ブラッド・ダイヤモンドの作品情報・感想・評価・動画配信

『ブラッド・ダイヤモンド』に投稿された感想・評価

ノテ子

ノテ子の感想・評価

4.5
TOHOの試写会当たった!
1つのダイヤを巡って、ダイヤの密売人と家族を奪還したいアフリカ人と、ダイヤの裏を暴きたい記者が内戦下のアフリカを、それぞれの目的の為に突き進んでいく。今も現実に少年兵や何万人もの難民がいるアフリカをリアルに描き出していた。
ハードなシーンが多いけれど、目を逸らしてはいけない重要な世界の一面を見た気分。世界史で習ったアフリカの地理状況が役立った。
涙が溢れた。1リットルの涙ならぬ100カラットの感動。
(当時の映画感想ノートより)

当時、「1リットルの涙」という沢尻エリカ主演のドラマが流行ってて、それでこの最後の言葉が出たんだと思うw
こけし

こけしの感想・評価

3.8
これからダイヤモンドを見るたび考えるたびに、この映画が頭をよぎるかもしれない
節子

節子の感想・評価

4.5
中学時代に授業で観ましたが、なかなかトラウマです。内容はすごく現代的。
tom

tomの感想・評価

4.4
レビューでも評価高かったし、おすすめ映画の記事とかでもだいたい名前入ってたので、気になっててやっと見れた。

映画のテーマは実話らしく、恥ずかしながら、アフリカでこんな問題が起きていたのは知らなかった。映画としても、飽きが来ないスピード感で物語が展開していくので、最後まで一気に見れた。

実話ベースの映画は見ると、歴史などについても知ることになるので、見るのは好き。

この映画は、普段から自分が何気なく買ったりしているものでも、その背景を知ることで自分で買うのかやめるのか判断することは大切だと感じた。
rtsoym476

rtsoym476の感想・評価

5.0
日焼けしたジェニファー・コネリーが
兎に角綺麗です。

元々そんなにディカプリオずきじゃなかったんですが
好きになりました。
アフリカの豊かな自然を感じさせてくれる映像盛りだくさん。

自然エネルギーを搾取される側にピントがあってる作品初めて見たかもしれません。
最後んとこの消費者しだいですよー。は感慨深いですね。

んー。しかしディカプリオ様の致死率w
ディカプリオが生きて終わってる作品パッと思い出せん。

コネリー様顔が知的すぎるんよ。

このレビューはネタバレを含みます

予想以上にエンタメだった。カッコいいディカプリオや、彼とジェニファー・コネリーとのロマンスよりも、この紛争やそれによって波及する問題についてもう少し観たかった。しかし、そう思ったのなら、後は自分で勉強しろということなのだろう。
村が襲撃されるシーンや、子どもたちが洗脳されて兵士になっていく様が恐ろしかった。
死を間近に感じる銃撃戦はとても迫力があった。
Oniku

Onikuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

内容がとってもハリウッド的作品

内戦状態のアフリカのとある国、
その国を食い物にする白人、
信念を持って活動するジャーナリスト、

血のダイヤモンド、についてこの映画を観るまで全く知らなかったので社会派映画としても好きだし、
単純に映画としても好き。

レオナルド・ディカプリオ演じるアーチャーが、
最期までなんとなく品がない(褒めてる)感じがいい。ありがちな、恋に落ちて、とか子供が危なくて、とかなにかあったわけでなく最期はもう多分身体的に無理だからヘリに乗らない。
最期まで別に特別にいい人ではない。
だけどそこがとてもいい。
そしてそこから引きで見えるシーンがとても美しい。

アメリカ(資本主義国)がアフリカを食い物にして、
でもアメリカが彼らを救う。
そんな都合の良さが詰まっているけど、
好き。
そういえばみてた

高校の学祭?の展示?のテーマ
おれがやりたいのじゃなく急にこれになった
なむ

なむの感想・評価

3.5
エンタメとして出来すぎてて実話元ネタのヘビーさが薄れてる感じ
>|

あなたにおすすめの記事