英国王のスピーチの作品情報・感想・評価・動画配信

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

The King's Speech

上映日:2011年02月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『英国王のスピーチ』に投稿された感想・評価

トム・フーパー作品としては、恥ずかしながら、『レ・ミゼラブル』を先に観て、こちらを鑑賞。

脚本は、圧倒的にこちらの方が良いかな。
ジョージ6世と言語聴覚士との友情物語かな、と思って観たけど、総じていうと『家族愛』を描いている印象。

トントン拍子に、国王の吃音が治っていくのかと思いきや、そうでもない。

実話を基にしている説得力もさることながら、しかし、やっぱり脚本が良い。わかりやすさ抜群。ああなるんだろうね、と思ってもガッカリ感なし。

主演の『コリン・ファース』は、なんかちょうど隙間をぬったように作品を観ておらず、演技は初めて観るが上手だった。

『ヘレナ・ボナム=カーター』がまた、とてもキュートでよい。どこかで観たことあるのだが、パッと出てこない。調べたら、まあよく出てますね。もっと映画観ないとなー、思わされます(笑)

『ジェフリー・ラッシュ』も、調べたら、何でか映画は観てても覚えてないし、主演作は、ほとんど観てない気がする。『シャイン』を観てないって終わってるね(笑)

ということで、実力ある演者3人で、ほぼ物語は進むわけで、そりゃあいい作品だわ(笑)

ということで、機会があればぜひ^_^
Kuni

Kuniの感想・評価

4.0
幼い頃から吃音に悩まされた英国王ジョージ6世(バーティ)のお話。


本人の苦悩も大変だけど、やっぱり奥様の献身にただただ心を打たれた✨


自暴自棄になる夫の弱音や愚痴を聞き、励まし、信じ続ける。
時には嫌がる夫を説得してでも、良いと思う方向に導いていく。


言語療法士ライオネルの器の大きさも素晴らしい。
王族でも遠慮なく本音を語り、そっとしてほしい時は無理強いをしない。


突き放してもいつも気にかけていて、帰ってきたら優しく迎え入れる。人との距離感が絶妙なんだな、きっと。


息子への愛情も垣間見えて、心の温かいライオネルなら心を開いても大丈夫と思える。


ライオネルの奥様も素敵な人。
夫の趣味を応援し、愚痴にもそっとアドバイスする姿勢が優しい。


バーティとライオネルが打ち解けていくまでと、斬新な治療法で夫婦とライオネルの3人で困難を乗り越えていく過程がすごく良かった。


幼い頃からのトラウマ、吃音が原因で受けた屈辱。
王というプレッシャーが重くのしかかって、妻の前で声を震わせて泣くシーン。
斬新な治療法で見せる、コミカルな姿。
…コリン・ファースの演技は、どれも気品があって素晴らしい👏


本当に観て良かった。
コンプレックスや辛いことを乗り越える時、きっとこの作品を思い出すでしょう🌈



〈映画のインテリア〉
【ライオネルのダイニング】
(壁)
・イエローと水色の幾何学柄壁紙

(床)
・年季の入ったブラウンのフローリングに、ダークブラウンのペルシャ絨毯


(家具)
・部屋の中央には、ティファニーブルーのテーブルクロスをかけた、200cm以上の大きなダイニングテーブル


・ダイニングチェアは、茶色の革張り地のクイーンアンチェア🪑
(曲線シルエットで猫脚のアンティークチェア)

普段はテーブルと合わせて食事に使うが、キャビネット横に置くこともある。

・美しい象嵌細工のアンティークキャビネットの真ん中には、大きめの花瓶。

その上の壁には、正方形の額縁のアート

(照明)
・ダイニングテーブル上には、フリンジが付いたオレンジ色の布シェードペンダントライト💡

・部屋の角には、ジャガード織りの布シェードのスタンドライト💡

・ネストテーブル上には、花びらのようなすその、布シェードテーブルランプ💡

【ライオネルのリビング】
(壁)
・白地にシルバーの光沢感のあるリーフ柄壁紙

(床)
・ホワイト系フローリング

(建具)
・白の格子窓付きドアに白のドア枠と巾木。

(家具)
・オフホワイトの曲線が柔らかい雰囲気の3人掛けソファと1人掛けをL字配置。

ソファ下にオフホワイトの毛足の短いシャギーラグ。

・ミディアムブラウンのシンプルなコーヒーテーブル。

・ミディアムブラウンのサイドボードの上には、同じ木製のラジオと家族の写真立てが5つ。

(照明)
・サイドボード上に、四角い布シェードのスタンドライト💡
atari

atariの感想・評価

4.0
ジェフリー・ラッシュ好き。コリン・ファースも難しい役なのにものすごい表現力で引き込まれた。愛と友情と努力の物語。
akane

akaneの感想・評価

4.0
そんな過去があったのか、と勉強になった。
それと共に、努力する姿に感銘を受けた。
やらなければ何も始まらないのだな、と感じた。
主役2人の演技の上手さが際立ちます。高慢と偏見の二人が共演しているのに感動です。
ストーリーに集中しなければと思いつつ、ついつい主演二人の演技の上手さに気を取られてしまう。
コリン・ファースの吃音と焦り、ジェフリー・ラッシュの包容力に満ちた視線。
上質の作品を観たって感じ。

