秒速5センチメートルの作品情報・感想・評価・動画配信

秒速5センチメートル2007年製作の映画)

上映日:2007年03月03日

製作国:

上映時間:60分

3.5

あらすじ

「秒速5センチメートル」に投稿された感想・評価

ゆや

ゆやの感想・評価

3.4
主人公を別視点から描いた3部構成作品。

新海誠作品の真骨頂である映像の綺麗さが印象的であった。特に冒頭の桜のシーン。

盛り上がりどころはないが、どこか切なくなる気持ち。一話目は好きな子と連絡手段がなくてもどかしい様子はリアリティあって自分自身の子供頃を思い出した。

山崎まさよしのone more time,one more chanceの歌詞をそのまま映画にしたようでした
つー

つーの感想・評価

4.2
手に入れる事が出来なかったものにいつまでも執着してしまう。きっとあの小屋でヤレていたらこの映画は生まれない
何回見たか分からないほど見てる。3部構成でそれぞれ魅力的で、映像から匂いを感じれる程綺麗な描写。単位に沿ったセリフが印象的
shinkura

shinkuraの感想・評価

3.0
映像美!
切ないけどリアルな、距離と時間の残酷さを感じた。
とはいえ個人的にはそこまで強く惹かれるものもなかったかな〜
おね

おねの感想・評価

2.0
周りからの「ヤバい映画」圧で期待しすぎて見てしまいました。新海誠だった。
106

106の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

電車が遅れて約束の時間を過ぎて不安な感情で押し潰されそうな場面、『コスモナウト』の女の子が自分を見てくれていないことに気づいた所、切なくて胸が苦しくなった。
そして新海誠監督の映画は綺麗で、山崎まさよしさんのOne more time, One more chanceとアニメーションがバッチリあっててさらに感情が動かされた。
47

47の感想・評価

-
記録
2022/6/28
2022年度53本目

まあ好みではない
ずっと前テレビでやってたの見て泣けた覚え。one more time one more chanceはやはり名曲である。
 この映画はどんな人間にも「運命の人」が存在しているという世界観のもと進んでいく。「運命の人」は自分の人生をかけて愛さなければならず、もしその愛が成就しなければ、呪いのようにその人の事を思い続け、苦しみながら生きていくしかない。
 主人公は小学生の時にその女性と出会ってしまい、その後別れる。しかし、彼女を忘れることができず、社会人になっても引きずり続け、今の彼女とも上手くいかず、遂には仕事を辞める。
 …ええ?!!何だその話!!びっくりするが、これが新海誠の世界。出会うべき人と出会えない苦しみは人生を破壊する。ここまでそのことを信じている映画作家は他にいないのでは?狂人の世界を覗き見できるカルト映画。

いいタイミングで流れる山崎まさよし
それに合わせ流れる映像が歌詞にマッチして
そのままエンドロールへ。
思わずわたしは吹き出したよ。

これはMVなのでしょうか(笑)



言えなかったこと
言わなかったこと
言えばよかったこと

あーしていればこーしていれば
伝えれなかった思いは沢山あるけど
俺たちの思いは繋がってるはずだ

的な青臭い考えな童貞くんが
初恋の女の子に見放されるお話ですよね
ざっくりと説明すると。



もうその後は山崎まさよしですよ


いつでも探しているよ
どっかに君の姿を

奇跡がもし起こるなら今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「すき」という言葉も〜♪


ははははは🙎‍♀️🙎‍♀️




背景は綺麗ではあるものの
キャラデザが好きではなく見ていられない
「言の葉の庭」は映像5.0だったから良かったが
これはほんとに最後まで鼻で笑ってしまったよ

会話からキャラデザから
話の流れからキャラの性格から
何から何まで私には気持ちが悪い
(※好きな人ごめんなさい)

なんだろう新海誠作品合わないのかな
映像は凄く好きなんだけどなあ
内容がことごとく私を冷めさせるなあ、、
>|

あなたにおすすめの記事