パンズ・ラビリンスの作品情報・感想・評価・動画配信

パンズ・ラビリンス2006年製作の映画)

El laberinto del fauno/Pan's Labyrinth

上映日:2007年10月06日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

『パンズ・ラビリンス』に投稿された感想・評価

t

tの感想・評価

-
ギレルモさんの作品なので鑑賞し始めて最初は虫をなんとか我慢、中盤のでも虫があまりにもリアルというか音も加わって怖くて中断...虫耐性0のわたし
端

端の感想・評価

3.0
字幕
前情報なしで視聴。ポスター詐欺というと聞こえは悪いがいい意味で裏切られた。
本当にファンタジーなの…?と雲行きが怪しくなって来たあたりから「時代・家族に翻弄されて妄想に走ったオフェリア」と「女王モアナの生まれ変わりであるオフェリア」との2つのルートを考えるのが面白かった。
なんか異世界転生ものの「誰かをかばってトラックに轢かれる自己犠牲の死」の部分に焦点を当てたような作品。
服が可愛い。


私は妊娠・出産はとても尊いものだ…生命の神秘だ…と思えるけど、あの時代のあの年齢、世界のすべてが母親を中心に回ってるみたいな時に、生理的に受け入れられない男性(信頼している実の父ではない)との子を身篭って大きくなったお腹とか、産まれてくる弟のために悪阻に苦しむ姿とかをあまり見たくなくて目を逸らすの子どものことは想像できるかもしれない。
私は妊娠なんかしなくていいみたいなことをオフェリアも言ってたけど、いつか自分もああなるのではと考えて相当複雑だったんじゃないだろうか。

ただ妖精が死んでも罪悪感が無さそうなところだとか、母親が苦しんでても他に気を取られてるオフェリアの情緒の未発達さはやや怖いし、画がところどころ痛いので見たのが今の自分でよかったなとは思った。公開当時だったらキレてそう。ドデカ虫を妖精って言い切るのは無理があるだろ。
けんじ

けんじの感想・評価

3.2
ジャケットと内容全然違いました!
スペインの暗黒時代、虫、グロ、気味悪いクリーチャー。
「スケアリーストーリーズ」でも気味悪いのいたから納得!
スペイン🇪🇸戦の胸スカ後の胸糞。
映画のチョイス間違えましたね😅
でもギレルモ・デル・トロ監督の「ピノッキオ」が気になってきました👺


「首位通過しちゃっていいんですか? いいんです!」

後半、ちょっと粗品似の堂安律の一撃で反撃の狼煙が上がった!
シモンのクリアをDFと競って繋げたマイペースな純也さん、GKとDFの間にパスを通した堂安律、最後まで諦めずに走ったサムライソウルと敵陣切り裂くドリブル、サムライソードを兼ね備えた三苫さん、VARじゃなきゃ見逃しちゃうね!
最後まで押し込んだのは彼女が°C-uteな田中碧!
日本にとっての死のグループだろって思ってたけど、弱いチームなんていなくて、最後まで分からない最高のグループでした!
長友さん、まだまだブラボー!聞かせてください!

コスタリカ🇨🇷の島が舞台の「ジュラシック・パーク」は負けて悔しいのにお金も払わないといけないので、また今度観ます!

次はクロアチア🇭🇷ガンバレニッポン⚽️

このレビューはネタバレを含みます

今日は重い作品を見るぞ
と仕事中からメンタルを整えて視聴。切ない、悲しい、苦しいの3つ。
思ってた重いじゃなかったからこそよりキツかった。
ラストは不幸か幸せか自分には選べない。けど、不幸な事しか無かった作品中に、誰に褒めてもらうでも無かった女の子が唯一自分の世界で褒めてもらうシーンは救いだと思うからハッピーエンドだと思いたい。
再視聴はしないけど、ずっと心に残る作品。
Rina

Rinaの感想・評価

3.7
酷な現実とファンタジー
ただの空想なのか、そうじゃないのか、誰が悪者なのかが気になってあっというまだった
DADA

DADAの感想・評価

3.0
あらすじを一切調べずに見たのでファンタジーじゃなくてびっくりした
シェイプ・オブ・ウォーターと同じ監督だって知らずに見ても同じ監督だって気付けただろうな
小池

小池の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

気になった映画消化

ハピエンバドエン意見別れそう
いちばん怖いのなんの躊躇いもなくブドウ食っちゃうオフェリアですよねこれ。
人間臭さとか人間の欲求とかそういう話なんだろうか。それにしても怖いもの知らずすぎるだろ!!!!!!!
なやか

なやかの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

嘘でしょ…?え…流石にこの後何か救いがあるんだよね…?あれ…?あ…エンディング流れちゃった…となった

ダークメルヘンな世界観だからか、没入感すごかった
気持ちの悪い場面がとても多く、メルヘンなのに血がたくさん流れて、汚くてべとべとしてる!という不思議空間が広がってた
切られた口を縫うシーンなんてわざわざ丁寧に入れるな!!!!!!!!!!!!と思ったけど、その後の酒飲んで血(酒か?)がガーゼに滲み出て痛がるシーンが、とても良かった


辛いことしかない現実の世界から逃げるために生み出した自分だけの王国に、主人公が最後まで夢を見て自分の中で救いを見出していて(罪のない弟を犠牲にしなかったと両親から褒められる場面)、それが逆に私に追い討ちをかけて心が死んだ
俗に言うメリーバッドエンドだった
非力な子供に環境は選べないからこそ、自分の想像の力だけでなんとか逃げ場を作るって、いつの時代にも起こる普遍的な現象だから
多分この映画はいつみてもしんどくなるし誰もがなんとなく共感できると思う
そう言う意味で名作だなぁと思った
Nno

Nnoの感想・評価

5.0
大好きな作品!!!!!
大好きな監督!!!!!

パンもペイルマンもキモいだけじゃなくてどこか愛らしいところがあるのが好き

よく最後のシーン、見る人によって変わるって言うけど私はハッピーエンド派

このレビューはネタバレを含みます

フランコ政権下のスペイン。山奥でゲリラ戦を続ける反政府軍とそれを根絶やしにしようと画策する政府軍の戦いの中、大尉へと嫁いでくる身重の母と連れ子のオフェリア。

クリチャーの造形が独特でいい意味で気持ち悪い。現実と空想の入り混じった世界観があまりにも斬新。

過酷で悲惨な環境ゆえのおとぎ話好きなオフェリアの作り上げた空想なのだろうか?

大尉が軍医に頼んで母親に飲ませていたのは薬だったのか?

大尉の冷酷で神経質で拷問を楽しんでいる姿が悪魔じみていてとにかく胸糞。

オフェリアにとってハッピーエンドであってくれたならいいのだが・・・ハッピーエンドであってほしい。
>|

あなたにおすすめの記事