スペースインベーダーの作品情報・感想・評価

『スペースインベーダー』に投稿された感想・評価

Bobsan

Bobsanの感想・評価

5.0

中学生の時に初デートで観た作品です。初デートにこんな作品を選ぶなんてほんとにバカでしたねー。相手の方も驚いたでしょうね。どうせなら同時上映の「ショートサーキット」を観る事を名目にするべきでしたがこっ…

>>続きを読む

かなり面白かった。言うまでもなく黒沢清『散歩する侵略者』の元ネタになったであろう映画。子供の頃観てたら確実にトラウマになる。冒頭の空を見上げる息子と父親のショットでなぜか泣きそうになる(トビー・フー…

>>続きを読む
うしお

うしおの感想・評価

4.0

80年代特有のVFXとか特撮のチープ感が、めっちゃ好きなんですよ。本当に安っちいのもあるけどこれはかなり予算かかってるな、って感じる。

後半は米軍部隊が派手にドンパチ始めるんだけど、民間人の話を鵜…

>>続きを読む
薪

薪の感想・評価

3.9
宇宙人の造形のチープさには笑ってしまうが、故に今後撮られることはないだろう貴重さも実感できる。
Yuki10

Yuki10の感想・評価

4.5

突如として現れた火星人から地球を守ろうとする少年を描いた作品。
いつの間にか火星人に乗っ取られて身近な人が別人になる様子は『ボディスナッチャー』的不気味さがあり、娯楽性の高い見せ場が多く楽しめた。

>>続きを読む
猫脳髄

猫脳髄の感想・評価

3.7

1953年の同題作品(原題"Invaders From Mars"(※1))のリメイクだが、1970年代にNASAが実施した実際の火星探査・ヴァイキング計画の実績を踏まえたストーリーとなっている。ト…

>>続きを読む

金のかかったb級テイストがたまらない一品。火星人襲来とは時代錯誤だが、その不気味かつグロテスクな造形はなかなかのモノ。ストーリーは単純でわかりやすく、適度にハラハラもする。担任の変貌ぶりは必見。保健…

>>続きを読む
今では許されないようなオチ。でも納得といえば納得。将軍の右腕的な人、コインの活躍、父親のおかしくなり方がよかった。Oct 26, 2020

大傑作。

雷鳴に目を覚ました少年が窓の外を覗き込むと、空から怪しい光と音を上げて放電しながらエイリアンクラフトが降りてくる。見事。なんて美しい幕開け。

カエル丸呑みにしてた女がふとしたことでカエ…

>>続きを読む
フィルマークス340件目。

主人公の男の子を、自分と置き換えて観てた。個人的に、エルム街の悪夢とかよりずっと好きかも知れない。

全然世代じゃないけど、思い出の作品。
>|

あなたにおすすめの記事