すっごいよく出来た奥さん(エリザベス)、どこかで見たことあると思ったらオーシャンズ8だった。キャラ全然違うから気付かなかったわ。
最近はアマプラで過去に見たのを振り返ってる。当時の感想残しておけばと思いながらも、今は今見た発見がある!ラストの演説に同じく泣いた!
Yooo

Yoooの感想・評価

3.9
数年ぶりの鑑賞。
ジェフリー・ラッシュがやはり好きだ。
室内の壁紙や内装がとても好み。
TOUKO

TOUKOの感想・評価

4.5
先日亡くなられたエリザベス女王のお父様に、こんな過去があるとは知りませんでした。

自分の喋りに大きなコンプレックスを抱えている中で、ある日突然王様にならなくなってしまったときのプレッシャーを、コリン・ファースさんの演技からひしひしと感じました。

また、そんなジョージ6世を支えるローグ先生と王妃をみて、とても暖かい気持ちにもなりました。

もともとイギリスが好きで、昔の人がどんな家でどんな生活をしていたのかにも興味があったので、この映画でその様子を少し覗けたのも良かったです。

いつか自分の足でも行ってみたい国です。
むぅ

むぅの感想・評価

4.2
「世界征服とか?」

新しく始める趣味の候補が、ゴルフ、キックボクシング、ボイトレの三択なのだがボイトレはどこに目標設定したらいいもんかと友人が言うので提案してみた。
「私はヒトラーか」
と返された。
こちらとしては、歌も上手けりゃプレゼンも確実に上手そうな友人の"ボイトレの目標設定"なるものに、そのくらいしか思いつかなかったのだ。
そもそも私には趣味を始めるにあたり、"目標設定する"という概念がなかった。
「えらいねぇ」
「むぅも映画楽しそうじゃん」
よくぞ、ふってくれました。映画の話をしようと口を開いたところ
「絶対ゴルフ!」
酔うと目が据わるもう1人が叫んだ。飲んでいた4人の中では"女王さまタイプ"である。もちろん陛下の目はとうの昔に据わっている。
下々の私は口をつぐむしかない。以降、ヒトラーと女王陛下のゴルフ談義が続いた。

その時したかったのは今作の話。
せっかくだから2年ぶりに鑑賞。


吃音症に悩む英国王ジョージ6世が、言語療養士ライオネルの手を借りながら国王としてのスピーチに挑んでいく。


お父様!
最近Netflixで『ザ クラウン』を観ているので、登場人物たちに親しみを感じるどころの騒ぎではない。
今作の主人公ジョージ6世は、エリザベス2世の父上。『ザ クラウン』では早々に崩御されたので、お懐かしゅうございますと謎の親しみを込めて観た。
映画をよく観るようになった頃に観た作品なので印象深く、かなり細かいところまで覚えていた事に驚くと共に、前回の鑑賞では歴史の知識が全くないまま観たので、今回の方が何倍も面白い。
『ザ クラウン』では何話分も使って描かれる事にサラッとではあるが確実に触れているし、エリザベスやマーガレット始めそれぞれのキャラクターも掴みやすく、改めて丁寧につくられた作品なんだなと思った。


伝えるというのは本当に難しい。
1:1だって大変なのにそれが1:複数、しかもそこに吃音症や国王という立場やそれらへの想いが重圧としてのしかかる。
どれほどのものだったろうか、と思う。
そしてそれを演じるコリン・ファースが素晴らしい。ついでに、かなりカッコいい。

"スピーチを成功させる物語"
重要なのはそこだけではなく、ジョージ6世とライオネルの友情や、父や短期間で退位してしまった兄、常に支えてくれる妻との関係の中で自身と向き合う姿を描く。

ボイトレから思い出した今作だったが、久しぶりに観て良かった。

ちなみに今作面白かったなぁと思いを馳せている間に、女王陛下とボイトレヒトラーのゴルフ談義はいかに自分が負けず嫌いかという議論に発展していた。
どちらが負けず嫌いかで競うという負けず嫌いっぷり。
その論点のズレ方は、ボイトレで今作を思い出した私と良い勝負。

いや、戦うなら自分自身と戦うべきだなと今作のジョージ6世から学んだ事を噛み締めた。
>|

あなたにおすすめの記事