JUNO/ジュノの作品情報・感想・評価・動画配信

JUNO/ジュノ2007年製作の映画)

Juno

上映日:2008年06月14日

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.6

あらすじ

『JUNO/ジュノ』に投稿された感想・評価

moki

mokiの感想・評価

4.4
高校生で妊娠したジュノの1年間。生意気で口も悪いジュノは心は真っ直ぐで。終盤、ギャー!ってなったけど、そこからのラストは良かった。友達も父親も継母も、向き合いと言葉が素敵。とても好き。
快

快の感想・評価

2.7
まぁまぁ。あくまでコメディとして見ればね

短いしサクッと見るのにちょうどいい感じ

エリオットペイジの演技は◎
重すぎる題材をあえて明るくしているのかなと思いますが、終始見やすくて良かったです。
心を決めている女性陣と、他人事な男性陣の差にイライラしますね。上手く出来ている。
エリオット・ペイジの心の揺れの演技が素晴らしかったです。
tiara

tiaraの感想・評価

2.7
高校生の妊娠や、養子縁組をこんな軽く扱うなんて信じられない😩‼️
海外だとこんなラフなの??
私が昭和すぎるのかもだけど、こんなあっさり産む決断して、でも子供は誰かにあげる〜なんて、何考えてんのって感じ😭
妊娠させた男は我関せずで、親にも言わないし、妊娠した当人もあっさりしてて。

で、養子縁組希望の夫の方は全くもって覚悟を決めてないしね。
この話でまともなのはこの奥さんだけじゃない?
養子とはいえ、赤ちゃんが来ると思ってわくわくしながらベビー用品たくさん用意するのも、壁の色まで考えちゃうのも、親になるならそれが普通!!!

感想書きながらストーリー思い返してイライラするの初かも😂
高校生の妊娠をあっけらかんと描く感じとジュノのキャラクターがめちゃくちゃいい。

エリオットペイジはアンブレラアカデミーしか知らないけど、闇抱えてるより明るい方がめっちゃハマり役。
hoka

hokaの感想・評価

3.0
『性的に活発』は小洒落た言い回し。
愛情を言い訳にせず、性に対するアケスケで純粋な興味を隠さないところに好感が持てる。
妊娠を否定的に考えず、サバサバ現実的な解決策を導き出す。
これも母性が目覚める前のなせる技。

ジェニファーガーナー、物凄い美人。
ハーシェル・ゴードン・ルイス、観てみようと思います。
エビ

エビの感想・評価

4.0
いい映画やった〜
かるーく見れてるようやけど、みんな悩むところのお話でよかった

会話もすごくおもしろくて、笑ったな〜

違和感のあるキャラや行動がなくて安心して見れた

エリオット・ペイジすげ〜
作品自体は前々から知ってて見たかったけどなかなか見れてなかったけど
ディズニー+に入ってたから見た。

元々はインセプションでエレンペイジの
事が好きになって調べてたらこの作品を知った。

16歳の高校生が妊娠して一度は中絶を考えるも 子供を欲しがっている夫婦に養子に出す事にするが...

盛り上がりはないもののゆる〜くドラマ感覚で見れるいい映画。
も

もの感想・評価

-
テーマの割にあんまり重たいこととして捉えず、あっけらかんとポップに進んでいくことにギャップを感じたけど、それがよかった 
れい

れいの感想・評価

-
海外ではよくある話、両親が白人であることも有利なのでしょうが、あっさり養子縁組が決まります。その後ですよね。縁組先の離婚と、主人公の女の子の青春、女の子の親御さんとの関係性をLightに描いてます。事情としてはかなり重いけど、この女の子の人生を変えるような事象でなく、元通り彼女の青春に戻っていくための一連のエピソードの積み重ねとして描かれてて、みんな思いやりありますね。それがよかったです。ジュノ役の少女がありのままで魅力的でした。よろしくお願いします。^_^🙇‍♀️
>|

あなたにおすすめの記事