時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

『時計じかけのオレンジ』に投稿された感想・評価

すみ

すみの感想・評価

-
興味深い。
よく思いついたものだ。
ぶっ飛んだ話だけどなぜか最期まできっちり見てしまった。
nao

naoの感想・評価

3.7
相変わらず独特の世界観というか、強いメッセージ性を感じる作品であり、欲に実直で利己的な自由主義の思想と政府によって管理された全体主義の支配体制によって生まれるジレンマを上手く描いている印象
何より冒頭のシーンにおけるカメラワークというか、あの魅せ方や演出はどうやって思い付くの?というレベルで凄い
UoxoU

UoxoUの感想・評価

3.6
念願の!
インテリアや衣装もろもろお洒落でアート的だった(ホラーショー👏🏻👏🏻👏🏻)
ただ男の抑えきれない欲望をひたすら見せられている感じがして悪夢のようだったしアレックスに共感できる部分は一切なかったからよく分からないほうが多かったけど面白かった
ラストの“完全に完治した”が怖すぎる
まあでもナットサッド言葉使ってみたくなる…😂そして字幕の“あン?”がインパクト強くてなんか残る(笑)

こういう作品を見てると自分で俳優の道を選んだとしても大変な仕事だなと感じる

アレックス役を演じたマルコム・マクダウェルを見てたらエヴァン・ピーターズ思い出した
私が好きだと思う男性が、ほぼ全員好きだと言うので見てみた。
理解したかったけど、やっぱむずかったことだけ覚えてる。
たぶん理解とかじゃないんだろう。


インテリアとかカラーリング、カメラワークとかはまるっと好きだった。
ReviewGAGA

ReviewGAGAの感想・評価

4.9
ぶっ飛んだ脚本と演出、俳優陣の怪演、美術性の高さなど、独特の世界観に浸れる。
暴力や強姦といった衝撃シーンが連発される前半に目がいくが、アレックスの人生が大きく変わる中盤以降こそが見どころ。「第九」と「雨に唄えば」が耳から離れなくなる。
とはいえ完全に人を選ぶ内容なので注意。刺さる人には徹底的に刺さる映画だろう。
気持ち悪いけどオシャレな世界観、インテリア。

皮肉混じりのラストが好きでした。
あむ

あむの感想・評価

4.0
ずっと見てみたくてやっと見た


なんか不思議というかディストピアというのか、、

変な映画で好きだった


いかにもセリフ、っていうわざとらしい感じも
単調っぽいカメラワークも
この映画を作るのに欠かせないって感じだった


ずっと色々考えながら見てたけど途中で

あ、これ変な映画なんだって気づいてからは楽しめた


最後戻っちゃった後の主人公を見たかったなあ
053

053の感想・評価

3.7
ツレが時計じかけのオレンジのTシャツ着てたから久しぶりに見た
所々、死んでるだろそれ。って思いながら観てました
序盤の暴力シーンが良かった
はな

はなの感想・評価

4.0
バイオレンスエロと一言で済ませばそうですが、前衛的奇抜な備品や演出、画面で感情が伝わる俳優の演技力など何度も見返すことで気づきが増え、味が出る作品。

暴力で他人を支配したつもりが結局は政治戦略に利用され、踊らされる未成年の主人公は少し可哀想でした。主人公に共感はできませんが。
>|

あなたにおすすめの記事