シュガー&スパイス 風味絶佳の作品情報・感想・評価

『シュガー&スパイス 風味絶佳』に投稿された感想・評価

KAZ

KAZの感想・評価

4.0
この映画の沢尻エリカ
めっちゃ可愛かったよね~
もちろん私生活は度外視で。
歳と共に良い女優になったのに残念だよ。
切ないよね~
こんな可愛い子を持って行っちゃうんだから10代の少年には酷過ぎるよ。
こんな経験したら普通なら当分は立ち直れないね。
ハッピーエンドでは終わらないのが映画だから仕方ないけど残酷だよね。
あと佐藤二朗がいたのは覚えてるけど、何故か今や超絶大スターに成り上がってしまった大泉洋も出てたんだね。知らんかった。
Yonda

Yondaの感想・評価

4.0
今観ると、見えるものが大きく変わる作品がある。そういう瞬間が、歳を重ねた喜びを噛み締められる瞬間。

夏木マリ、めちゃめちゃいいね。
カッコよくて魅力的。こんなグランマがそばに居てくれたらうれしい!

スパイスは必要だとも思うけど
シュガー多めでも好きな人はいるよと、今ならわかるし言えるかな。
味のある子は若い時には評価されにくかったりするからね。

当時も思ってたけど、エリカ様の可愛さよ。ずっと可愛いのよ。
柳楽優弥くん、この時15歳だったとは。。すご。
キャラメルあんまり得意ではないんだけども、これ観ると食べたくなっちゃう。
Ponz

Ponzの感想・評価

-
学生のころに観た
確か2回は観たのだが内容を覚えていない

だが、キャラメルを見るとこの作品のことを思い出す
ねご

ねごの感想・評価

-
なにかを気に入って昔何度も観た映画。
柳楽優弥も沢尻エリカも大好きだったから、単純にどハマりしたのかもしれない。
kana

kanaの感想・評価

3.0
危うい感じですごくノスタルジックな気分になる。
沢尻エリカがかわいかった。
ち

ちの感想・評価

3.0
もったりゆったりした話だった気がする。
どうも、恋愛小説(とか漫画)です☆って感じ。
二人がただただかわいかった。
そればっかりやないかーい。
wakana

wakanaの感想・評価

3.8
〜What A Girls Are Made of〜

【初日舞台挨拶付き】
柳楽優弥、沢尻エリカ、大泉洋、チェン・ボーリン、大多亮、中江功監督


なんで(☆。☆)?
ブロンドなの?

渋谷シネクイントに舞台挨拶に来た沢尻エリカちゃん。
僕の最近の一番のお気に入りなのですが・・・まるで『下妻物語』の深キョンみたく思いっきりブロンドになって登場。ちょっと、びっくり! ウイッグなのかなぁ?

昨夜でTV『タイヨウのうた』も放送終了した彼女、初めて生で見たけれど、やっぱり顔ちっちゃかった。

会場は一緒に出演している大泉洋さんのトークで大盛り上がりでした。

映画にでてくる森永の「ミルクキャラメル」は甘いけど、作品自体はほろ苦い恋の味。

GAS STATION(舞台は福生だけど、このセットは木更津市で設営)で働く、大泉洋、佐藤次郎、板倉俊之が笑えるキャラ設定だった。

岩マユやサエコも出演してる。

柳楽クンが一番苦労したのは雨のシーンだそう。

作品中ではDiorの服やバッグが目に付いた。

音楽はoasis中心だが、アンディ・ウイリアムスの「UNCHAINED MELODY」が印象的だった。


映画にも使われてる森永の「ミルクキャラメル」が配られてました。
あさか

あさかの感想・評価

3.2
かなり昔の沢尻エリカと柳楽優弥の作品。
未だにキャラメルの箱の風味絶佳って文字見るとこの作品思い出すな〜

個人的的にuverworldの『恋しくて』って歌の歌詞とマッチしすぎてて、主題歌にしてほしいって思ってた笑
「水を注ぎすぎ枯らす 守りすぎて日差し閉ざす 甘すぎる蜜はその甘さ故に嫌われ」って歌詞がまさに〜
いかにも若い時にありそうな恋愛教訓的なストーリー
記録用
ラスト〜エンディングの入り方がめちゃくちゃいい。
エモ映画
夏木マリさんのグランマの迫力と大泉洋のリーゼントが見所。

撮影当時15歳の柳楽くんが18歳を演じていたことにビックリ。4つ年上の沢尻さん相手に頑張っていたんだなって。

「女の子のイヤはイヤじゃないのよ」
好きな相手限定ですけどリアル。
>|

あなたにおすすめの記事