サインの作品情報・感想・評価・動画配信

『サイン』に投稿された感想・評価

なー

なーの感想・評価

4.0
派手さはないが、無駄なく張り巡らされた要素が完成度を高めている。主人公であるグラハムの思想や悩みがストーリーラインに一貫している構成が美しい。これが低評価なのってつまり「エイリアンサスペンス、SFミステリーと思ってたら違った」っていうミスマッチ評価による部分が大きいんだろうなあ、という感じ。
mitsu4403

mitsu4403の感想・評価

3.0
そういえばミステリーサークルって結局なんだったんだ。
最近テレビでミステリーサークルとかUFO、UMA、心霊現象などなどのオカルト的なものが放送されないのは、寂しいな。
シャマラン監督作の中でも特に好み。

一つ飛び抜けたテーマで勝負してくる感じ、決して派手な作品ではないんだけど、落ち着いた人間ドラマ、未知のものに対するジワジワとした緊張感が絶妙に響く。
メル・ギブソンのアメリカ片田舎のお父さん感のハマり具合が半端ない笑

監督のメッセージも伝わりやすい親切な構成で、観賞後の満足感が素晴らしかった。


運命とは何か...
2021年11月10日 初鑑賞
2022年11月26日 2度目の鑑賞

このレビューはネタバレを含みます

全編を通して何度も描かれる
驚きへの前振りが軒並み完璧に作られてるので
飽きることなく終始 夢中で見てられる。
コテコテだろうがなんだろうが
ちゃんと基本をやり遂げてる時点で十分すごいし
これだけの数打って
ぜんぶドキドキさせられるのは、
映画演出のお手本として教材にしていいと思う。
個人的には
Mナイトシャマラン監督なんかに
1度見せたらいいんじゃないかと思う。
シャマラン監督には
ぜひこの監督の技術を見習ってほしい。

宇宙人襲来の予兆になる部分が、
畑のサインと犬の凶暴化以外にも
いくつかあればさらに好きだった。

同じ宇宙人襲来の前振り映画としては
【宇宙戦争】みたいに
規模を家の外に広げてないから、
ラストの盛り上がりが弱くても
尻すぼみ感は少なくて済んでる印象。
というより、
終盤はもう怒涛の伏線回収の波に
マンマと気持ちを持っていかれてたので
めちゃくちゃ楽しかった。
期待してなかった分、余計に。

気道が閉じてたから 毒が効かないとか、
野球バットでの宇宙人撃退、
部屋に並べてた不穏な水たちが
宇宙人の弱点になる、などなど…
伏線方面でも
お手本見せてくれんのかよ!と
見れば見るほど
不評の理由が分からなくなってた。

宇宙人を倒す方法が、
野球バットでぶん殴るってアイデアも
オリジナルティ、意表の突き方、
絵ヅラの面白さと、3点揃った
最強のひねり方だと思うんだけどな…。

赤マルジャンプ時代の読み切りの
【ココ!ボッチ】って、
元ネタこれだったんかな…。

まぁ結末のこじんまり感は
短編映画のラストみたいではあるけど
めちゃくちゃ王道だしインパクトあるから
すごく好きな解決方法でした。
役者があの
ホアキンフェニックスっていうのが
奇妙な絵ヅラをさらに奇妙にしてて最高。

神の存在を否定し続けてからの、
ラストの奇跡の積み重ねで
神の存在を信じるようになるってオチも
メルギブソンが脚本書いてる…?ってなった。
【パッション】とか
【ブルータルジャスティス】とか
いい映画によく関わってるうえに
役者さん自身の信仰が全面に出てくるから
ちょっと調べてみたくなるな、メルギブソン。

なにはともあれ、
演出面のバリエーションがすごくて
めちゃくちゃ面白い作品でした。

ありがとうございました。
観る側を未知の恐怖へ導き示すとは!

最後の最後に言葉を交わせる事が不幸ではあれどなんと幸せなことか。
hi

hiの感想・評価

4.1
こんな宇宙人の使い方が、、、
畏怖畏敬モノってなんか良い
家族がみんな素敵。
ユーモアも素敵。
物語中、静かで独特な空気感が流れていた。
20年前の作品だし、宇宙人のCG感が微妙なのは置いといて、ちょっとツッコミどころも多かった。オチも弱くあまりハマらず。
でもコメディ要素も所々にあってまぁ楽しめたっちゃ楽しめた。
Jot

Jotの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

こんな面白い映画よく作れるなと思う。所々のコメディもめちゃ笑える。カメラワークやライティングも癖があって面白い。モーガンとボーがかわいい。
犬のとこショック受けたけど、妹を守る為に戦ったの凄い勇敢だし辛かったと思う。

きっと人間達は迫り来る宇宙人と水鉄砲で戦ったんだろうな。
Ivy

Ivyの感想・評価

-
シャマランnightの一環
アメリカ人大好きな宇宙人系👽なのだが、実物が出てくる前の不気味演出が良かった。シャマランならもっと恐怖演出できた気もするが🤔ホアキンまで出てて豪華

テレタビーズみたいなアルミホイルの帽子、かわいい。あれ一回被りたいな
偶然必然とか交えてるのはちょっと後付け感あるストーリーかな 
まぁでも、個人的には面白いしやっぱシャマ好きです。

今回はバリバリ本人出演でしたわ
笑ったし泣いたしかなり楽しめた。あとに残るセリフやシーンがあったし、心情がよく描けてる人間ドラマではないですか?

不評を買っているソレは設定を変えてグリズリーでもオルカでも良かったんじゃない?見どころはこの家族の物語だと思うのよね。

危機迫るなかで子供たちに生まれた時のことを話す父メル・ギブソン、私もまだ子供たちに誕生の日のことを話してなかった、気づかせてくれてありがとー。

マコーレ・カルキンの兄弟だとすぐ分かるお兄ちゃん、すごく可愛い妹、ホアキンおじさん、もう牧師じゃないと繰り返し言うメル・ギブソン、なぜ?何があったの?を解消していくストーリー運び、おもしろかったです。
>|

あなたにおすすめの記事