで興味のないような素振りを
していた桃子がイチゴを助けに行ったのが
すき。
前半のコメディシーンもすき。
いちばん好きな映画。中学2年生のときに観てくれたあの頃の自分ありがとう。
過去鑑賞作品。

何度も見返したくなる。素敵な作品。自分のアイデンティティを貫くことの大切さを教えてくれる。

いつか、聖地巡礼するのが私の夢。
k

kの感想・評価

4.0
人間はひとりなの。ひとりで生まれてひとりで考えてひとりで死んでいくの。人はひとりでは生きられないなんて、だったらわたしは人じゃなくていい。ミジンコでいい。

酸っぱいものは食べたくないの。甘いものだけでお腹をいっぱいにしたいの。

人間は大きな幸せを前にすると急に臆病になる。幸せを勝ち取ることは不幸に耐えることより勇気が要るの。

自分が一番大事なものは絶対貸しちゃいけないの。貸してもいいのはどうでもいいものだけ。だからわたしは借りたものは返さない主義。その代わり貸すときは戻って来なくてもいいって思うの。
Nao

Naoの感想・評価

4.0
2022年58本目
普通に面白かった
レディースとロリータの組み合わせ異色だが、なんかいいな

深キョンのロリータ姿可愛すぎだし、似合いすぎる

原作は「ミシン」書かれている嶽本野ばらさんなのね。
著者の作品好きなので、原作も読もうっと
ろぐ

ろぐの感想・評価

4.3

刺さるセリフがいっぱいあった。色んな面での生き方の参考になった。
大事なものは絶対に守って、そうじゃないものは潔く手放せる芯のあるモモコかっこいい。
好きか好きじゃないか、大事かそうじゃないか、みたいな一元的な考え方は"子供"なのかもしれないけど憧れる。

孤独に生きるのは楽だし守りたい人がいるって面倒 だけど素敵なことだ。

イチゴ→→→モモコだったのが、気づいたらモモコがイチゴのこと大好きになってるのが可愛かった。相手の喜ぶ顔が嬉しくて泣きそうになっちゃうの良い、、
真逆の属性のバディものが大好物なのでそういう点においても非常によかった。
あと登場人物のビジュアルが素晴らしく美しかった。
saranmaru

saranmaruの感想・評価

5.0
DVDコレクションの1つ。
何回見たかわかんないくらい大好きな映画。
レイカ

レイカの感想・評価

4.5
コメディ調で全体的に楽しく見れた!
深田恭子と土屋アンナの2人のビジュが良すぎて
めっちゃスクショしたかった笑
平成っぽい雰囲気もレトロでいいし 、ももちゃんの思想強めな感じもいい〜!この組み合わせ最強やね…
Deち

Deちの感想・評価

3.5
緩く楽しめるコメディ映画。
独特な演出と個性的な出演陣が絶妙っすね。
ただ演出に力を入れすぎて冷静に考えるとなかなかに内容が薄い。
>|

あなたにおすすめの記事