時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

『時計じかけのオレンジ』に投稿された感想・評価

Mary

Maryの感想・評価

3.0
昔途中で見るのやめてたのを改めて見返したけど
ずっとガチャガチャ音しててうるさくて
それで見るのやめたんだなって思い出した
時々、頭の中がぐちゃぐちゃになって、吐き気を覚えることがある。
なんとも表現し難いそんな気持ちを映像化した芸術的作品。
UeDA

UeDAの感想・評価

3.2
最初から不気味で狂ってて怖かった。雨に唄えば聴いたら、びくびくする
haruka

harukaの感想・評価

-
#3本の指に入る
#バイオレンス
#映画を見ているのか
#うつくしい
#色つかい
#服装
#家の中の段差
#テンポ
#暴力の方法
#雨に唄えばを知った
12

12の感想・評価

4.5
ドキドキした。狂ってんな〜って思いながら見てたアレックスが大人しくなった時、なんだか寂しかったな。画と音楽だけでもずっと見てられる。
sophia

sophiaの感想・評価

4.0
学校の視聴覚コーナーにあったんで見ました。なんでこれ置いてたのかよく分からないですが、ヘッドホンして仕切りのなされた狭いスペースで他の人に見られる危険性犯して見るにはハードル高かったです。中身が危険過ぎる。褒めてます。
NaTsU

NaTsUの感想・評価

4.5
小学生の時お父さんにこの映画見せられてから倫理観バグりました
ひで

ひでの感想・評価

3.7
ちょうど5年前の一回生の夏休みにTSUTAYAで借りた本作を友達の家で観ようとしたけど、エログロナンセンスな独特な世界観とか、前衛的なファッションやインテリア、胸糞悪いリンチ描写に耐えられず開始20分でお互いに「これ絶対ちゃうな」ってなって断念したことを覚えてる。(その時はもう一本借りてたキングスマンを観た)

鑑賞して改めて思ったけど、家族や恋人と観たり、友達と楽しくピザ囲みながら観る映画では絶対に無い。 暴力描写はともかくおっぱいとセックスがこれでもかってくらい出てくるから普通に気まずくなる。

あと、作品固有の造語(ナッドサット語)が説明も無しにたくさん出てくるから最初見た時は字幕担当の翻訳家がメチャクチャ雑に仕事してるんかと思った。

総じて面白く無いわけじゃないけど、『2001年宇宙の旅』と同じで過剰に評価する人の気持ちがあんまり分からない。

主役の人の演技は若さと残虐性を上手く表現していて惹き込まれた。

このレビューはネタバレを含みます

イギリスで勃発する一つの全体主義社会をシミュレーションしたSF物語と解釈。社会全体の管理・監視はコスト的にできないから、監視の目が及ばない放任的な箇所が存在する。そこにはホームレスや、ドラック暴力に明け暮れる若者がいる。政府はその余剰部分を折々の目的を達成するための手段として都合よく使う。これらが一貫してアレックスという若者の一人称視点で、彼の内面的変化と共に描かれる。超暴力の描写は劇薬。
さ

さの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

女、暴力、牛乳な話だったらどうしようと思って見てたらまさかの展開でした。
可哀想と思いたくないけど思ってしまう人間難しい
クレジットの赤と青で目がやられます凄くいい演出ばかりだったので映画館で見て、もっと目がやられたいです。
>|

あなたにおすすめの記事