世界の中心で、愛をさけぶの作品情報・感想・評価・動画配信

世界の中心で、愛をさけぶ2004年製作の映画)

上映日:2004年05月08日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「世界の中心で、愛をさけぶ」に投稿された感想・評価

NB2130

NB2130の感想・評価

3.6
何度観ても泣ける切ないラブストーリー。

長澤まさみ、森山未來の演技一つひとつが繊細で無邪気で心に残るよい演技。

大沢たかお、柴咲コウの演技も大人になって観ると過去の気持ちを背負いながら生きていくそしてこれからの未来をラストのシーンで描写演じておるあたり印象に残る。

愛しい人がいることを改めて幸せなことなんだと痛感しました。
その演出はどうなん?みたいな所(ラジオで彼女が白血病になるって嘘ついたら本当に白血病になる)とか出会い方の省き具合とか思う所はあったけど、行定勲の作る男女の雰囲気が大好きなのでよかった。2人で島に泊まる所が好き。あの雰囲気で二人の幸福な時間描かれたあとに死別の展開は、ベッタベタでもウルっときてしまうな…

男の喪失感の描き方が超良かった。回想の流し方も相まってビシビシ出ていた。このストーリーでお涙頂戴臭さが言う程無いのも凄い。
長澤まさみの語りかけかた、あざと!と思ったが結構良かった。あと若い高橋一生が最高にカッコイイ 大好きだ…
Kagome

Kagomeの感想・評価

4.5
香川県高松市庵治町が舞台!
みたことある景色たちが沢山でてくるから嬉しい
サクちゃんのまっすぐさが眩しいしなんならちょっとくるしい

長澤まさみがまじでかわいい
恋愛映画だと唯一好き

電車でおんおん泣いたのを思い出します、まあ泣いてなかったんですけど
alice

aliceの感想・評価

-
お、重い……

死は恐れるものでなく、受け入れるもの。
魂は永遠。
Chi

Chiの感想・評価

3.0
今なら、
そこの貴方AEDを
そこの貴方は救急車を
そこの貴方は消火器を!と
救命救急講習を思い出しそう。
気軽な気持ちで観るもんやなかった……
大人になってから振り返るもう戻らない青春への回顧と後悔

よくあるお涙頂戴シーンはあったんですけど
ほら泣けよ感動するだろ、ここ
みたいな意図が見え見えないやらしさは不思議と感じませんでした

自分も田舎暮らしだったけどあんな輝いた青春でもなかったのは島とかいうガチモンの田舎やなかったからか?移住します
みきお

みきおの感想・評価

4.2
光の当て方、使い方が本当に素晴らしい。
今の自分は、泣いてしまいました。
niko

nikoの感想・評価

4.3
ちょい前に15年近くぶりにみた

子どものころは何観てもほんまに泣かんかったのに、これはなぜか泣いた記憶ある

そのころは無人島に行く途中に友だちが朔太郎に渡したものが何か分からなくて、親に聞いて親が困ってた理由もわからなかったし、
朔太郎と律子の昔と今のつながりも理解できなかった。
亜紀と朔太郎がオーストラリアに行こうと病院抜け出して、台風がどうとか関係なく飛び立つなんて、もう無理なんだって分かっているけど分かりたくなくて、でもどうしたらいいか分からない苦しさも理解できなかった。

すこし分かるようになってた
マ

マの感想・評価

3.5
自分が色々と冷めているところもあってか、思ってたよりは目が乾いた状態で終わってしまった…
それでも亜紀はあの大地でのびのびとできたのだと信じたい。

『瞳をとじて』は幼稚園くらいの頃に父のiPodで聴いて好きになった曲。
>|

あなたにおすすめの記事