スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の作品情報・感想・評価・動画配信

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望1977年製作の映画)

Star Wars Episode IV: A New Hope

上映日:1978年07月01日

製作国:

上映時間:121分

3.9

あらすじ

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に投稿された感想・評価

bssymphony

bssymphonyの感想・評価

3.0
(20100803)
 一般的にジョージ・ルーカス(1944-)作品には映画の伝統への愛着が如実に感じられるわけですが、こちらもそのうちのひとつ。冗長な前半から徐々にスピードアップしてクライマックスにという流れもその一端、後半のスピード感はグリフィス以来の伝統を引き継ぐものとも言えます。ナチュラルに男性陣をあごで使う感が決め手で選ばれたらしいキャリー・フィッシャーは、ビジュアル的に役柄に追いついていない感がありますね。この手の役はヨーロッパの方に探しに行かないとなかなか居ないのではなどと思いましたが、エピソードⅠ~Ⅲのヒロインはそれに該当するんですな。
 空気も重力もきちっと作用している宇宙空間的な不自然な雰囲気やらストーリー展開がちと安易なのを指摘するのは不粋というものかもしれませんね。ファルコン筆頭にメカニックデザインは秀逸、クリーチャー筆頭にキャラクターデザインはがっかり感がやはりありますね。

このレビューはネタバレを含みます

ようやく見れた。
ハンソロがかっこよかった。
これからどうなるか楽しみ。
約50年前にこのオープニング、キャラ設定、世界感を考えたジョージルーカスは天才だと思う
何年経っても人々を魅了し続けているし、自分も魅了されてる中の1人
初めて観た。まあまあ面白かった。めちゃくちゃ面白いというわけではなかったが、シリーズを通して観たことがないのでまだ判断しかねる。機会があれば2作目以降も観ようと思う。
Pn

Pnの感想・評価

5.0
小さい頃見たけど忘れ去ってたので再視聴!!
このワクワク感は他にないなぁ〜〜
最初、字幕版で見てたけど、C3POが吹き替えじゃないとしっくり来なくて吹き替えで見た!
ルークの青二才なかんじがかわいい!!
他のキャラもほんとにみんなキュートでかっこよくて、、、スターウォーズのキャラ作りの凄まじさが改めてわかった、、
この世界観の色褪せなさ!何から何まで本当にかっこいいよ、、、
思ったよりダースベイダーが前線で働いてて笑った
そこそこツッコミポイントあったけど、まぁもうどうでもいいわ笑
全てが良すぎて!!
ゆーじ

ゆーじの感想・評価

4.0
子供の頃にビデオがあって、何度も何度もみた映画!
続編あるなんて知らないでこれだけひたすら見てたなー笑
景

景の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画史にも残る一大叙事詩の始まりの作品をようやく鑑賞。正直に言うと普通に面白かったという感じで「すげえ! これが『スター・ウォーズ』なのか!」みたいな興奮はなかったけど、C-3POとR2-D2のドロイドコンビの可愛さとか、ハン・ソロの分かりやすさとか、オビ=ワンの格好良さとか、レイア姫の髪型とか、ダース・ベイダーがシュコシュコ言ってるのとか、なんか各キャラクターはそれぞれ印象に残ってます。セットや衣装は今見るとさすがにチープなんだけど、当時の環境や予算で最大限に努力したのだろうなというのは伝わるし、これはこれで味わいがあって好き。ライトセーバーを交えたオビ=ワンとダース・ベイダーの対決は役者の年齢を考慮したとしても、もうちょい頑張れたんじゃないかという気はするけども。この殺陣に迫力が無かったからか、オビ=ワンも実はどこかで生きてる気がしてしまう。ちなみにフォースは『ガンダム』でいうニュータイプみたいなものだと思うことにしました(ニュータイプもよく分からんが)。

余談だけど、クライマックスのデス・スター攻略戦が『トップガン マーヴェリック』で行われていた作戦まんまなのが面白かった(私は先にあちらを見たので逆順で気づいた)。
都麦

都麦の感想・評価

4.0
【スターウォーズ1発目】

叔父さんの家在住の選ばれし少年、行く場所がなくなり導かれるように父と同じ道へ。
なんだか同じ展開だ。売れる映画の掟なのか。

エピソード4だし、気持ちはわかるんだけど、ハリーポッターの時もそうだったが一つの物語としての完成度は低い気がする。説明不足というか。

「単体でも面白いけど全編見ると本当の凄さがわかる!」みたいな映画は大好きだけど、「全編を見て一つの映画」を製作側から認めている感じのスタンスは映画じゃなくてドラマかなと思った。

まあでも77年でしょ?77年の自主制作映画でしょ?
ありえんくらいすごい。

スターウォーズは、自主制作の夢だな。
kabaya

kabayaの感想・評価

-
いまさら言うべきこともないけど、
ふと、杉浦茂がやたらと引用していた宇宙人がハンソロを狙ってた奴だと気づいたことが嬉しかった。

特別編とかのCGじゃないオリジナルバージョンをみたいな
TM

TMの感想・評価

3.5
今ある全てのSF映画の基となった
と言っても過言ではないシリーズの1作目

正直今の若い人が観て刺さる内容では無いと思うが、内容は今年のトップガンマーベリックとよく似た内容でトップガンもかなり意識して作っていると思う。

ジャバ・ザ・ハットが公開当時は普通の人だった事を最近知った
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品