最強のふたりの作品情報・感想・評価・動画配信

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

『最強のふたり』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

二人の絆
周りには理解し難い部分で共鳴し合う二人

オペラで二人だけ笑ったり
周りの人が心配していたり
二人だけ外に抜け出したり
タバコを嗜みあったり

それをフィリップスに近いひとたちは微笑ましく見守るようになる。

二人の関係が二人をそれぞれ良い方向に進ませる。
フィリップスの恋、子供への向き合い方
それが逆に、ドリスを家族に向き合わせる

二人は絆で繋がっているが、相手が自分でしか解決できない問題を抱えているということを踏まえあっている。フィリップスの初対面にはドリスを連れて行かないし。ドリスの家族のことには深く首を突っ込まないし。

フィリップスのフィルターを通すと、優しさで差別する人がこう写っているのかと思わされた。もちろん、フィリップスのタイプが全てではないが。みんな悪意を持ってフィリップスに接しているわけではないが、心の底では慈悲の心を向けていて、それをフィリップスの視点に立って描くからこそ鬱陶しく感じられた。ドリスも慈悲の心を向けることがあるが、それは障がい者だからという理由ではなく、フィリップスができないからという理由で向けていたかのように思う。重たい問題にも笑って触れるドリスの飄々とした様子に救われたんだろうな。逆にドリスは自分の問題を棚に上げがち。最初も失業手当もらえばいいっしょみたいに自暴自棄になってたし。

ドリス、フィリップス以外の相手に対してめちゃくちゃヤンキーなるの怖い。

服の使い方とか髭のこととか段々と介護が丁寧になっていく様子とか、関係性の移り変わりがシンプルだからこそ分かりやすく、見やすかった。
わん

わんの感想・評価

3.4
実話ベースだから余計なストーリーなくて良い。Septemberで踊りてえ
hedgehogs

hedgehogsの感想・評価

4.0
私もフィリップみたいに、相手に対して同情じゃなく、普通に接する人になりたい。
フィリップとドリスの関係性が本当に羨ましく感じました。ドリスみたいな友人がいたら本当に楽しいだろうなと。しかも調べたらこのお2人の関係性は実話を元にしているとのこと。素晴らしい映画です!

ちょっとびっくりしたのは、政治的な文脈では全くないにせよ、ヒトラーを笑いのネタにしていたシーン。勝手なイメージで欧米の映画ではヒトラーをネタにすることすらポリコレ的に許されないのかなと思っていたので、新しい発見でした。あれくらいならOKなのかな?
寝米

寝米の感想・評価

4.3
オペラ観劇中「あの人どうしちゃったの?」って爆笑しだすドリスにフィリップもつられててめちゃくちゃおもしろかった
他人に差別や同情をされたくないというドリスとフィリップの根底の部分が、思いやりによって結びついていくのが良いね
たけ

たけの感想・評価

4.1
おすすめされて見た。

体が動かないのはこれまでの人生から逃げることができないような意味合いを感じる。その状況から人生が変化するんやから、ほんまおもろいんやろうなって思った。久々にいい映画だった。
みゆ

みゆの感想・評価

3.0
ダンスシーンは星5つじゃ足りません。
何度もみる映画ですが、ダンスシーンではにんまり笑顔になっちゃいますね。
Genta

Gentaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

介護者役のキャラクターが特に良かった。軽薄ででも憎めない感じ。明るくていいヤツ。最終的に2人とも家族を築いてることから映像で語られた後もハッピーに暮らしたと解釈した。そうであってほしい。
Sayuri

Sayuriの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

人種なんて関係ない!ドリスが人間的に魅力的で好きになってしまう!最初の車をかっ飛ばすシーンが好き!
あんまり観ない感じのやつだったけどめっちゃよかった。
オープニングの感じとデートの約束から逃げ出しちゃうシーンが好きだった。
>|

あなたにおすすめの記事