マッドマックス/サンダードームの作品情報・感想・評価・動画配信

マッドマックス/サンダードーム1985年製作の映画)

Mad Max Beyond Thunderdome

上映日:1985年06月29日

製作国:

上映時間:107分

3.1

『マッドマックス/サンダードーム』に投稿された感想・評価

放浪しすぎて道に迷った3作目



初見の時はそれなりに楽しめたけど…
シリーズ見直すとこれまでの流れからして違和感ありありですね☹️

マッドマックスといえば?
そう、カーチェイスです。
これが少ない!

タイトルのサンダードーム
サーカスみたいに金網ドームの中でバイクバトルのようなイメージを勝手に持っていたけどバラエティ番組の1コーナーかのよう。

雰囲気と音楽はいいんですけどね😁
なんかクスッとしてしまう今作。
ティナ・ターナーはなんか好きでした。

一度ここでシリーズ完結だったのがまさか後に傑作続編が生まれるとは。
前作から世界観は引き継いでいるが、それだけの映画。あんまり関係ないサンダードームのタイトルを使うのはちょっと詐欺的。そして前半の見せ場のそのサンダードーム内の戦いが何故かゴムを装着でピョンピョン跳ねる謎展開。どこから来たのかオアシスの子供たちとの無意味な交流。バータータウンに戻ってマスターを助ける必要性の無さなど、行き当たりばったり感が強く非常に退屈。3作目にしてかなり子供向けに寄せてきた感がある。終盤におなじみとなったカーチェイスが見られるが、無理やり過ぎてあんまり楽しめない。なぜこのような映画にしてしまったのか疑問が残る。
MSurvival

MSurvivalの感想・評価

3.0
まぁまぁ。2が凄かったしティナ・ターナー出てるしで期待し過ぎた。
おネギ

おネギの感想・評価

5.0
神話とトールテールの境界を描いた映画だと考えればシリーズ最高傑作

久々に見たけどキャラクターもビジュアルも素晴らしいし、とにかく物語の展開(因果)が凡人には考えられない発想で好き

1みたいな作品、2みたいな作品はいくらでも作れると思う(実際あるわよね)けど、「サンダードームのような作品を作れと言われてもなかなか難しいと思うのよね〜
takibi

takibiの感想・評価

2.9
うーむ。

今観るとうーん。何だかなーという感じがする。

マシンと悪党はカッコいい。
ぴーと

ぴーとの感想・評価

3.0
おっと続編まだあったのね?サンダードームとかはいいけど3ってタイトルに入れといてほしいな。

あいかわらずキャラが濃いというか独特な世界観がこってりしている。
文明崩壊以前の世界がなんとなく数百年前くらいの神話みたいな語られ方をしているけどもちょっとまって、マックスは元警官で今も生きているわけだからそんな昔のことじゃないと思うんだ。

若い世代が過去の文明を知らなかったりちゃんと教えてもらってないのもムリはないけどもどことなく令和になって昭和生まれは老人扱いされてる教科書を見かけたような感覚。

サンダードームとやらはそこそこにやっぱりカーチェイスがやりたいんだな?
この戦いの目的や決着ってそれでいいのか…?

え!?ジャイロキャプテン!??だよね?え?違う?いやいやジャイロキャプテンじゃないか??別人なの?
その違和感が終始ふわふわまとわりついてなんか気持ち悪いのよ!
というかマックスが一番違和感を覚えなさいよ!
メルギブソンが一気に老ける。そして、ティナターナーはやたら笑顔。監督は2でカーアクションは結構やり尽くしたから別のものを撮りたかったのか?(後半にカーアクションはあるが)でも、2が面白くて、全編ド派手なカーアクションを楽しみにして今作を見に行った人は、これじゃない感が酷かったと思う。監督も30年も経って新作を撮ったのは商業的なところも大きかっただろうけど、酷評の今作でマッドマックスを終われなかったんだろうな。

〈あらすじ〉
核戦争で荒廃した近未来の地球。豚メタンガスでエネルギーを製造し、物々交換で市場が成り立っている街、バータータウン。そこに疲れきったマックス(メル・ギブソン)が辿りつく。街を見はらす塔の頂に君臨する地上世界の支配者、アウンティ・エンティティ(ティナ・ターナー)は、屈強な部下たちにマックスを急襲させる。この“オーディション”をクリアし、エンティティのメガネにかなったマックスは、この街の地下世界を支配する巨人のプラスター(ポール・ラーソン)と、小人のマスター(アンゲロ・ロッシト)の二人組、マスター・プラスターと闘うことをエンティティから命じられる。マックスは、街の中央に設けられた闘技場、サンダードームで相手のプラスターを倒す。しかし、仮面の下のプラスターのあどけない顔を見てとどめを刺すのをためらう。プラスターはエンティティの部下に殺され、マックスは砂漠に追放されてしまう。砂漠で気を失ったマックスは、一人の少女に助けられる。彼女に連れられて辿り着いた場所には、3歳から16歳までの子供だけの集団がいた。子供たちは、いつの日かパイロットのキャプテン・ウォーカーが救いに来てくれると信じており、マックスをウォーカーだと思い込む。ある日、数人の子供たちが集団を抜け出し、バータータウンへ向かってしまう。マックスは残された子供たちと共に後を追い、バータータウンで失脚したマスターと手を組んで、エンティティ一一派に立ち向かう。
Cabbage

Cabbageの感想・評価

3.2
うーん、世界観は嫌いじゃないけど、面白いかと言われたら面白くはないよな…
えり

えりの感想・評価

3.3
途中これはマッドマックスなのか…?ってちょっと心配になったけどちゃんとカーアクション観れて良かった!
サンダードームでのドタバタ楽しかった。
後半は子どもたちがいっぱい出てきて1、2に比べてかなりホンワカ感がある。
ポップコーンムービー的な。
なんかアドベンチャーものを観たような爽やかな後味だった。
マッドマックスを観た感じはあんまりしないけど面白かったしこれはこれでアリ、かな。
マッドマックスシリーズ第三弾
遥か昔に観ましたが、内容忘却に付き、再視聴。
一二作に比べて、ややソフトで、カーアクションも少なめ。
猿の惑星的。
相変わらずの自己犠牲ヒーローマックス。
そこが良いんですけどね。マックスのぎこちない愛を感じる😅
敵役にあのティナ・ターナー😮
長さも適当で、面白く、幅広く受けるのではないでしょうか?
お勧め。
>|

あなたにおすすめの記事