きみに読む物語の作品情報・感想・評価・動画配信

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

上映日:2005年02月05日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

すごく素敵だった
でも強いて言うなら結ばれた後の若い2人をもっと見たかった、、
カイ

カイの感想・評価

3.8
老人ホームでお爺さんが、入居者のお婆ちゃんに物語を読むところから物語が始まり、その話はお爺さんの若い頃の話で...というお話。

物語の構成は映画が始まってすぐに分かるが、あのようなラストシーンに繋がるとは思っていたなかったので、ラストシーンはご都合展開と言われるとどうしようもないが、とても好きな終わり方だった。

若い頃のパートで、くっついたり離れたりを繰り返す訳だが、アリーが所帯を持ってもそんな感じなのが美談風に語られるところに少し違和感を抱いてしまったのが、個人的には少しマイナス点だった。
れん

れんの感想・評価

4.0
これぞ本物の愛!
初恋は、誰にとっても特別な物で、1番忘れられない恋だと思う!
最後の結末を見てアリーの選択は、正しかったんだと思いました!
まゆげ

まゆげの感想・評価

3.9
想像よりかは悲しい話ではあったけれど、2人にとっては最高の終わり方だったと思う。
恋愛映画好きの友達は4回観てた。
こんな風に死ねたら最高。
mahiro

mahiroの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

素敵な物語と、ふたりの愛に涙が止まらなかった。

結末が悲しすぎて、ずっとずっと泣いてたけど、見終わった後なぜか心が洗われたような不思議な感覚だった。



こういうお話って大体、婚約者の男がクズだったりするけど最後まで良い人だった。アリーがロンを選んでいてもそれなりに幸せな人生を送れていたんだろうなって想像できた。そう思えたからこそ、最終的にノアを選んだことも、ふたりが生涯愛し合ったことも、奇跡も、全てがより美しく感動的になったのかな。クズ男が出てくるとそこで少し美しさが減少するから笑

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレをずっと前に見てから今回見たので、なんの驚きも感動もなかった。最悪だ。見なければよかった。普通にめちゃくちゃ面白い!あと今まで見てきた中で一番キスが多いわ。
最初のデートしてくれなかったら、観覧車から落ちるって普通に考えたら狂人だわ。1人でずっと田舎で自分の家を改築する生活てめちゃめちゃ良いな。
すごい恋愛物だけど普通に考えてこの2人かなり無責任でしょ。寂しさ紛らすために女抱いて、捨てたノアと結婚寸前でドタキャン。あと母親の過去の恋愛は別にいーかな。結局、本当の愛を信じなさい的なので良い。
2人の口論て本当に内容がない。悪口言い合って結局愛してるで終わる。学習するだろ。てちょっとイライラした。
あい

あいの感想・評価

4.3
いい話やわあ🥰
レイチェルマクアダムスかっわいい!
無邪気で底抜けに明るくてずっと見てられる!
ラストシーンが良かった💞
ララランド👱🏻‍♂️アバウトタイム👱🏻‍♀️共演。
序盤(遊園地と道路のシーン)好き。
時を経ても冷めないSummer loveでした。
ロン可哀想🥲
ayane

ayaneの感想・評価

4.0
素敵としか言いようがない映画、、
これは何回も観たいかも

最後も美しかった。

あと364通の手紙に何が書いてあったのか
とっても気になる。
あずさ

あずさの感想・評価

4.0
愛してるを多用する作品だったがその全てに重みがあって常に誰かが誰かを愛している作品だった。

ここまで愛する人と出会えたのも奇跡で、最後のシーンを奇跡で、でもこの作品はその全ての奇跡を「愛」で叶えさせてくれたと感じる。
>|

あなたにおすすめの記事