フックの作品情報・感想・評価・動画配信

フック1991年製作の映画)

Hook

上映日:1992年06月20日

製作国:

上映時間:142分

3.6

『フック』に投稿された感想・評価

ロビン・ウィリアムズ満点な作品。楽しめた。大人になってから観ても面白いいくってすごいな。
ティンカーベルの扱いが可哀想。
スピルバーグだったことに驚いた。

カタール行きの飛行機の中で鑑賞。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.5
実質これが「ピーターパン3」だろ
ウェンディ、ジェインそしてモイラなんだなぁ
大人になってしまったんじゃなくて
なりたかった夢の続きなんだなって

背景が美しいよなマットペイントかな?

チクタクワニだから時計の墓場かな?とも思ったけど『時間が止まる』ってメタファーでもあったんだな

ダスティンホフマンのフック船長が結構良かったなアニメに近い感じがした
フック船長がもっと大きいかと思ったって言われてて笑った
実際のギャグと小さい時は大きく見えたっての掛け合わせてるんだろな
結構残酷な事してるのに引き際はファンタジーなのはスピルバーグの優しさなのか怯えなのか

なんで終盤ティンカーベルプリンセス化したのか謎だったな
何度も映像化されてるのに一貫して片想いって切ないよね

グッモーニンネバランド!は笑った

最後の冒険は死だ、人生こそ冒険だ
ってあるけどピーターパンの裏テーマでもあるよね
YuRa

YuRaの感想・評価

4.0
【フック】

物語 ★★★☆☆
配役 ★★★★★
演出 ★★★★☆
映像 ★★★☆☆
音楽 ★★★★★

総評 ★★★★☆ 4.0

物語 ★★★☆☆
子供の頃、何度も何度も観てた記憶!
なのに覚えてないwなぜだ。
僕が大人になったからなのか?ww
ピーターパンが記憶がなくなり大人になってしまった後日談!
まさかの
スティーブン・スピルバーグ監督作品だったとは!!!!!
さすが巨匠です。わくわくさせてくれる〜
序盤のネバーランドまでが退屈やったかも。
ネバーランドパートはずーっとワクワク♡
世界観が最高すぎる。

配役 ★★★★★
ロビン・ウィリアムズに
ダスティン・ホフマンに
ジュリア・ロバーツ!!!!!
めちゃくちゃ豪華すぎん。
こんな贅沢な映画を小さい頃何度もみてたんや!?
フック船長イキイキしてて好き♡
おじ様ピーターパンは見慣れるまで違和感しかなかったけどw
ティンカーベルかわいい。

演出 ★★★★☆
CGも悪くない!
海賊船や周りのセットはさすがの一言!!
こってるしお金かけてる!!
ネバーランドの子供たちとのわちゃわちゃはホッコリする♡
フック戦も剣さばき良き!
なんといってもネバーランドの世界観が好きすぎる♡
行きたい行きたい♡

映像 ★★★☆☆
昔の映画やけどきれいにリマスターされてるんかな?
全然みれる!
CGも今観ても悪くないということは、
昔リアルタイムで観た人は圧巻やったと思う!!

音楽 ★★★★★
さすが、
数え切れない映画音楽を作り出すジョン・ウィリアムズ!!
もう聞いた瞬間に映画にひきこまれる。
ホームアローン感、ハリーポッター感、あげたらきり無いw
天才なの?いや天才ですね。
この人の音楽は人をワクワクさせてくれる♡


#フック船長 #海賊 #ネバーランド #年をとらない #年をとる #時代 #記憶 #童心 #ワクワクドキドキ #ファンタジー #冒険 #映画 #ムービー #映画好きな人と繋がりたい #映画鑑賞 #映画鑑賞記録 #映画ノート #映画好き #映画記録 #映画好きと繋がりたい #映画レビュー #映画大好き #映画メモ #映画が好き #映画紹介 #映画が好きな人と繋がりたい #映画三昧 #映画🎥 #映画🎬 #映画感想

このレビューはネタバレを含みます

小さい頃の思い出
ルフィオが刺されるシーンがすごいトラウマだったの思い出した
ロビン・ウィリアムズはとりあえず観ようの気持ちを抱えて生きているから、観てみた映画。
悪くない映画だった。
子供向けにも作られてるのかな?って感じだからそこまで集中力を必要として無い造りをしていて、最近めっきり頭使うの嫌になってるから(いつでもどこでも頭も身体もなるべく使いたくない)分かりやすいのは有り難かった。
ピーターがいなくなってる間のボスの子がサラッと殺されえサラッと流されてたのが気になり過ぎてそこだけもっと弔ってやってくれよ……。って切なくなる。そんな映画だった。
子供の頃、兄弟とよく観ていた。(金ローでも放送していたような)
今観ても夢を見せてくれる、色褪せない作品ですね。
【おとなになったピーターパン🧚🏻‍♀️】

みんな大好きロビン・ウィリアムズの作品だよ~~~~~~~


【軽いあらすじ】
ネバーランドを後にしたピーターパンが人間界で大人になり、子供心を忘れてしまう。
そんな中、宿敵フック船長はピーターの子供をさらいネバーランドへ逃げてしまう。

とても豪華!!!2時間30分ずっと可愛くてファンシーで煌びやか。
目が喜んでたよ~~得にフックの部屋ね。

お話もおとぎ話と現実を掛け合わせているみたいで割と大人も見やすい。
というか大人に見て欲しい。

【こども心って?】
いつしか空想を忘れて現実しか見れなくなった人。他人を平気で蹴落とすようになった人。
転ぶことを恐れてチャレンジしなくなった人。嫌っていた大人に近づいた人。

作品を通して、あ~~もうそんなことしなくなったなって子供じゃない自分に気が付いた。

空想のごはん食べてるシーンよかったな…


【フックとピーターの関係性】
フックが宿敵ピーターパンを見つけた瞬間の目の輝きがいい。

大人は新しい経験が少なくなるから、人生には目標がないとね。

気が付いたこととしては、善と悪は一緒でないと存在意義が確立しないということ。
ヒーローはヴィランがいないと善になれないっていう皮肉がいい。その逆もね。

そして一方的にフックが負けるラストは悔しい。
善も悪も互いに正義があって戦っているんだし、子供たちだって盗みを働くじゃないか…
だから一概にフックが嫌いになれなかった。
ユウ

ユウの感想・評価

3.0
ロビン・ウィリアムズはやっぱりすごい(後半は勿論、あれを観ると前半の抑えた芝居の凄まじさも実感…)。でも一番魅力的なのはダスティン・ホフマン&ボブ・ホスキンスの悪役コンビだと思う。タイトルになっちゃうのも分かる。
國本

國本の感想・評価

2.5
國本幼少期、チクタク音出しながら迫ってくるワニがツボやったの思い出した
かず

かずの感想・評価

3.6
過去鑑賞
これも他の方のレビューを見て思い出した作品。
大人になってすべて忘れちゃったピーターパンの話。おもしろかった。ピーターパンファンなら見て損はしないと思う。
>|

あなたにおすすめの記事