スルースの作品情報・感想・評価

『スルース』に投稿された感想・評価

mei

meiの感想・評価

-
72年の方が見たかったんだけど先にこっちを。
アップル製品使ってるし、家現代アートみたいだったのでオリジナル版から相当変わってるんだなーと思うので、やっぱりオリジナル版がみたいです。
SYU

SYUの感想・評価

3.0
2022/10/12
監督 ケネス・ブラナー
マイケル・ケイン
ジュード・ロウ

"男の嫉妬は、世界を滅ぼす"

大富豪の老人と、彼の妻の浮気相手の美しき俳優、妻との別れを迫った俳優に、老人がある提案をしたことから、事態が予期せぬ方向へ進んでいく様を描く心理スリラー。

J・ロウでもう一本。

ほぼ主演の2人だけ、老人の邸宅で描かれる、舞台劇の様なスリラー。

短い時間の中で二転三転するストーリー、物語には少しツッコミ処はあるのだが、2人の丁々発止の演技が飽きさせない。

J・ロウの見惚れるような美しさと色気が見事な作品です。

鑑賞日 2008年頃 DVDにて
ぐち

ぐちの感想・評価

3.3
この絵づくり、この演技だからこそ持つ(ほぼ)ワンシチュエーション会話劇。
低予算ながらコンテンポラリーで耽美な絵づくりはフェティッシュで好み

ジュドロとケイン様の濃厚ないちゃつき(ほとんど比喩じゃない)を堪能させられる90分間
破れ鍋にとじ蓋?
最後の方は「一生やってろ」て思うし一生やっててほしい。
lic

licの感想・評価

3.1
スタイリッシュにリメイクしたら、オリジナル版の知的ゲームギークな感じがなくなっちゃった
小説家のアンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)の邸宅に、俳優のマイロ・ティンドル(ジュード・ロウ)が訪ねてくる。ティンドルはワイクの妻のマギーと不倫関係にあり、ワイクに離婚するよう説得する。回答をはぐらかすワイクはティンドルにある依頼を持ちかける。

「探偵スルース」(1972年)は観ていません。

ストーリー展開は、ほぼワイクの家の中でのみで行われる会話劇であり、心理的に相手を翻弄していく様子は、非常に驚きました。観ているうちに何が行われているのか訳が分からない状態になりました。それなのに、話の中に引き込まれていく。

セリフを紡ぐ役者たちの演技が魅力的で、終盤のやりとりはとても良かったと思います。

普通に面白かったと思います。
いとよ

いとよの感想・評価

4.6
登場はこの2人だけ(笑)
会話が主体の心理戦です

お互い酒飲み過ぎじゃない?

本編約90分と短いけど、ラストはともかく
内装、ライティングとかもスタイリッシュで見ものです
1人の女性をめぐる、心理戦スリラー!!

登場人物少なっ(๑°ㅁ°๑)‼️

ほぼ会話×会話の90分⏳

気になった点
・内容にいろいろ突っ込みどころがあったw(ネタバレになるといけないから内容話せない🫢)
・お洒落に見せようとする演出が、所々オーバーに感じてしまったw(監督誰なの?って思ったらケネスブラナーだった😂💕ケチつけてごめんなさいw)

よかった点
・この2人だから見れた!!!
・今作のジュードロウは、長髪で色気がいつも以上に溢れてた🤤💗

本当はオリジナルの〝探偵スルース〟が見たかったんだケド。。どうやったら見れるのかわからず(⚭ω⚭ )💭いつかみてみたいな☺️💓

オリジナル、リメイク共に出演しているマイケルケインさま👏(そういう出演あるんだ😳!)さすが‼️‼️
あだも

あだもの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

マイケルとジュードの2人舞台
旧作の『探偵スルース』では逆に若きマイケルが無名俳優役やってるし、『アルフィー』でも新旧アルフィー役だし、なにかと縁のある2人
お話の結末は斜め上行く展開でついて行けなかったんだけど舞台だと思ってみればね、演技もそれっぽいし
お芝居も見事だから、見て損はないはず

ジュードのセクシーぶりを存分に味わいたい人には最高の作品じゃないだろうか
警察に変装してきてた時も、綺麗な顔立ちが隠せてなくて「これ、絶対ジュードやん」ってなるよね☆

このレビューはネタバレを含みます

全然関係ないんだけどマイケルケインの下半身が女性仕様でも驚かないかも知れないとふと思った
西木

西木の感想・評価

3.4
何も知らない状態で視聴。
2ラウンドまんまと騙された〜
2人の演技対決が見所。というかそれのみ。マイケルケインもジュードロウもそれぞれの年齢に見合ったセクシーが過ぎる。

日本で舞台やるとしたらジュードロウの役は岡田将生にやってほしすぎる。
>|

あなたにおすすめの記事