ライアー ライアーの作品情報・感想・評価・動画配信

『ライアー ライアー』に投稿された感想・評価

かこ

かこの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

なつかしーー。
ジム・キャリーがパワフルすぎてもうどんだけリアリティが皆無でも最後まで見れちゃう。

主人公と息子との間の絆の描き方が上手い。アイアンクロー。

嘘つきすぎて、自分の中の真実がわからなくなってることってあるよなー。
りゅか

りゅかの感想・評価

3.5
本音と建前

📕あらすじ📘
フレッチャーは一流の弁護士だが、それは得意な“嘘”のおかげ。彼は元妻に引き取られた息子マックスとの面会日もすっぽかす始末。ところが誕生日のパーティをすっぽかされたマックスが、パパが嘘をつきませんようにとお願いすると奇蹟が起きる。

オススメ度:❤︎❤︎❤︎♡♡、3.7
自己スコア:❤︎❤︎❤︎♡♡、3.5

⭐️レビュー

ペンの色は赤映画🎞

突然ウソがつけなくなってしまった、
やり手の弁護士の
悪戦苦闘ぶりを描いた
ハートフルコメディ。

ダメな父親が
息子との絆を取り戻そうと
奮闘する。

ジムキャリーの顔芸堪能。
最後のNG集でも
過剰演技!って言われてて
面白かった。

息を吐くように
嘘をついていた主役の
つこうと思っても言えない、
思っていることを
ついつい言ってしまって
とんでもない顔芸や
オーバーアクションを披露する。

トイレのシーン🚽といい
顔も体も全力で
全身全霊を使った演技。
「ペンの色は赤」✒️
というセリフを言うだけで
あんな色んなパターンで
動ける人いるだろうか?
  
嫌いな人には
ずっと続くから飽きたり
見てて疲れると思う。

真似しろと言われても
あんなには出来ない。
「マスク」は彼のおかげで
CG無しで出来たから
製作費浮いたって話好き。

人間ってあんなに
顔や体動かせるんだと
ジムキャリーを見るたびに思う。
普通の人は
ちょっとやろうとしただけで
筋肉痛になりそう。

息子に愛してる?かなんか言って
コレは嘘じゃないって気付くのは
どうなんだ笑
テキトーに言ってたのか。

息子が願わなければ
嘘を変わらずつき続けて
悲しい思いをさせる
ほんとダメな父親なので、
そりゃ金あっても💰
離婚されるし
理解ある彼氏の方に
ついていっちゃうよね。

⭐️情報

👤
ジム・キャリー
モーラ・ティアニー
ジャスティン・クーパー

🎥監督
トム・シャドヤック
✍️脚本
ポール・グアイ
スティーブン・メイザー

🇺🇸Liar Liar
🇯🇵ライアーライアー
🗓製作年 1997年
🌎製作国 アメリカ
🕛上映時間 87分
kassan

kassanの感想・評価

3.8
ジャケだけ見て、「おっ。ジムキャリーもハートフルな映画やってるんだ」って思って再生したら、めちゃくちゃにお笑いやってた。キレッキレ。倍速で撮ってんのか、っていうくらい。

それで、小2以来、とつぜんジムキャリーブームが到来。実はかっこいいのも良いな。
いつか自分に子どもができたら、ジムキャリーと、ミスタービーンは必修科目にしようと思う。
この作品はジム・キャリーが好きな人なら楽しめますが、嫌いな人には堪らないでしょう(笑)

嘘がつけない事によって変形する顔や、トイレでのマゾごっこ。
個人の芸がそのままストーリーに結びついているのはジム・キャリーならでは。

ただマックスの存在が、父親としての愛情を実にうまく表現している。こんな純粋そうな子供よく見つけてきたもんだ(笑)
最後の空港の場面はやりすぎの感がありますが、これも愛情の裏返し

NGシーンも出演者の素顔が見れて最後まで楽しめる。

ところで劇中に"ノモ"の単語が出てくる。
大リーグ1年目の野茂英雄の活躍はこんなとこにも影響与えていたのか。
7.2/10 吹き替えで視聴

ただの会話シーンでも面白く見れる映画
フレッチャーののキャラが良き 「アイアンクロウは止められなぁー⤴︎い!」

コメディ映画ということもあって後半は流石に無理があるだろと感じたが面白かったから良き!

少し終わり方に疑問が残ったけれどコメディ映画としての完成度は高いと思う
比較的万人受けする映画だと思う

【良かった言葉】

被告の無実の罪を晴らして来たよ!

先生は美しいさは心にあるって
醜にくい人はそういうんだ
本当のことばかり言ってたらこの世の中は生きていけないんだよ

本音を言うって気持ちいなぁ

金が全てじゃないぞぉ

僕は正気だよ 今までにないくらいに

いつでも会える時はちっとも会いに行こうとしないのに お前がボストンに行くと言ったら抱いて遊んでやりたくなった

【思ったこと】

理解不能な出来事が起こると逆らおうとする(Blue!)

理解不能に少しでも辻褄が合うことを見つけたら盲信してしまう

悪口にはエンタメ性がある

本気度が人の考えを変えることもある
SuiIWAMOTO

SuiIWAMOTOの感想・評価

4.0
ザ・アメリカン・コメディ!最高ぅ!

大爆笑したい日にまた見よ〜っと。
たなか

たなかの感想・評価

3.6
ストレートに笑って、最後ジーンとできる王道ハートフルコメディだった。
吹き替えでみたけど山寺さんのジムキャリーやっぱりめちゃくちゃ面白い。

嘘がつけなくなってから初めて会社に来るシーン大好き。

主人公の息子役の子がめちゃくちゃ可愛い上に声くまいもとこさんなのずるい。癒される。
eliie

eliieの感想・評価

3.6
こういうはちゃめちゃコメディ好き
途中ちょっと間延びしてたかも
お笑いあり涙する、心が温まる感動のコメディ映画。途切れない癖のあるユーモアな行動で笑い涙が止まらない。

向き合っていく大事なものとは。愛がすべて。そして、大きな行動へと。

独特で個性溢れるジム・キャリーが大いに笑わせてくれて堪能でき、幸せ溢れえる思い出の一作になるかもしれない。
モ

モの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

とにかく顔がうるさくて面白い。
韓国語のシーンめっちゃ笑った。
>|

あなたにおすすめの記事