リトル・ミス・サンシャインの作品情報・感想・評価・動画配信

リトル・ミス・サンシャイン2006年製作の映画)

Little Miss Sunshine

上映日:2006年12月23日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.9

あらすじ

『リトル・ミス・サンシャイン』に投稿された感想・評価

maru

maruの感想・評価

3.9
直球ではなく変化球の家族愛の映画。ふわっと心が温かくなった。
It made me feel disgusted until I realize this wasn't a fantasy, this is what we have in real life. The moment u fantasize, they're not real, they're just a fictional fairytale in ur mind and its never going to happen. U know its never going to happen, that is y u fantasize. U just need a little hope in ur thought, cuz thats ur most fav and best hobby u ever had and will.
それぞれに問題をかかえた落ちこぼれ1家が
幼女をミスコンに出すためオンボロミニバンで旅に出るロードムービー。

綺麗事の減らし方の塩梅が上手い
減らしたかと思いきや
綺麗なまとめ方もまた上手い。

キャラがみんな人生失敗ばかりだから
同情の仕方が上手い笑。私も失敗ばかりだからみんなに感情移入しちゃう。
願掛けで一切喋らないお兄ちゃんの話が
1番好き。
クラクションプップー面白い。

完璧じゃないことの愛しさを知れる映画。
す

すの感想・評価

-
お兄ちゃんがオリーブを持ち上げで坂を登ったシーンが兄妹っていいな〜となった
通行人Y

通行人Yの感想・評価

3.9
それぞれ問題を抱えた家族が、7歳の娘が出場するミスコンに、一台の車で一緒に行くお話🚌
家族みんなクセがあって面倒くさいのに、なんだか全員愛せてしまう。
そしていろいろと絶対に正しくないのに、共感してしまった。世間の家族なんて何かしら問題抱えてるよなあ。

特にお兄ちゃんのキャラが良くて、親や世間には反抗したりするけど妹に対してはちゃんとしたお兄ちゃんでホッコリした。
か

かの感想・評価

4.0
問題だらけの個性的な家族が、9歳のオリーヴのミスコン出場のために奔走する姿が愛おしくて、どんどん好きになった。バラバラになってしまいそうな家族を、太陽みたいなオリーヴが繋ぎ止めてる。本当にオリーヴ可愛い。
ジャケットにもなってる、みんなでバスを押して、走って乗り込むシーンが最高です!
みんなが抱える問題は根本的には解決してないけど、旅を通して考え方が変わって、前を向けそうなら今回はそれで良いんじゃないかなあ。

大切なのは勝ち負けじゃないってこと、完璧である必要はないってこと を教えてくれるドタバタロードムービー!素敵でした!🚌💨
コロナ禍で相次いだ新作映画の上映延期の枠埋めみたいな感じで再上映されてたから、ちょっと遠い劇場だったけど足伸ばして見に行った。
僕はどれだけ感動しても、基本的に泣いたりとかしないんだけど、この日は堤防が全く仕事しなくて大洪水。エンドロール終わっても劇場のロビー抜けても駐車場から車発進させても涙止まらんかった。不思議なくらい好きな映画だ、大事にしよう。
こにし

こにしの感想・評価

4.0
再観賞
10代ぶりの観賞。当時は知らなかった色んな感情に気づいて自分大人になったな。って思った。とても素敵な映画だった。
Mac

Macの感想・評価

3.5
夏ぐらいに観たけどチェック漏れてた

何度見ても笑えるし泣ける
傑作

このレビューはネタバレを含みます

色弱わかったとき心がヒュンッてなった。今の朝ドラもそうだけど、世間が私の心を刺しにくること最近よくある。
家族にトラブルがあるたびに止まるボロ車がだんだん愛おしくなる。負け犬たちのラストダンスは笑いながら涙出てくる。死ぬほどダサい、なのに良い?だから良い?彼らにはたぶん"幸せ"な人生は待っていないだろうけれど、それでも良いよねって思わせてくれる映画です。
>|

あなたにおすすめの記事